通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ネット右翼の逆襲--「嫌韓」思想と新保守論 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 山紫水明商会
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆★外観は、中古のため使用感があります。線引き箇所ある為コンディションは良いとさせていただきます。表紙、裏表紙、背表紙、天、地、小口、角も破損や目立った汚れはありません。本の中身にも目立った破損箇所なく、比較的綺麗です。 読むのに問題はありません。☆★商品に不備が見つかった場合は、発送前にメールでご連絡させていただきますで、メールでの対応が不可能な方はご遠慮下さい。 ☆★検品はしておりますが、中古品のため予期せぬ破損・多少の書き込み・ページ抜け等の不備がある場合がございますが、ご連絡くだされば速やかに返金返品対応いたします。 ☆★商品の発送はビニール封入による雨対策済の安心梱包の後、茶封筒にて発送させて頂きます。商品はクリーニング後、お送りさせて頂きます 。 常に気持ちの良い取引を心掛けております。ご検討よろしくお願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ネット右翼の逆襲--「嫌韓」思想と新保守論 単行本 – 2013/4/25

5つ星のうち 3.5 23件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 127

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ネット右翼の逆襲--「嫌韓」思想と新保守論
  • +
  • 若者は本当に右傾化しているのか
総額: ¥2,592
ポイントの合計: 58pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

1低学歴・低収入2オタク3ひきこもり4童貞というネガティブイメージに加え、『ネットと愛国』(安田浩一著)により5過激な排外主義者というイメージが定着したした「ネット右翼」。
本当にそんな最低最悪なマンガみたいなヤツがいるのか? 「ネトウヨ」(サヨクから見れば)約千人にアンケート調査・取材をした著者がその実態に迫り、過剰なレッテル社会が歪める「ネトウヨ」問題のもうひとつの闇(日本人差別、反日メディア)を逆照射する。

■もくじより
はじめに――史上最悪のレッテル「ネット右翼」はなぜ生まれたか?

第一章 政治家と「ネット右翼」
◎「ネット右翼」像の完成
◎リベラルな欲望の街、秋葉原
◎2ちゃんねらーの救世主
◎秋葉原と麻生太郎
◎安倍政権誕生とネット右翼

第二章 『電車男』の罪
◎2ちゃんねらー・秋葉系の暗黒時代
◎インターネットは逃避空間なのか
◎格差社会の最底辺 ドラマ版『電車男』
◎2ちゃんねる=低学歴論
◎ネトウヨは年収二〇〇万円以下と断じた漫画家
◎「はやぶさ」帰還騒動と自滅するメディア

第三章 「ネット右翼」の実相
◎大阪大学の先行調査への疑問
◎ネトウヨ千人に聞く、初の大規模調査
◎平均年齢はアラフォー
◎自営業者が多い
◎低学歴のウソ
◎下層のウソ
◎本当に童貞? ◎あなたは「ネトウヨ」ですか?
◎メディアからのバッシングについて
◎情報源はネットだけ?

第四章 「在特会問題」と保守
◎「ネット右翼」は保守なのか
◎サヨクが「在特会」を狙う本当の理由
◎日本人が避けられない「在特会」の毒

第五章 「嫌韓」思想と新保守論
◎反日ナショナリズム対「嫌韓」
◎「嫌韓」はレイシズムではない
◎悲惨! 変質の国、韓国
◎ネット右翼の逆襲

付 録 超「ネトウヨ(笑)」対談 VS三橋貴明
◎瀕死の左翼が生んだ「ネトウヨ」幻想
◎政治問題化する「ネトウヨ」
◎『ネットと愛国』が書かない真実
◎小林よしのりに不都合な「ネトウヨ」
◎在特会はリアルウヨ

あとがき――ピューリタンとネット右翼

出版社からのコメント

「ネトウヨ=ネット右翼」を批判する本は出ておりますが、全面的に肯定しているのは本書が最初です。
まず、ネトウヨのイメージは肥大化した虚像と社会問題としての実像があり、その組み合わせによって、かつてないほどの強烈なレッテルができあがりました。
本書の前半部ではその虚像を1枚1枚はぎ取り(1、2章)、アンケート調査をもとに取材することにより、実態に迫り(3章)、韓国の対日感情への激変とかたくなに日韓友好を演出しようとする国内メディアの偏向報道がネトウヨと呼ばれる人たちを生んだ背景を描きます(4、5章)。
いまや多くの日本人が抱くようになってしまった「嫌韓」を「差別」と一蹴しても問題解決にはならないことを指摘し、在特会を利用して保守全体を攻撃しようとするサヨクだけでなく、在特会を切り捨てようとする保守陣営に対しても、その点はきちんと批判しております。在特会問題の本質は日本人全体に広がった「嫌韓」とリンクしており、極めて歴史的な問題でもあります。ネトウヨとレッテルを貼り付けて解決できる問題ではなく、しかもこれからの問題であることが本書を読むとよく分かると思います。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 295ページ
  • 出版社: 総和社 (2013/4/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4862860702
  • ISBN-13: 978-4862860705
  • 発売日: 2013/4/25
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 23件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 413,245位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
それなりに筋の通る推論ではあるが、
統計として、自分につながる1000人を母数として分析しているというのでは、
正直統計としては心もとない(信用できない)としか言えない

幅広く統計を取ったわけでもなく、特定の人物にSNS等でつながる相手を母数として
しかも、日本の人口のうちのたかが1000人程度では、
統計の結果に、偏りが出ていないとは言えないだろう

他の書でもあるが、コストはかかるものの、やはり幅広く統計を取ったものにおいて、
1万人程度(これでやっと、日本人口の0.008%前後)の集計が
統計として信じるに足る結果という意味で、望ましいのではないだろうか

やはり、日本国最大の統計機関である、霞ヶ関や
他のシンクタンクの統計の方が、規模的にも、統計として信じられるものである。
(もちろん、全てが信じるに足るわけではないし、統計の取り方の前提:大手メディアの電話調査のように、
質問に誘導意図が含まれていないか?などの問題も無いわけではないが・・)

結論として、悪くは無いが、著者の推定は、有意であるとは言えない
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
巧妙に造り上げれたネット右翼の誤ったイメージを具体的なデータに基づいて一つ一つ正し、反共としての従来保守とは異なるネット右翼なるものの実像を、嫌韓、冷戦崩壊、既存メディア、在特会などから解明している。
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書の流れは…
ネトウヨのネガティブなイメージがなぜ定着したかを論じ、アンケート調査によってその偏見に反論し、
「ネットと愛国」に反論し、現代の「保守とは」を説く。

本書において著者はいくつかの間違いを犯している。特に3つについて説明する。

①アンケート結果をもってネガティブなイメージは間違いで、逆に学歴も収入も平均より高い人々である、と主張している。
だがこのアンケート調査自体が信頼性の欠けるものである。
それは、自分が仮に「童貞」だったとしたら、
「あなたは童貞ですか?」という質問に正直に答えるだろうか?
しかも不特定多数を対象としたものではなく、著者のツテを頼って行われたものであることを考え合わせれば、
その正確性に難があるだろう。同様に低所得、低学歴でも同じ。
こうしたデリケートな質問項目をツテでやることは適切ではない。
しかも著者はこうした偏見がなぜ広まったかに対する考察がなく、
小林よしのり氏を批判するだけ、という安直な結論で終わっている。

(ちなみに私はこのイメージに一定の合理性があると考える。
理由は、海外の極右デモにおいて、低学歴の失業者の参加者が多いこと。
ネット上の書き込み内容
...続きを読む ›
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ネット右翼なるものに着せられた「冤罪」を晴らす。本書を一言で表すとこう言えるだろう。
中でも特徴的なのは、著者がSNSを利用して行った「ネット右翼に対する調査」である。これに関する唯一まともな先行調査として本書の中で挙げられた大阪大学による調査では、ステレオタイプ的2ちゃんねらー=ネット右翼という結果が得られていた。著者は今回の調査でこの結果に批判を加え、「低学歴・定収入・モテない」というようなネット右翼に対するレッテルを覆すことに成功したといえる。

しかし調査方法の記述不備、調査内容における不備(誘導的な選択肢の設定等)、及び本書全体に渡る引用方法の誤り・不足、客観性の欠如など問題が散見される内容となっている。

特に著者が本書で使用する「左翼」という単語は、その概要、及び左翼が持つ思想などが一切考察されていない。著者の思想と反対の陣営を左翼と称しているだけと捉えられても反論はできないといえる。すなわち、著者はネット右翼に対するレッテルを解体することを目的にしながら、自身と思想を異にする者に対しては何の躊躇もなくレッテルを貼るというダブルスタンダードを犯しているのである。

本書の中で著者は自身について、自分はネット右翼と呼ばれる立場にあるらしいと述べている。しかし自覚の有無を抜きにして、「自身と相いれないも
...続きを読む ›
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー