通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ネット社会と忘れられる権利――個人データ削除の裁判... がカートに入りました
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ★中古品のため、本に若干の使用感があります。また、本の天の部分に小さい汚れがあります。本文に書き込みや線引きはありません。目に付くキズは無く、全体的に非常に良い状態です。★Nyanko's General Storeが益々お客様に愛される店になりますようお店の評価にご協力お願い致します。★全品念入りに検品をしておりますが、見落としによる書き込み・汚れがある場合がございます。★配送状況確認はAmazonホームページからお客様の「アカウントサービス」で確認できます。(その手順 : 注文履歴→該当する商品をクリック→配送状況を確認。より詳しく配送状況を知りたい場合、送付先の下の方に記載されてあります配送業者のホームページでお問い合わせ伝票番号を入力し、追跡をされますとより詳しく配送状況を把握する事ができます。)★当店の商品はAmazonが保管・管理を行い、Amazon配送センターよりお客様の元へお届け致します★Our company put our goods in amazon(JP) storage for amazon prime service★安心安全★365日★24時間★全国どこでも★Quick★迅速発送★「Have a nice day!」Nyanko's General Store★
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ネット社会と忘れられる権利――個人データ削除の裁判例とその法理 単行本 – 2015/10/9


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 2,916
¥ 2,916 ¥ 1,589

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

本・雑誌を3冊以上を購入する際、クーポンコード「1212」を入力すると最大12%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • ネット社会と忘れられる権利――個人データ削除の裁判例とその法理
  • +
  • (059)ネット検索が怖い (ポプラ新書)
  • +
  • その「つぶやき」は犯罪です: 知らないとマズいネットの法律知識 (新潮新書)
総額: ¥4,514
ポイントの合計: 49pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

止まらない個人情報の流出・拡散。
プライバシー侵害や名誉棄損が日々増幅。グーグル、ヤフーなどの検索サービスにどうストップをかけたのか。
その裁判例の紹介と法的根拠を考える。

近年、検索サイト運営者に対して「逮捕歴」などの削除訴訟が相次いで提起されている。「過去の事実」の削除は、表現の自由を脅かすとの意見もあり、その権利の調整が必要になっている。本書は、日本の事例と諸外国の動向を紹介し、「忘れられる権利」を、実務家、憲法・情報法研究者が考察する。

第1部 ネット社会と「忘れられる権利」
第1章 ネット社会と「忘れられる権利」の意義と課題――アメリカとヨーロッパの議論を手がかりに………宮下紘
第2章 EUにおける個人データ保護権と「忘れられる権利」………中西優美子
第3章 不法行為法と「忘れられる権利」………上机美穂
第4章 「忘れられる権利」の憲法的基礎としての「個人の尊厳」「幸福追求権」………飯島滋明

第2部 事例報告/日本の「忘れられる権利」
第5章 グーグルサジェスト削除請求等事件――サジェスト機能と「忘れられる権利」………富田寛之・髙橋未紗
第6章 ヤフー検索結果削除請求事件――名誉棄損、プライバシー侵害の法的責任を問う………島崎哲朗
第7章 グーグル検索結果削除処分命令申立事件――検索サイト管理者の検索結果の削除義務の有無など………神田知宏

第3部 諸外国おにおける「忘れられる権利」の動向
第8章 フランスの「忘れられる権利」………石川裕一郎
第9章 ドイツの「忘れられる権利」 ………實原隆志
第10章 イギリスの「忘れられる権利」――「ヨーロッパの中のイギリス」という視点から………江島晶子
第11章 カナダの「忘れられる権利」………榎澤幸広
第12章 スイスの「忘れられる権利」………奥田喜道
第13章 韓国の「忘れられる権利」………水島玲央

内容(「BOOK」データベースより)

止まらない個人情報の流出・拡散。プライバシー侵害や名誉棄損が日々増幅。グーグル、ヤフーなどの検索サービスにどうストップをかけたか。その裁判例の紹介と法的根拠を考える。


登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: 現代人文社 (2015/10/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4877986154
  • ISBN-13: 978-4877986155
  • 発売日: 2015/10/9
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 567,425位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう