通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ネトゲ廃人 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ご検討ありがとうございます。全体的に良好状態です。表面など中品ですので多少のダメージが残っている場合があります。ご理解の上検討お願いします。☆通常、防水梱包により迅速(当日・翌日)に発送いたします。◆土日祝日休業:金曜(休日前日)PM注文は翌平日発送となります。◆30分経過後のキャンセル・住所の変更はできません。(アマゾン注文規約より)◆配達不可:マンション名・部屋番号の未記載/配達先の表札違い・無し/住所間違い(市町村名称変更含む)などは配達不可となる場合があります。配送は主にヤマトDM便の為ポスト投函です。着日指定・郵便局留・私書箱、配送センター(営業所)留めでの配送はできません。上記配送不可の場合は配送費を除き商品代金のご返金を致します。安価商品の為再発送はご勘弁ください。ご注意をお願い致します。◆検品は注意をしておりますが、新品の品物以外はあくまで中古品である点御了承ください。どうぞ宜しくお願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ネトゲ廃人 単行本(ソフトカバー) – 2009/5/1

5つ星のうち 3.6 45件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ネトゲ廃人
  • +
  • 僕の見たネトゲ廃神
  • +
  • インターネット・ゲーム依存症 ネトゲからスマホまで (文春新書)
総額: ¥3,586
ポイントの合計: 130pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『君の名は。』、星野源『いのちの車窓から』、『ダンジョン飯』ほか、
KADOKAWA全品10%ポイント還元中。この機会をお見逃しなく! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「私が眠るとみんな死んじゃう」
ネットゲーマーにしか通じない気持ちがある。「ゲーム依存症」という一言では括れない、独自の世界がある。しかしそれは、自らが「廃人」という言葉を使うようにリアル(現実)の世界を捨てる、生き方でもある。著者は、19人の「ネトゲ廃人」とともにインターネット・オンラインゲームの光と影を追う。彼らは、一体、どこへ向かうのか?

内容(「BOOK」データベースより)

現実を捨て、虚構の人生に日夜のめり込む人たち。常時接続のPCやスマホが日用品と化した今、仮想世界で不特定多数と長時間遊べるネットゲーム人気は過熱する一方だ。その背後で、休職、鬱病、育児放棄など社会生活に支障をきたす「ネトゲ廃人」と呼ばれる人々を生んだ。リアルを喪失し、時間と金銭の際限ない浪費へ仕向けられたゲーム中毒者の実態に迫る衝撃のノンフィクション。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 224ページ
  • 出版社: リーダーズノート (2009/5/1)
  • ISBN-10: 4903722163
  • ISBN-13: 978-4903722160
  • 発売日: 2009/5/1
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 45件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 186,317位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
 前半は元ネトゲ廃人達を取材(まだネトゲにハマっている人も取材していました)して、後半はネトゲ先進国の韓国の状況とその対応策についてです。
少しゲームに関心理解のある方でしたら人一倍楽しんで読める1冊でしょうね。
 前半の元ネトゲ廃人の取材ですが非常に共感できました。が、実際にネトゲ廃人だったからこそ非常に共感できますが、表現の仕方に少し深刻さが欠けていると思いました。あっさり書いてますが、実際はもっとグロテスクです。
その為に一般人の方にはちょっと現実味が湧かないかもしれませんね。
 後半に書かれていた韓国の現状で、最後の方に書かれてあった中毒者の治療法ですが、これは凄く関心が湧きました。
結局は個人の意識の問題ですが、周りの環境をどう整えるかが非常に重要です。
実際私も周りの環境が変わった為、廃人から脱却できたのだと思います。
これから韓国がどうやってこの問題を対処していくのが、気になりますね。

最後に元廃人の自分が一言、ネトゲはやらないのが一番!!
コメント 125人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
私も、1990年代にStarCraft等をテレホタイムからやり続けました。
ネトゲの世界は
 自分たちの目的が明確で、
 その中で自分の役割があり、
 キャリアパス・経験の積み方も分かり、
 役割を果たせば互いに褒めてもらい、認め合う 等
と、良い集団社会を(バーチャルで)実現してましたから。
必ずしも良い社会でないリアルより優先するのは分かる気がします。

ただ、結局はリアルの実生活が必要になるとも分かる。
本書にもあるとおり、ふと、「こんなものやっても、仕方がないなぁ」と
思えるきっかけが出てくるので。

著者は、廃人から戻る解決策を恋愛としているが、これはハードルが
高いように思う。前述の良い集団社会へ誘う、すなわち、廃人を思しき
人の良い点を認めることのほうがハードルが低いのではなかろうか。
コメント 101人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ネトゲ廃人の方々のエピソードはどれも印象的ですし、
ネットゲーム依存の現状についてわかりやすくまとめてあって、
読者が損をするような本ではありません。
昔からのゲーム好きなら思わずニヤニヤしてしまう
単語もたくさん出てきます。
が、問題点もあります。
それは、「ネットゲームを作っている側」については
この本は何一つ批判をしていないということです。

家庭をないがしろにしてネットゲームにはまる主婦には冷ややかな
目を向けながら、
中毒性と課金を追及するのみで、その結果引き起こしたこの問題について
対策を立てずに配信を続けるだけの企業の姿勢については、
この本は恐ろしく無頓着です。
「ネットゲームを提供する企業にも、ガイドラインの制定など、
問題の解決に向けた対策を講じる姿勢が期待される」
という、簡単な一文さえ見当たりません。
本当に問題意識からこの本を書いたのかな、と思ってしまいます。
それもそのはず、この著者はもともとゲーム関係で仕事をもらっていたのですから、
クライアントの悪口を言えるはずがありません。

読者はネットゲームは怖い、ハマるのは危険という意識は持ちますが、<
...続きを読む ›
コメント 101人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 かつて『ゲーム脳の恐怖』という本が、その非科学的な内容で多くの批判を呼び、めでたく「トンデ
モ本」認定を受けた。本書もある意味「ゲーム脳」の本だが、かの本とは比較にならないくらい深刻
な内容だ。本書はかつてゲームライターとして馴らした著者が、ネット上で募った「ネトゲ廃人」と自負
する70名をインタビューした一種のルポタージュだ。

 本書が教えるのは、ネットオンラインゲーム(通称ネトゲ)に骨の髄までどっぷりはまってしまうことの
危険だ。最初は趣味として楽しんでいたはずのネトゲが、徐々にその人の体と生活をむしばんでいく様
は、ACではないが「人間やめますか、ネトゲやめますか」状態。また、ネット上の人間関係も問題になっ
てきて、ネット上ではどうしてもおさまらない恋愛感情が、リアルにはみ出てきて実害を生んだ実例がいく
つも紹介される。

 ただこれはネトゲそのものの危険性なのか、人間の依存症にまつわる危険性なのか、そこは判然と
しない。今の時代、ギャンブルにハマる人もいれば、ネトゲでないネットにはまる人もいる。またケータイ
依存というのも聞いたことがある。思春期の女子は膨大な友達からのメールに即座に返信しなければ
ならない切迫感に常にせまられている
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー