オーディオ入門 -ネットワークオーディオ-

音源のデジタル化によって、デジタル環境でのリスニング機会が主流となったオーディオ。その最たる構成がネットワークオーディオではないでしょうか。
音源(曲データファイル)の場所にとらわれることなく、自由にオーディオリスニングを楽しめる。
ネットワークオーディオを知って、自由に音楽を楽しもう。

ネットワークオーディオ導入のキーワード

自由

音源やプレーヤーの設置場所に左右されることなく、ネットワーク環境内であればどこでもリスニングが可能です。
また再生などのコントロールも、スマートフォンやタブレットPCのアプリがあればプレーヤーから離れた場所から操作が可能です。
再生するアルバムの切り替えも、プレーヤーでディスクの入れ替えをする必要はなく、手元で手軽にできます。

省スペース

音源はすべてNASやPCなどに蓄積されています。
そのため、CDを積み上げておく必要がなく、収納スペースも不要です。

高音質

音源ファイルの質とプレーヤーの対応状況にもよりますが、従来のデジタルオーディオ環境では難しかった大容量ファイルの扱いが容易になります。
それにより、CDの音質を遥かに超える"ハイレゾ(ハイレゾリューション)"と呼ばれる高音質フォーマット音源の再生が可能です。
より高音質で大容量の音源を愉しめるのも、ネットワークオーディオのメリットの一つです。

ネットワークオーディオの基本構成

日々多様化していくネットワークオーディオの構成。
「どのような機器が必要なのか?」
「どのようにセッティングすればよいのか?」
「なぜネットワークを経由して音楽が再生されるのか?」

混乱する前に、まずは基本的なネットワークオーディオの構成をご紹介します。

1.デジタル音源の作成と格納

ネットワークオーディオをはじめるには、まずデジタル化された音源が必要です。主な入手経路は、CDからの変換、音源配信サイトからのダウンロードなどがあります。
変換・入手した音源ファイルをNAS(ネットワークアタッチトストレージ)やPCに保存しておきます。NASとはネットワーク接続のできるファイルサーバのことで、OSや各種ユーティリティを内蔵しており、ネットワーク経由でファイル共有などができるストレージです。
HDD(ハードディスク)タイプは動作音(ディスク回転音)が発生するため、より動作音が静かで振動・衝撃に強いSSD(ソリッドステート)タイプのNASがおすすめです。

2.ネットワーク環境の構築

次にネットワークを構築します。
通常インターネット接続を行うのと同じように、ルーターを利用します。ルーターにNASやPCを無線・有線で接続します。
これによって、ネットワーク経由でNASやPC内の音源ファイルをコントロールできるようになります。
無線LAN対応モデルを選べば、場所を気にせず設置ができます。最近ではパソコン横にも置けるコンパクトタイプもあります。

3.プレーヤーの用意

続いて、音源を再生する機器類を用意します。まずはネットワーク経由で音源をレンダリングするプレーヤーを用意します。
様々なタイプがありますが、基本は再生機能とデジタル情報をアナログ情報に変換する機能を搭載した"ネットワークオーディオプレーヤー"です。
モデルによって対応する音源ファイル形式に違いはありますが、CDの44.1kHz/16bitを遥かに超える192kHz/24bitのハイレゾ音源など、数値が高くなるほど高音質となります。
また、プレーヤー本体のディスプレイが日本語対応ですと、検索もしやすく便利です。

4.アンプの用意

次に、ネットワークオーディオプレーヤーから再生された音声情報を増幅させるプリメインアンプを用意します。
プリメインアンプによって、プレーヤーから入力されたアナログ音声信号を、スピーカーで鳴らすことができる音量に増幅させます。

5.スピーカーの用意

最後にスピーカーです。
アンプを内蔵したものとそうでないものがありますが、アンプを内蔵したもの(アクティブスピーカー)を用意すれば、プリメインアンプの役割をスピーカーが担ってくれます。

6.コントローラーの用意

さらに快適な環境を構築するために、コントローラーを用意します。プレーヤーにリモコンが付属していますが、さらに快適に操作するためにスマートフォンやタブレットPCを利用します。ほとんどのメーカーから専用のアプリが提供されているため、端末にインストールすることで、選曲から再生・停止、曲送りや音量調整などタッチ操作でどこからでもコントロールできるようになります。

ネットワークオーディオプレーヤー ネットワークオーディオプレーヤー

レンダラー(プレーヤー)の役割、デジタル音源のアナログ音声化も行う

プリメインアンプ プリメインアンプ

音声信号をスピーカーで充分鳴らせる量に増幅させる役割

ブックシェルフスピーカー ブックシェルフスピーカー

アナログ信号を音として鳴らす役割

NAS(ネットワークアタッチトストレージ) NAS(ネットワークアタッチトストレージ)

デジタル音源データを蓄積しておく役割

ルーター ルーター

ネットワーク環境を構築する役割

タブレットPC タブレットPC

再生などをコントロールする役割

DENONのネットワークオーディオプレーヤー

“柔”と“剛”の表現の両立を実現したDENON Hi-Fiコンポーネントが、真の音楽感動を描き出します。

ネットワークオーディオのバリエーション

上述の基本構成から派生した、様々なネットワークオーディオのバリエーションをご紹介。
現在お持ちの機器を活用して、最小限の投資でネットワークオーディオ環境を構築するための参考情報としてお役立てください。

※以下にご紹介する機器を用いる場合も、別途NASやルーターが必要になります。

ネットワークオーディオ対応コンポ ネットワークオーディオ対応コンポ

ネットワークオーディオプレーヤーとプリメインアンプの代替として。ネットワークオーディオの入門機でCDなど他のメディアも楽しめ、スピーカーがセットのものも多い。

ネットワークオーディオ対応AVレシーバー ネットワークオーディオ対応AVレシーバー

ネットワークオーディオプレーヤーとプリメインアンプの代替として。ホームシアターも楽しめる。

USB DAC USB DAC

NASとネットワークオーディオプレーヤーの代替として。PCをプレーヤーとして音源のアナログ化はUSB DACで行う。PCの設定変更等が必要な場合も。

ONKYOのAVレシーバー

オーディオで培ってきた技術で繊細さと力強さを両立。迫力あるサウンド再生を実現する単品シアター。

オーディオ入門