中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ネズミ式 会社で生き残る癒着と陰謀のテクニック 単行本 – 2003/10


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 6,589 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

商品説明

   過激なタイトルである。著者は経営コンサルタントや組織改革の専門家として長いキャリアを持つ人物で、この世は「害虫都市」「下水溝」であるとし、ネズミのように生き残ることを勧める。たとえば会社員であるなら、道徳心を捨て上司を欺き、必要とあらば同僚を陥れる、そんな処世術を提唱しているのだ。人間社会に悪意と陰謀がはびこっていることは事実である以上、「下水溝」とは言い得て妙かもしれない。

   第2章「害虫都市テスト」では、12点以下の人間は「愚かなネズミ」であり、純粋で素朴な心をいずれ捨てねばならぬと断言される。以下すべてがこの論調であるが、なかでも第5章「陰謀と手段」は本書のハイライトだろう。ここでは陰謀のレパートリーを「特定の相手に対する行為」「第三者を利用する行為」「自分自身の行為」に分類し、さらに「賄賂」「弱点を支配する」「屈辱を与える」「リークとゴシップの活用法」といったテクニックを紹介していく。たとえば弱点を支配するためには、相手の不安を故意に煽ること、そのうえで不安を少し軽減してやること、といった宗教の教祖のテクニックが応用できるというのだ。

   本書で紹介された技術を応用しようとする読者がどれだけいるのかは疑問である。権謀術数に長けた人間であればガイド本など読まずとも、すでに実行しているのではないか。もっとも本書には別の受け取り方もある。まず本気半分、冗談半分で書かれた社会批評として読むこともできる。またここで披露される陰謀の技術は、裏返せば悪意から身を守るための技術でもあるのだ。敵を知り己を守るために目を通しておくのも悪くないであろう。(工藤 渉)

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、誰も教えてくれなかった悪だくみの指南書である。生き残りをかけた悪だくみのすべて。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 252ページ
  • 出版社: アスペクト (2003/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4757209983
  • ISBN-13: 978-4757209985
  • 発売日: 2003/10
  • 梱包サイズ: 19 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,392,986位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう