ネイビーシールズ:チーム6 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ネイビーシールズ:チーム6 [DVD]

5つ星のうち 3.3 55件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,063 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,041 (25%)
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 3,063より 中古品の出品:5¥ 2,407より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオネイビーシールズ:チーム6 (字幕版)¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ネイビーシールズ:チーム6 [DVD]
  • +
  • ゼロ・ダーク・サーティ スペシャル・プライス [DVD]
  • +
  • ローン・サバイバー DVD
総額: ¥5,490
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: カム・ジガンデイ, フレディ・ロドリゲス, アルヴィン・“イグジビット"・ジョイナー, キャスリーン・ロバートソン, ロバート・ネッパー
  • 監督: ジョン・ストックウェル
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2014/09/02
  • 時間: 101 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 55件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00KM070YM
  • JAN: 4988013022782
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 54,268位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

【任務】ビンラディン襲撃
最強の精鋭部隊<チーム6=DEVGRU>による極秘ミッションの真実、遂に解禁! !


■『ゼロ・ダーク・サーティ』と同様に『ビン・ラディン殺害』がテーマ
史上最も衝撃的なこの作戦を、いかにして見事に成功させたのか、実働部隊にスポットを当てた内容。

■シールズの中でも精鋭である「チーム6=DEVGRU(デブグルー)」が活躍
アメリカ海軍ネイビーシールズの精鋭のみで結成された対テロ特殊部隊DEVGRU(デブグルー)。
超精鋭である彼らの知られざる実態に迫る。

■『ハート・ロッカー』の製作陣がスタッフ
アカデミー賞受賞『ハート・ロッカー』を手掛けた製作スタッフによる、世界を救ったエリート集団の衝撃の実話!

[内容解説]
見えない敵、錯綜する情報―。
悪夢をもたらした最凶の敵を、緻密な作戦によって追い詰めたとき、
兵士たちは正義の銃弾を撃ち放つ!

【ストーリー】
特殊任務のみを担うエリート集団 <ネイビーシールズ:チーム6>は、ビンラディン襲撃のときを待っていた。
不確かな情報をもとに、彼らは基地周辺を捜索していたが、リーダーであるスタナーが何者かに撃たれてしまった!
その場は敵を捕えなんとか難を逃れたが、真のターゲットであるビンラディンの影はすぐそこまで迫っていたのだ。
そして、遂にそのときは来た―。錯綜する情報に翻弄されながらも、執念の追跡によって、ペンタゴンは、ビンラディンの潜伏先への攻撃を命令した!
果たして作戦の行方は?最も危険で不可能と言われた作戦の全貌が、遂に今、明かされる―!

[特殊内容/特典]
【特典映像】(以下予定)
・メイキング(約17分)
・日本版予告編
※仕様は予告なく変更となる場合がございます。

[スタッフキャスト]
【スタッフ】
監督:ジョン・ストックウェル:『ブルークラッシュ』
脚本:ケンドール・ランプキン
製作:ニコラス・シャルティエ:『ハート・ロッカー』

【キャスト】
カム・ジガンデイ:『バーレスク』
フレディ・ロドリゲス:『プラネット・テラー in グラインドハウス』
アルヴィン・“イグジビット"・ジョイナー:『X‐ファイル:真実を求めて』
キャスリーン・ロバートソン:『最`新'絶叫計画』
ロバート・ネッパー:『トランスポーター3アンリミテッド』
ウィリアム・フィクトナー:『ダークナイト』



[発売元]ギャガ

(C))2012 Geronimo Nevada, LLC. All Rights Reserved.

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『ハート・ロッカー』を手掛けた製作スタッフが実話を映画化したアクション。ネイビーシールズの中でも特殊任務のみを担う精鋭部隊「チーム6=DEVGRU(デブグルー)」。ビンラディン襲撃に備え基地周辺を捜索していたが、リーダーが何者かに撃たれ…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 MT 投稿日 2017/7/16
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
(観る前に読まないほうがよいレビュー)

映画としての満足度は(ゼロを観た後なので、というのを差し引いても)高くない。
装備や演出の考証がいまひとつなのは事情があるんだろうと拝察するが歴史的重大事件を描くには無邪気すぎる脚本。
もう少し客観的/批判的なメンバーを交えて練ったほうがよかっただろう。
あと、戦闘シーンには状況外音楽は要らないと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
同じビン・ラディン殺害を描いたゼロダークサーティとの比較になります。
序盤が少し分かりにくい気がしました。
ストーリーが説明不足というか。
見ていたからこそ「今はあの場面か」などと分かって助かりました。
あと銃撃戦も時間が短くあっさり終わりました。

現地の監視スタッフの話が緊迫感がありました。
その他、ゼロダークサーティでは語られていないエピソードがあります。
興味ある方は両方見てもいいかと思います。

総合的な完成度では劣ると思いましたが、イスラム諸国の紛争に
興味ある私は見て良かったです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
突入チーム、CIAチーム、現地民チームがそれぞれ協力し合い
ビンラディン暗殺にどのように絡んでいたのかが描かれています
潜伏場所に突入するシーンはとても緊迫感があって食い入るように見ました

それだけに同僚の奥さんと浮気したり、CIAの局長と部下がデキてたり
「いる?そのシーン」と思うところが結構ありました
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
いわゆる戦争映画と言うより生中継のニュースを纏めて見ている様な感じです。
戦争活劇物を期待すると期待はずれかもしれません。
政治に興味のある方やドキュメンタリー好きにはおもしろいと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
私もDEVGRU隊員の私生活シーンはこの映画には不要かなと思ったけど、Wikiを見ていたら1年目の訓練は年間365日、休暇が半日2回のみと記載があった。
こんな状態だと当然私生活も上手く行かず、理解ある奥さんだとしても流石にこたえそう。
常に軍から訃報の連絡が来るかもしれないという精神状態で、誰かにすがりたい気持ちから浮気をしてしまった…と
逆にリアルな部分として描いているのかなと思ってみて勝手に納得してみたよ。
実際はどうなのだろうね。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
他の方が挙げられていらっしゃるように、本作品は「ゼロダークサーティ」と同一のビンラディン殺害(海神の槍)作戦を取り扱っております。

特徴としては現場の隊員視点を重視していることに加えて、CIA分析官や現地工作員の苦労も垣間見え、作戦に費やされた膨大な労力をうかがい知ることができます。
特に、終盤のビンラディンの潜伏先への突入シーンはとても緊迫感に溢れております。

ご参考までに、その終盤での潜伏先への移動シーンにおいて、2機のヘリのうちの1機が墜落した際、局長がつぶやいた「イーグルクロー作戦」は「アルゴ」として映画化されております。
また、スタッフロールでシール・チーム6のメンバー25人がヘリの墜落により亡くなられた旨が表示されますが、おそらくこれは「レッドウィング作戦」のことで「ローン・サバイバー」として映画化されております。

両作品ともに本作品に負けぬほど緊迫感あふれる映画ですので、ご興味のある方は是非ともご覧ください。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 なお 投稿日 2016/9/11
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
ドキュメンタリーチックで真実味にあふれた作品です。展開は非常に早くビンラディン殺害まででの経緯を淡々と表現しています。無駄な感情表現は排し、リアルな暗殺作戦を語っています。物語が進むごとに緊張は最高潮まで高まります。事実は小説よりも奇なりでしょうか本当に手に汗握る決定的シーンが待っています。非常に見ごたえのあるシーンが盛りだくさんです。ビンラディン宅突入時の第160特殊作戦航空連隊、DEVGRU部隊の勇士は必見です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
ストーリー中の奥さんの話はいらなかった。アクションもソコソコ💦
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
ビンラディンを米軍のシールズが襲撃する映画です。
どうやってビンラディンを突き止めて、どうやってビンラディンのいるところに攻めたのかと、その時の状況がよくわかりました。
ライフル銃が決定的だったのですね。

それとは別に、隊員の決闘シーンやプライベートのシーンは省いても良かったのではないでしょうか?
そこが間延びした感じでちょっと残念に思いました。

あとはもうちょっと凝縮して、もう少し長い時間を使って描いて欲しかったです。
最後のラストのナレーションは真剣に見ました。シールズがこの後、結局はやられてしまう事実は知りませんでしたので
面白い映画だとは言えないんですよね。ノンフィクションの世界ですからね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す