中古品
¥ 507
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 つちり書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーは付いています。 使用感があります。 読まれるのには問題ありません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ネパール王制解体―国王と民衆の確執が生んだマオイスト (NHKブックス) 単行本 – 2007/1

5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 16,598 ¥ 507
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ヒマラヤの山峰に抱かれ、世界遺産都市カトマンズを首府とするネパール。平和に見える小国では21世紀に入っても、中世さながらの絶対王制が営まれてきた。1990年の民主化から数年、地下に潜った小政党は、毛沢東主義革命を目指し、武装闘争を拡大。たった2挺のライフルから、近代武器を備えた1万を超える軍隊を抱える勢力にまで成長した。2006年春、ついに動き出した何十万もの民衆が、カトマンズを取り巻く道路を埋め尽くす。七政党は武器を降ろしたマオイストと共に、国王に与えられた全特権を奪い取った。5年以上にわたり現地において丁寧な聞き取り取材を進め、地下に潜った活動家やマオイストの武装勢力の指揮官たちへの突撃取材を重ねた孤高のジャーナリストが虚々実々のネパール近現代史を、迫真の筆致で描く意欲作。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

小倉/清子
1957年栃木県生まれ。東京大学農学部農業生物学科卒。現在、トリブバン大学社会・文化人類学中央学部修士課程に在学中。1993年からネパールに在住し、ジャーナリストとして活動を続ける。マオイストとネパール政治に関する複数の記事をさまざまなメディアに発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 310ページ
  • 出版社: 日本放送出版協会 (2007/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4140910755
  • ISBN-13: 978-4140910757
  • 発売日: 2007/01
  • 梱包サイズ: 18.2 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 301,477位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2008年7月20日
形式: 単行本|Amazonで購入
コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
VINEメンバー
2007年6月30日
形式: 単行本|Amazonで購入
コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年11月14日
形式: 単行本|Amazonで購入
コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年8月6日
形式: 単行本|Amazonで購入
コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
VINEメンバー
2008年7月10日
形式: 単行本
コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2007年6月4日
形式: 単行本
コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告