中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ネコたちをめぐる世界 (小学館ライブラリー) 新書 – 1993/3

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • | 猫の飼い方から、猫の写真集など、幅広いジャンルの本をラインアップ。の本ページへ。


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社からのコメント

愛猫が家出をして帰ってこない日の、不安感やさびしさ…。一匹のネコとの出会いが家庭生活までも変えてしまうのだ。第一線動物学者が冷静かつ熱い思いでネコを観察、ネコの目で見た一種の人間社会文化論。

内容(「BOOK」データベースより)

「ボクはネコ派である。ネコたちのあの、女のような勝手気ままさが、何ともいえず好きである」。動物行動学者である著者の眼がとらえた、個性豊かなネコたちとの、5年にわたる日々のエッセイ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 242ページ
  • 出版社: 小学館 (1993/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4094600434
  • ISBN-13: 978-4094600438
  • 発売日: 1993/03
  • 梱包サイズ: 15.4 x 11 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 766,839位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
これは、動物行動学者の日高氏の家に集まってきたネコたちの観察記です。

単なるネコ好きのネコ物語と違い(おっと失礼!)、ネコの行動を科学的に説明しています。

  ・なぜ動物は逃げるのか

  ・なぜ扉の前で鳴くのか

  ・餌を捕る戦略

  ・一緒にいることの確認

  ・「見る」こtの意味

  ・ネコは家につくのか人につくのか

などなど、普段何気なく見ているネコたちの行動の「意味」が具体的に説明されています。

ぼくには特に、家で集団で飼われているネコと野外の野良猫の習性の違いが興味深く読めました。

暖かい日差しの中、隣で眠っているネコの背中を撫でながら、ページをめくるのに適当な本だと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 志村真幸 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2003/10/5
形式: 新書
 著者が自宅で飼っているネコたちの行動を観察・分析した内容。文章にネコたちへの愛とユーモアが感じられ、とても楽しく読むことが出来た。
 ネコたちの行動原理への関心が深く、環境・人間・仲間のネコたちとの関係性から、彼らの生態を解析している。うちにも数匹のネコが住みついているが、著者のような見方をしたことはなかった。やはり専門家の見方は違うと感心させられた。また同時に研究とはみずからの関心から発したときに成果を上げられるのだと納得させられた。
 とはいえ、まったく堅苦しい内容ではなく、ネコとは所詮いい加減な生き物なのだなと再確認し安心した。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ネコ好きを自認するならぜひ読んでください。
著名な動物行動学者の著者ならではの、飼いネコ観察記録が
たっぷりつまっています。
自分の家のネコを見ながら、普段気になっていた彼らの行動の
謎がとけました。
ネコに対する愛情が詰まっていて、同感することもしばしば。
かわいいイラストやネコグッズの写真も楽しめます。
読み終わってから、いよいよネコが好きになりました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
大好きな日高先生の本。もう手に入らないと思っていました(高いお金を出せば別?)。図書館の本よりは奇麗でした。大切にします。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 三島 投稿日 2014/11/17
形式: 単行本 Amazonで購入
日高先生の家ではネコと同居していることは以前から知っていたが、そのネコの行動を観察し深い洞察で描写されている。日本の動物行動学の第一人者の著作である。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告