この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ニード・フォー・スピード ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

5つ星のうち 3.9 54件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:4¥ 4,022より 中古品の出品:10¥ 1,563より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でニード・フォー・スピード(吹替版)を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【 ディズニーブルーレイ/DVDストア 】 - ニューリリース+ホットアイテム情報、ランキングなど

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: アーロン・ポール, ドミニク・クーパー, イモージェン・プーツ, スコット・メスカディ, ラミ・マレック
  • 監督: スコット・ワウ
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • 発売日 2014/11/05
  • 時間: 131 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 54件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00MGECA1A
  • JAN: 4959241753977
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 23,557位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー


夢のスーパーカーによる超高速バトル! 栄光か、破滅か 禁断のストリート・レースへ挑め!!
『ニード・フォー・スピード ブルーレイ+DVDセット』

夢の超高額スーパーカーによる、ド迫力の超高速ストリート・レースバトルを描いた『ニード・フォー・スピード』!

法もルールも無視した危険度MAXのストリート・レースの世界。

強力なエンジンを搭載し、極限までチューンナップされたマッスルカーと、世界に数台しか存在しない超高額スーパーカーで疾走する命知らずの若者たち。

自らのドライビング・テクニックと名誉をかけて競い合う、迫真のレーシング・バトルアクションが誕生した-。

原案となったのは、1994年の発売以来、全世界で1億5千万本以上を売り上げ、20年間ロングセラーを続けている同名のゲーム・シリーズ。

チューンナップされたランボルギーニ、マクラーレン、ブガッティ、ケーニグセグ、マスタングなど、1台が億を超える希少なスーパーカーが繰り広げる、

疾走感、爆走感がハンパないカーチェイスやクラッシュシーンの数々は、CGを一切使用しないリアル・カーアクション!

アゲーラ、サリーン、ハマーなど、マニア垂涎のスーパーカーも続々登場し、公道を舞台に超高速バトルが繰り広げられるクライマックスは、“本当に走っている”臨場感で見る者を圧倒する!!

本物のスピードと爆音の迫力で見る者の心拍数を跳ね上げる、究極のレーシング・バトルアクション!!


<ストーリー> 天才カー・エンジニアにして、比類なきドライビング・テクニックを持つトビーは、親友を死に追いやり、無実の罪で自分を陥れたかつてのパートナー、ディーノに復讐を誓う。

ディーノを破滅させるためには、芸術的なまでにチューンアップされたスーパーカーたちが超高速で公道を駆け抜ける禁断のストリート・レースで勝利するしかなかった。

勝つためには手段を選ばないライバルたち。そして、伝説的レーサーであるトビー逮捕に執念を燃やす警察。 絶体絶命の状況下でゴールを目指すトビー。

その向こうで彼を待つのは、栄光か?それとも、破滅か?…


<ボーナス・コンテンツ>
  • [ブルーレイ]製作の舞台裏/スタント一家の絆/全米横断!撮影の旅/モナークとベニーのアドリブ集/未公開シーン -ポール・ポジション争い -ちょっとした嘘 -トビーの決断 -ベニーのダンス(ロングバージョン)/ゲーム「ニード・フォー・スピード ライバルズ」予告編(US版)
  • [DVD]製作の舞台裏/ゲーム「ニード・フォー・スピード ライバルズ」予告編(US版) ※商品情報は変更になる場合があります。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

同名人気ゲームソフトを実写映画化したカーアクション。強力なエンジンを搭載し、極限までチューンナップされたマッスルカーと超高額スーパーカーを駆る若者たちの名誉を賭けた闘いを描く。『ブレイキング・バッド』のアーロン・ポール主演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray Amazonで購入
ゲームが映画化されると度々比較されますが、ゲームは自分が体験して"感覚"で楽しむもの、映画はアクションやヒューマンドラマなどを客観的に"見て"楽しむのが本質だと思っているので、求められるものが全く異なり比較する事自体がナンセンスだと思っております。
"◯◯を映画化!!"はごまんとありますが、元ネタを越えようと複雑な演出をしたりアレンジを加えすぎたりして、元ネタと全く異なる世界観になってしまった作品もチラホラありますが、この映画にはそういった複雑な演出がなく、シンプルな伏線が敷かれています。

NFSヘビーユーザーのようにしゃべってしまいましたが、元ネタは一時MWにハマった程度なのでゲーム世界観は多少知ってます程度です。それでも「勝利に執着し脱落するまでかっ飛ばす」という展開はゲームの世界観に近いものを私は感じました。尚且つストーリーもしっかりしているので、車好きや元ネタ好きはもとより単純にカーアクション映画として見ても楽しめるのではないかと思います。特典映像をご覧になれば、アクションシーンへの並々ならぬ拘りも知ることができます。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 タブロン トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2015/11/10
形式: Blu-ray
パクリなどとも言う人もおりますが全くの誤解です。
ニード・フォーシリーズは今から10年ほど前にゲームから生まれた作品です。
そのシリーズは今も続いています。
そしてこちらは初の映画化作品です。

内容はゲームに沿っているので、違和感が全くなかったです。
スポーツカーで公道を走るわけですが、それを「妨害」する
警察車両も色々でてきます。
警察無線の声はゲームの人と同じような気がしました。

個人的によかったと思うのはニトロを全く使わないところです。
なので、よりリアルな走りが繰り広げられるので、本当に終始「走りの映画」という内容です。
ワイルド・スピードは、後半からは戦闘要素が中心になり過ぎているので
純粋に走りを中心にした映画が観たい方にはうってつけだと思います。
ドライバー視点のカットも結構あったので、物凄くスカッとしました。

素人タレントも除外しているので、吹き替えも問題ありません。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
よくワイルド・スピードと比較される本作ですがNFSと言う原案がある以上コンセプト的に比べるのはナンセンスです。
僕はゲーム版NFSのファンで映画は3回見に行きました、原作ファンだからと言う事もありますが兎に角引き込まれました。
鑑賞する前は「映画でもちゃんとニードフォースピードを表現できるのか」と疑問に思っていましたが要らない心配でしがいざ見てみればカッコ良すぎずダサ過ぎずシブい主人公、アメリカ最大級の規模を誇る違法ストリートレース、スーパーカーとポリスカーとのカーチェイス、どれを取ってしてもコッテコテの「ニードフォースピード」です。
主人公とライバルはどうして今ライバルなのか、細かい伏線が適当、謎のアップル製品押し、ゲームと言わんばかりの違法ストリートレース専用GUIなど細かいツッコミ所は多々ありますが十分に見れる作品です。

個人的に度肝を抜かれたシーンは900馬力のマスダングを一般車が大量に居る真っ昼間の街でドリフトで振り回すドライビングパフォーマンス、初めて見た時は度肝を抜かれました、必見です!
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
まじでよかった。
これは確実にその辺の下品な車遊び映画とは一戦を画します。純粋に愛する人の為に戦う姿は心打たれました!
ワイスピとは比較できませんね。
全く別。私はこちらの方が好きです。
ヒロインの女性も綺麗だし。
ホラ吹きはキャラにハマってるし。サポートの2人も良い味だしてるし、なんと言っても主人公とピートを殺した奴の演技も上手すぎてリアルに嫌いになるくらいのめり込みました。
ほんと最高の作品!!!!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
スコット・ワウ監督は前作「ネイビーシールズ」もシビレさせてくれたが、
とにかくドラマメイクがダメである。まあ脚本家は別だから仕方ないのかも
知れないが、今回も見どころはカーアクションの凄さが中心だ。

かといって「観なくていい映画」かといえばそうではなく(笑)、流石にカー
アクションは「どこにもない」映像力だと言っていい。
ご本家の「ワイルドスピード」はVFXでカバーしているシーンも多いが、
本作のクラッシュやハイスピードシーンは、メイキングを観るとほとんど
本当に撮影している!

ゆえにドライバー目線から撮れるケースが多く、衝突のシーンなどは
ガツンと来る感じを体感させてくれる。これだけメイキングが面白い作品
もそうそうないだろう(特にクルマ好きは必見)。

ストーリーはグダグダで、主人公は無実の罪で2年間服役するのだが、
その「事件」の顛末があまりにもお粗末。
3台の公道カーレースで死者が出てしまうのだが、真犯人が大富豪であり、
自分はその場にいなかったことになってしまう。20世紀ならともかく、防犯
カメラの映像や目撃証言を追いかければすぐに事実は割れそうなものだが・・・
この導入部でストー
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー