通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【付属品完備】【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 折れ・多少の使用感がありますが、書き込み等なく、概ね良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。 単行本(ソフトカバー) – 2016/9/30

5つ星のうち 4.1 34件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1,117

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。
  • +
  • これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
  • +
  • それをお金で買いますか (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
総額: ¥3,348
ポイントの合計: 102pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【第156回芥川賞・直木賞】受賞作発表!
芥川賞は『しんせかい』 、直木賞は『蜜蜂と遠雷』に決定 受賞&候補作品一覧 へ

商品の説明

内容紹介

京都を舞台にした「実存主義哲学」入門のエンタメ小説! !

「私はニーチェだ。お前に会いに来てやった」
目の前に立ちはだかった男は、たしかにそう言った。
「えっと、すいません人違いじゃないですか?」
「今日、縁切り神社で、お願いしただろう? 悪縁を切り、良縁を結びたい。これまでの古 い自分から、新しい自分に変わりたい、と。
私はお前を〝超人〟にするために、こうしてやって来た」

17歳の女子高生・児嶋アリサはアルバイトの帰り道、「哲学の道」で哲学者・ニーチェと出会います。
哲学のことを何も知らないアリサでしたが、その日をさかいに不思議なことが起こり始めます。
ニーチェ、キルケゴール、サルトル、ショーペンハウアー、ハイデガー、ヤスパースなど、「実存主義の哲学者」たちがぞくぞくと現代的風貌となって京都に現れ、アリサに、〝生きる意味〟とは何か、を教えていく感動の物語。

【登場人物】
児嶋アリサ…京都市内の高校に通う17歳の女子高生。

~アリサが出会う「実存主義の哲学者」たち~

ニーチェ…オタク気質なスマホアプリ開発者
キルケゴール…ミステリアスなカリスマ読者モデル
ショーペンハウアー…クラシック喫茶を営む頑固オヤジ
サルトル…ガールズバーの経営を手がける中年実業家
ハイデガー…京都大学の名物教授
ヤスパース…ニーチェの友人の精神分析医

内容(「BOOK」データベースより)

哲学エンターテインメント小説登場!!京都を舞台にした、人生の意味を追求する哲学の巨人たちと、哲学を知らない17歳のアリサの成長を描いた感動ストーリー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 376ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2016/9/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478069654
  • ISBN-13: 978-4478069653
  • 発売日: 2016/9/30
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 34件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 5,011位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ロビーナ 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2016/10/8
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
主人公のアリサは失恋の底で
「祝福できないならば呪うことを学べ」という
ニーチェの名言に力をもらい、
縁切り神社で「新しい自分になれますように」と祈る。と、
ニーチェ本人が「その手伝いに来た。お前を“超人”にするために」と現れる。

「自己中ではいけないという風潮のつくられ方」や

「蓄群道徳(みんながよいと言っていること=よい、と思いこんで自分の頭で考えない)」

「ルサンチマン的発想(金、恋人、名声、美貌、よい学校や出世など、自分の手には
入りそうもないものへの嫉妬、恨み、ねたみを、“相手を見くだす“ことにすり替えて
『貧しきものは幸いなり』『別に出世できなくても、ラクが一番』等と斜に構える)」
「神は死んだ」などの

ニーチェ思想のツボと

「つらく苦しいことばかりおきても、
それは自分にしか味わえない、自分の人生。
つらいからこそ味わえる喜びもある。
この人生でよかった。生まれ変わったらまた自分でありたい。
この人生をリピートしたい、と思える生き方をせよ」という
アドバイスが、熱く語られる。

人生は無意味。だからこそ、自由に生きる
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
正直最初は3流文学者の余計な言い回しが多く、買ったの失敗したなあと思いました。

ところが、途中から登場人物が個性が出てきて、光り始めます。
ここから一気に読み始めました。
最初のくだらない風景描写はいらないから、もっと早くこれが見たかった。

最初は星3つ、途中から星5つですね。

是非、次回作期待と、私の好きなベンサム先生で本を書いてください。m(__)m
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ニーチェだけかと思ったら、まさかのショーペンハウアー、キルケゴール、サルトル、ハイデガーが出てきた。

もともと彼らの言葉は難解で理解しにくい。しかしこの本により今風にデフォルメしながら分かりやすくしている。それが素晴らしい。

この作者の調査力に脱帽。あと難解な言葉の咀嚼能力がとても優れていて素晴らしい。

それぞれの哲学者の性格などはホームズ並みの洞察でキャラを生み出してきたと思います。
哲学書はぶ厚くて重いですからね。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
まあまあかな。

哲学本としての分かりやすさは中くらい。
ストーリーはイマイチ。
キャラ付けはビミョー。
あとイラストも、単に個人的なイメージとは乖離していた。
舞台が京都である必然性がよくわからない。

あくまで西洋哲学の自己啓発的な側面を主張している人物だけが登場してくるが、やはり西洋哲学はそれ以前の基礎知識がないと「なんとなく」でしか理解できないような気はする。
イマイチどういう人が何を目的にこの本を読むのかはよくわからないが、タイトルや装丁の作り方はうまいと思う。

ただ、巻末にまとめのようなものもあって作り字体は丁寧。
でも、人に薦められるほどではないかな。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
正直、ニーチェやサルトル、ハイデガーといった人達は、
哲学に詳しくない人でも知っている人は多いが、彼らの思想を紐解いていくと、
実に複雑で難解で意味が分からないモノが多すぎる。
また、入門書として読んでもただ読んで終わったりするものも多いし、
その入門書が難しくて、挫折を引き起こし、彼らの思想に触れる機会を更に無くしていく。

ただ、この本は、入門本的な要素もありつつ、
現代の私たちの身近なところで例えを沢山使用していたり、
ニーチェがスマホを持っているので親近感が湧いてくる。

また、どうやったら、読んだ知識を日常生きていく上で使用していけばいいのかを
ヒントにもなっている。
私は日常が大事だと思っているので、
この本は、読んでいて日常に明かりを照らしてくれる一冊だと思った。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック