通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ネット・バカ インターネットがわたしたちの脳にして... がカートに入りました
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 Lucky America
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆保証付。アマゾンから迅速発送◆表紙に微スレが確認できますが、紙面の状態は非常に良好です。【検品担当者より】書き込み等ございましたら、保障いたします。 丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ネット・バカ インターネットがわたしたちの脳にしていること 単行本 – 2010/7/23

5つ星のうち 4.7 32件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 898

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ネット・バカ インターネットがわたしたちの脳にしていること
  • +
  • オートメーション・バカ -先端技術がわたしたちにしていること-
  • +
  • クラウド化する世界~ビジネスモデル構築の大転換
総額: ¥6,912
ポイントの合計: 209pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

グーグルで知らないことを検索し、ツイッターで日常をつぶやき、iPadで本を買って読む。さまざまなインターネットメディアを当たり前のように使う日常のなかで、実は私たちの脳は少しずつ変化しているのだ。『クラウド化する世界』 の著者がメディア論から神経科学までを使って暴きだす、まだ誰も知らない驚きの真実。

内容(「BOOK」データベースより)

「グーグル化」でヒトはバカになる。グーグルで知らないことを検索し、ツイッターで日常をつぶやき、iPadで本を買って読む。さまざまなインターネットメディアを当たり前のように使う日常のなかで、実は私たちの脳は少しずつ変化しているのだ。『クラウド化する世界』の著者がメディア論から神経科学までを使って暴きだす、まだ誰も知らない驚きの真実。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 364ページ
  • 出版社: 青土社 (2010/7/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4791765559
  • ISBN-13: 978-4791765553
  • 発売日: 2010/7/23
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 12.8 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 49,142位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
発刊から5年も経ったが、スマホの普及とともに「思考の浅さ(Shallows)」はますます深刻化しているようだ。

かつて「成人後、脳細胞は減る一方」とされていたが、今や「シナプスは更新される=脳は変わる」が通説である。脳は周囲の環境に影響されて変化するのであり、特に知的テクノロジー(地図、時計、文字、書籍)の影響が大きい。

興味深かったのは、書籍の進化に伴う思考の深化である。初期の本は、韻文のように語順も安定しておらず、また、音声そのままにアルファベットを羅列しただけだったので、音読しないと理解できなかったとの話に驚いた。これでは読むのに注意力の大半を割かれて、思考にまで頭が回らない。13世紀頃にやっと単語間にスペースが入り、文法も固まったおかげで黙読可能となり、深く思考できるようになったという。

ところが、現在、ハイパーリンク、バナー広告、メール着信音が氾濫し、注意力は散漫とならざるをえない。リンクをクリックするか否か常に判断を迫られて脳に負担がかかり、海馬の容量オーバーで短期記憶が長期記憶に移行しない。断片的な知識ばかりがたまっていく。

「時間の無駄」は自覚していたので少しは自制もしているが、「思考まで浅薄になる」のはマズイ。かといってネットを手放すこともできない。本書に具体的な解決法まで書か
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
最近「長文」を辛抱強く読み通すことが苦手になってきている。
1〜2ページ読むとすぐに飽きて本を閉じ、ネットをのぞき込む。
あるいはテレビのリモコンに手を伸ばす。
視点も思考も彷徨う。焦点が合っていない感じ。
もともと集中力のある方ではないが、ますます注意散漫になっている。

そう感じている人は少なくないという。

「ネットをやってると脳がバカになる」という本ではない。
膨大な情報を飲み込んでいく現代人の脳は、むしろ鍛えられている。
ただ、あふれかえる情報を処理するために思考や記憶が浅瀬にとどまり、
深く沈潜することをやめてしまう傾向が生まれてきていることを
数々の事象や研究によって明らかにしていく。
(原題は「The Shallows」=せせらぎ、浅瀬)

僕たちの脳は情報の混沌に適応していく。
それは禁断症状に似ている。もっともっと!

記憶を呼び覚ますより前にGoogleで検索する。
というより、最初から記憶しようという意志を持たなくなる。
タクシー運転手は頭の中の地図の代わりにGPS(カーナビ)を頼るようになり、
ビジネスマンは書類づくりをアプリに頼り、学者たちはコピペ
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ネットから情報を得てばかりいると、検索能力や、矢継ぎ早に情報をさばく能力は発達するが、一方で注意力が散漫になって、長文の読解能力が衰え、ものごとを深く考えることができなくなる。また一時的な記憶を脳にしっかりと定着する能力(長期記憶力)も衰えるため、個々の知識量も減っていく(外部記憶装置が脳の長期的な記憶機能の代わりをすると言い換えてもよい)。ネットなしの生活にはもう後戻りできないことを考えれば、これまでとは異なる働きを司る脳の部位の発達した人たちの社会へ、世の中全体が移行しようとしていることを、論理的に、説得力をもって語っているのが本書と言えよう。結果は未来にならなければわからないが、先人が培ってきたよき文化を今後も継承していくことができるのか、また(特にその幼少期の脳への影響に鑑みて)バランスのとれた人格の形成に影響は出ないのか、読み進むとそんな危惧が自然と沸いてきて、止まらなくなってしまった。頭の片隅に漠然とあった「(情報のネット傾斜社会は)ちょっと違うんじゃないか」という感じを具現化してくれる、そんな好著だ。
コメント 121人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
◇ネットによりヒトはバカになっている、という非常に興味深い指摘をしてくれて考えさせられますね。
 まあ、このコメントは不正確でして、ネットがそんな悪さをしているわけではなく、
 ネットが私たちの思考方式に影響を与えている、というものですね。

 単にネットを批判した本というわけではありません。

 著者自身も、危険性は認識しつつも、その便利さには、もう後戻りできない
 と言っていますしね。

◇悪いのはネットではなく、責任は知的怠慢に陥っている私たち自身にある、
 ということなのでしょう。

 その便利さを享受する一方で、どんな危険性があるか、よく認識しておくべき
 という意味で必読の書かもしれません。

 さもなくば、無自覚のうちに知的体力が低下していく、ということになりかねません。

◇改めて、知性とか人間性とは何かということや、深い思考の大切さについて考えさせられる、という点でお薦めします。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す