中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 《24時間以内に発送致します》漫画喫茶、レンタル落ち商品ではございません。中古商品ですので、細かい傷や焼け、汚れ等がある場合がございますが、問題なく読んで頂けます。すべて、消毒清掃・小口研磨をして発送致します。また、領収書をご要望の方は商品注文後、お取引連絡にて、ご連絡お願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ニート―フリーターでもなく失業者でもなく 単行本 – 2004/7

5つ星のうち 3.3 62件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 576 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

<推薦の言葉>
彼らは人生を放棄したわけではない。
立ち止まって、自立の芽を探しているのだ。
ー村上龍

<内容紹介>
出生率1.29。若年層の経済基盤が弱体するなか、
さらにもうひとつの問題が深刻化していた。2000年に17万人、2003年に40万人、今年
はさらに……。働くことにも学ぶことにも踏み出せないニートが急増している。少子
化が進むなか、日本経済にも根深い影響を与えはじめた「ニート」。この時代の鮮や
かな分析と新しい希望がここにある。

<もくじ>
はじめに/第1章 「ニート」という若者/第2章 ニートに会う/第3章 14歳の
分岐点/第4章 14歳と働く意味/第5章 ニートからの卒業/第6章 誰もがニー
トになるかもしれない/おわりに

<著者紹介>
玄田有史 1964年生まれ。東京大学経済学部卒業。労働経済学を専攻。東京大学社会
科学研究所助教授。若者の雇用に衝撃的な問題提起を行った『仕事のなかの曖昧な不
安』で注目を浴びる(第24回サントリー学芸賞、第45回日経・経済図書文化賞受賞)。
近著は『ジョブ・クリエイション』。
曲沼美恵 1970年生まれ。福島大学教育学部卒。日本経済新聞社を経て、現在はフリー
ライター。

内容(「BOOK」データベースより)

2000年に17万人、2003年には40万人。今年、さらに…。「働くことにも学ぶことにも踏み出せない人」が急増している。少子化が進む中、日本経済にも根深い影響を与えはじめた「ニート」。この時代の危機と希望がここにある。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 271ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2004/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344006380
  • ISBN-13: 978-4344006386
  • 発売日: 2004/07
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 62件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 851,264位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
~ニートである人への取材は、実は少なくて、中学2年生に職場体験をさせる兵庫県と富山県の試みについての取材、描写が多い本です。著者たちはこうした取り組みが「ニートが生まれるのを防ぐ効果がありそうだ」としてこの本で2章を使って述べていますが、その因果関係は厳密には不明です。なぜなら、本書はニートの実像にはあまり迫っていないからです。
 ~~ニートとして紹介されている人たちにしても、ある女性は支離滅裂な話し振りや、周囲の反応を考慮できない様子が、何か病的な印象を与えますし、別の青年は高校受験の機会に在日韓国人であることを知ってショックを受けていたりして、やや特殊な事情を抱えていると言わざるを得ず、「誰でもニートになりえる」という著者たちの主張を鵜呑みにしにくくしていま~~す。
 そもそもの、「2003年、ニートは少なくとも40万人いる」というショッキングな統計的数値にしても、かなりいい加減な推計と言わざるを得ません。統計ということでいえば、厚生労働省がUFJ総合研究所に委託して行ったという調査も、「インターネットを使って若年の無職者自身に聞き取りを行った」という時点で極めて怪しい統計です(母集団も不明~~、サンプルの品質も不明なので)。この統計の利用のしかたも変で、統計を(怪しい統計をあえて)素直に受け取れば、高卒からニートになるケースがもっとも多いのに、中学2年生の
...続きを読む ›
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書の構築は非常に悪いと言わざるを得ない。一章でニートの実態として人口数や収入といった基本情報をあげ、2章からは突然実際のニートに会う、というドキュメンタリー調(具体例というレベルを逸脱してしまっている)になり、3章ではなぜかニートとは直接の関係がない不登校対策と言う面から公立中学校の職業体験へと話が移り、4章ではまたしても具体例から逸脱した職業体験のドキュメンタリー調で、5章もやはりドキュメンタリーで最終章では突然働くということへのレクチャーとなる。
ばらばらであり読むのがつらいし、論点がずれているから読んでもニートについてはわからない。
個々の情報も稚拙であり、特に数字の多い一章はかなりいいかげんである。
付け加えるならば、玄田氏のフリーターへの認識の甘さは危険である。
まとめると、買うだけお金の無駄で読むだけ時間の無駄という双子の無駄を含む罠だといえる。
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ニートが急増している理由について、職場状況だの家庭状況だのいくつも原因となるものを論じているが、実際、現代の社会で実際に、ニートになっている人達は、働く気がないんじゃなくて、働けないのだという事実に触れていない。それの原因が、不登校であったり、病気であったり、原因はみなそれぞれ違うのだろうけど、一度ニートにしてしまったら、あとから再復活しにくい社会形態にも問題があると思う。
10代で不登校になり、そのまま社会との接点を見つけられずにただ年月だけが過ぎて、20代、30代になってしまった人達。
それが、日本が一番問題視すべき、真の意味でのニートなのではないだろうか。
フリーターとニートは、違うとか、正社員で働かないんだったら、せめてアルバイトでもいいから働くべきだとか、親が甘やかしてるんだとかそういうんじゃなくて、働きたいけど働けない。自立したいのだけれど、できない。そのネックは彼らの心に宿る影、傷、障害。
彼らの親も健康でなんの抱えるものがないのに、働かない子供を野放しにしているほど馬鹿じゃないと思う。事情を知っているが故にどうすることもできないという親がほとんどなのだ。特に、日本人はそういうことを世間に隠したがる習性があるから、尚更、悪循環で彼らが自立する機会を蝕んでしまっている。
働かないのが非国民だとか、人間のクズだとか、そうい
...続きを読む ›
コメント 71人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
近年、急激にニートが増加した背景には、明らかにかつての「就職氷河期」と呼ばれた時代が影響している。その時代に就職することができず、やむなくフリーターになった人たちは、自分の将来に希望を持てず、やがて働く気力も失ってニート化していったのだが、この書では、そのような現実には目を向けず、ニートとは「気弱で、社会に出て働くのが怖く、または適応できない人たち」と結論付けてしまった(もちろんそのような人々が存在することも事実だが、それだけが、この問題のすべてを現しているわけではない)そのため読者、ひいては世間一般に、ニートに対する誤解と偏見が蔓延し、結果として、政府の対応をも誤らせるという事態を招いた。著者の提唱する「中学生の職業体験」も、それ自体を無駄だとは言わないが、少なくともそれは、就職難の影響でニートになった人々に対しては何の解決策にもならない。こうした社会問題を取り扱う以上は、もう少しマクロな視点から、論述していただきたかったと思う。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー