通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ネイマール: 父の教え、僕の生きかた (一般書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ネイマール: 父の教え、僕の生きかた (一般書) 単行本 – 2014/3/13

5つ星のうち 4.7 15件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,860 ¥ 99

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ネイマール: 父の教え、僕の生きかた (一般書)
  • +
  • メッシ ハンデをのりこえた小さなヒーロー (ポプラ社ノンフィクション)
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 98pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

夢があれば、流した涙もいつか歓びに変わる――。

もしも君が何かの夢を持っていたなら、その夢をとことん持ち続けるべきだ。
誰かが無理だと言ったとしても、決して諦めちゃいけない。
僕も新たなる夢を持ち続ける。 by ネイマール・ジュニア

世界中を魅了するサッカー界の若き才能、ネイマール・ジュニア。
初公開「秘蔵ショット」を含むカラー32ページ付きの本書は
本人と父親がこれまでの半生を語り明かした日本初の公式自叙伝!


母国の威信を一身に背負ってプレーしたブラジルワールドカップ。
ラフプレーを受け、ネイマールの2014年の夏は、予定よりも早く終わってしまった。
しかし、彼は怪我を負わせた選手を批判することも、惨敗を言い訳することもしない。
新たな夢に向かってまっすぐに歓びを感じながらバルサ、セレソンでプレーする。
いったい、そんな22歳はどのように生まれ、どのように育まれたのか?
そんな問いを持った時に浮かび上がるのは、彼と同じ名前を持つ実の父の存在。

本書はネイマールの父親、そして、ネイマール本人が
互いに向けた想い、教え、心の在り方を交互に綴ったモノローグ形式で展開する。
家族を襲った大事故、経済的に恵まれなかった家庭、大注目されたプロデビュー
サントスでの活躍、欧州ビッグクラブからのオファー、メッシらスターとの交友
そして、ワールドカップへの想い。

人生のクロニクルに沿って、親の目線、子の目線で語り尽くされた本書は
単なるサクセスストーリーに留まらない。
サッカーファンのみならず、ネイマールのことをもっと知りたい人
何かの夢を持って頑張っている子ども、そして、子を持つすべての親
さらに、決して折れない精神力を学ぶ意味では
多くの人々に“気づき"の多い1冊になるはずだ。

夢を持つこと、夢見る力を与えることの大切さ。
そして、家族や仲間との関係を通して
絆という言葉の本当の意味を考えさせられる作品だ。



【ネイマール・父から】
■生まれてきてくれた息子へ
■私たち家族を襲った予期せぬ大事故
■家族を養うための誇りある仕事
■13歳の息子に届いたレアル・マドリードからの招待状
■息子と語らうことが私の教育である
■勝利への渇望をいかに彼は生み出しているのか
■密着マークを受けるということ
■ヴィラ出身の子どもたち
■2011年シーズンを分けた明と暗
■クラブ創立100周年の年に、通算100得点を記録
■銀メダルで終わってしまった夢
■バルセロナへの旅立ち
■神がブラジルに微笑んだコンフェデレーションズカップ2013
■この子の父親であることが私にとっての誇りだ

【ネイマールから】
■育ててくれた父さんへ
■サッカーとの出会い
■永遠なるサントスFC
■僕のスタイル
■国中の注目を集めた僕のデビュー戦
■名声を得た者が支払わされる「有名税」というもの
■選手として認められ、学んでいくこととは
■アイルトン・セナ以降、空白となっているその席へ
■FCバルセロナから受けた一つの授業
■ブラジル代表への想い
■精神の修行となった悪質な噂
■FCバルセロナにやってきたのは間違いじゃなかった
■愛する息子、ダヴィ・ルッカ
■ネイマールの息子である歓び、ネイマール・ジュニアである歓び



Conversa entre Pai e Filho
by Mauro Beting and Ivan More
Authorized translation of the Portuguese edition of Conversa entre pai e filho
© 2013 by Universo dos Livros

内容(「BOOK」データベースより)

父は息子のためにすべてを捧げ、息子は父の信頼に全身で応えた―ブラジルの至宝、22年の軌跡。初公開!「秘蔵ショット」カラー32ページ付き。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 304ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2014/3/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4198637784
  • ISBN-13: 978-4198637781
  • 発売日: 2014/3/13
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 82,394位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


関連メディア

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
子育て中の親御さんはもちろんですが、いかにして、良いところを伸ばすか、
親。息子の側面から伝えているのは、取っても良かったです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 服部祥子 投稿日 2014/3/27
形式: 単行本 Amazonで購入
 2013年のコンフェデ杯開幕戦で、日本は力みのない見事なボレーをネイマールに決められた。そして、優勝の原動力となった。2014年ブラジルW杯の主役は、やはり母国の10番を背負うこの人に違いないと思った。

 「公式自叙伝」が発売されたということで、その人となりをサキ読みするつもりで本書を手にした。当初はFCバルセロナへの移籍を果たし、子どもの頃の貧しさからのサクセスストーリーが描かれているのだろうと思っていた。が、その予想に反し、そこには父から子への思い、子から父への感謝が熱く語られていて、私自身の子育てに対する戒めにもなるなと思いながら読み進めることになった。

 自分にも2人の幼い子どもがいる。ネイマール父のように、子どもが大きな決断に迫られた時や壁にぶつかった時に、これまでの経験を基に「生きるヒント」を与えられるような存在でありたいと読み終えて思った。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
すばらしい父親を持ったネイマール
これからの活躍も願っております
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ちょうどW杯もあったので、ブラジルのサッカー界の事情もよくわかり、何よりブラジル人の愛情の深さや情熱がよく伝わってくる本でした。親子、兄弟の間の情も細かく、好感が持て、今まで知らなかったブラジルという国や人をかいま知ることができたと思います。ネイマールはとても可愛らしい人、純粋な人。彼の一面がよくわかり、今までよりもっともっと興味が沸いてきた。がんばれ、ネイマール!!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ワールドカップで、主役になりそうな、
ブラジル代表の10番、ネイマールの自伝。
 
今の日本では、なかなか見掛けない、
父と子の強い絆が描かれている。

なぜネイマールが、この若さで、
頂点まで極めることが出来たのか、
読むと納得できる。
 
この本は、 
ワールドカップで伝説になったら、
プレミアがつくかもしれない。
 
先に購入し、読んでおくことを
お勧めする。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
サントスFCがリベルタドーレス杯で優勝した2011年からネイマール親子の大ファンです。
この本がブラジルで発売された昨年から、ずっと喉から手が出るほど欲しかった本でした。
まだ読んでもいないうちから、絶対に日本語に訳されて伝えられるべき物語であると信じていました。

発売を知った時は、まず表紙デザインの素晴らしさとタイトルの名訳ぶりに感動し、そして何より訳者が竹澤哲さんであったことに大きな喜びと安堵を覚えました。竹澤さんは著書『ジンガ』の取材で当時13歳のネイマール・ジュニアを取材した方であり、クラブW杯でのサントスFC来日前にも雑誌上に素晴らしいインタビュー記事を書いておられたので、同選手の物語を伝える日本人翻訳者は彼以外に考えられませんでした。

内容はまさに期待した通りであり、同時に期待を遥かに上回るものでした。
ネイマール・ジュニアという選手の本質は、彼の父親との関係に凝縮されています。
敬虔な信仰者でもある彼は、いついかなる時でも愛に溢れた「父」との関係の中を生きているのです。

この本は、単なるサッカー選手とその親の成功物語ではありません。
深く誠実な人生観、死生観を共有する希有な親子の人生そのものの物語です。
成功したから立派なのではなく、人生に対す
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
数年前、トヨタカップで、初めてネイマールのプレーを観ました。その時の彼の澄んだキラキラした瞳がとても印象的でした。
この本の中で、「夢見る力こそ私が子ども与えることができた唯一のこと」と父が言い、息子は「いつまでも夢を諦めない子どもの心を持ち続けたい」と語っています。
子に背中を見せる親にとって、ぶれることのない信念を持ち続けることほど難しいことはありません。それが、ネイマールの父は、迷わず、そして大きな愛をもち、常に語らい、方向性を示しています。
また、最も大切なことは謙虚であること、今の世の中で欠落しつつあることを父は教えてくれているのです。
殺伐としたことがたくさん起きるこの世の中で、生きる原点をこの本を通じて見直すことができました。

この本を読んだことで、天才プレーヤーとしてしか見ていなかったネイマールの新たな魅力を感じることができ、
いよいよやってくるワールドカップでの彼のプレーがますます楽しみになりました。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー