通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上 (3) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なし。こちらの商品は中古商品の為、表紙にスレなどの使用感がある場合がございます。店舗併売のため売切れの際はご了承下さいませ。丁寧な梱包にて発送致します。 376243
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
6点すべてのイメージを見る

ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上 (3) 単行本 – 2013/1/31

5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 1

AmazonStudent

★★『君の名は。』ほか、「K A D O K A W A」全 品 1 0 % ポイント還元中!★★

※4/1(土)以降に発売される書籍、Amazonマーケットプレイス、Kindle本は対象外となります。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上 (3)
  • +
  • ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上 (2)
  • +
  • ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上 (4)
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 387pt (10%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞ノミネート作品決定
全国の446書店、書店員564人の投票により上位10作品がノミネート作品として決定しました>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

恐るべきニンジャ集団サヴァイヴァー・ドージョー! 更には凶暴バズソー・ゾンビー・ニンジャが参戦! ?
個性的で強力なキャラクター達が続々出現する第3巻!
妻子の墓標となるマルノウチ・スゴイタカイビル。クリスマスの惨劇にして、ニンジャ死闘の原点も明らかに。

「メリークリスマス・ネオサイタマ」
「コンスピーラシィ・アポン・ザ・ブロークン・ブレイド」
「ネクロマンティック・フィードバック」
「ワン・ミニット・ビフォア・ザ・タヌキ」
「アトロシティ・イン・ネオサイタマシティ」
「グランス・オブ・マザーカース#2」
「エヴァー・フェルト・チーティド」(初翻訳)
「ストレンジャー・ストレンジャー・ザン・フィクション」

内容(「BOOK」データベースより)

リアルタイム翻訳で放たれるtwitter活劇、第三弾。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 529ページ
  • 出版社: KADOKAWA/エンターブレイン (2013/1/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4047284815
  • ISBN-13: 978-4047284814
  • 発売日: 2013/1/31
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13.2 x 4.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 193,543位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
猥褻が一切無い健全な小説の三巻目です。

収録エピソードは
「エヴァー・フェルト・チーティド」(初翻訳)
「メリークリスマス・ネオサイタマ」
「コンスピーラシィ・アポン・ザ・ブロークン・ブレイド」
「ネクロマンティック・フィードバック」
「ワン・ミニット・ビフォア・ザ・タヌキ」
「アトロシティ・イン・ネオサイタマシティ」
「ストレンジャー・ストレンジャー・ザン・フィクション」
「グランス・オブ・マザーカース」#2
の8篇。

ニュービーの入門用によく勧められる名作
「メリークリスマス・ネオサイタマ」や
狂人の妄想がネオサイタマに顕現するゾンビー活劇
「ネクロマンティック・フィードバック」など
見所は多いですが、それらは所詮前座。三巻は
「アトロシティ・イン・ネオサイタマシティ」
のためにあると言っても過言ではありません。

ニンジャスレイヤーもソウカイヤもいない
無法地帯と化したネオサイタマに降臨した神々の使者。
歴戦のヘッズをも狂気の淵に叩き込んだ
孤高なニンジャハンターの正体とは…!?

備え(ても無駄だが事前に覚悟だけでもし)よう。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 これは3巻ですけども。実はこの巻から、と言うか、冒頭の「メリークリスマス・ネオサイタマ」から、ニンジャスレイヤーに挑戦する、と言うのも、いい選択肢だと思います。このシリーズの魅力がコンパクトによくまとまっている、魅力的な短編だと思いますので。

 ひとりまたひとり、倒されていくニンジャ達。ニンジャスレイヤーの孤独な戦いは、徐々にしかし確実に、ソウカイ・シンジケートの力を奪っていく。
 共闘を経て同志となったナンシーと共に、ついに邪悪の首魁ラオモト・カンに王手をかけるニンジャスレイヤー。しかし彼自身が招き寄せた敵組織の弱体化は、思わぬ形で牙を剥く事に……。
 ソウカイヤとの戦いも後半戦に突入した感のある第三巻。ニンジャスレイヤーの孤独な死闘を描く傍ら、この巻では後々まで彼のライバルとなる存在が次々と登場してきます。狂戦士ジェノサイド、練達の傭兵ブラックヘイズ、そして前巻ですでに登場しているフォレスト・サワタリに、ラオモトの側近にして最大の敵ダークニンジャ。既存のエピソードでも、彼らの出番が大幅に加筆されているのは嬉しいところ。特にジェノサイドの出番は必見ですよ。

 書籍版の新エピソードは、ちょっとした下心からデモ行進に出掛けて行った学生の物語。ニンジャスレイヤーらしからぬ、と言えるくらいに生々しい丁々のやりとりから、痛み
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
現在のサブカルチャー・ムーヴメントを提供し収受する60年代後半〜70年代前半の人間には、ある共通した想いがある。
「自分達が楽しんできた作品は現在にも受け継がれているのだろうか?」
「自分達の心を動かした方法論は、現在でも通用するのだろうか?」
むしろ不安と呼んでもいいだろう。世界中を電子ネットワークが覆い尽くし、あらゆる娯楽が普遍化した現在は、一見恵まれたユートピアのようにも見える。けれどもその反面、あらゆる娯楽はただただ消費されるばかりで、残したい作品はいつしかネットの藻屑となって消えてしまうのではないだろうか? 自分たちの背中を見てきた筈の若い世代は今を謳歌し消費しているけれど、ただそれだけで終わってしまうのではないだろうか?

『ニンジャスレイヤー』は痛快な小説である。使われているコトダマは奇妙なものが多いし、アクション映画やゲーム、特撮ヒーロー番組を想像させる大立ち回りのシーンは、それらの作品を知る人々に伝わりやすい単純明快さで我々を楽しませてくれる。
しかしその一方で、笑ってばかりもいられない描写も同じだけある。現代日本の暗部を痛烈に皮肉った作品や、人間の弱さやずるさ、したたかさ、優しさに迫る作品もある。納得がいかないと感じる人もいるだろう。ついていけないと思う人もいるだろう。だが、本来「人の心を動かす」という
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
何処から読んでもいいとは言われつつも、順番に読んだ方が当然いい『忍殺』……の物理書籍版3冊目。今巻では特にバラエティー豊かな構成、且つどれもがヤバい級の傑作エピソードが揃っており実際お得です。準レギュラー格の人気ニンジャであるジェノサイドに、後のMr.ダンディズムことブラックヘイズ。もう一人の主人公たるダークニンジャの復活編に、ヒロイン格の一人であるユカノとの別離と後に繋がる伏線も目白押しですが、矢張り漫画でも堂々の主役を張ったヤクザ天狗=サンのインパクトは余りあるものがありますね(笑)そして、ラストでは次巻の決着に向けての急展開が……。
ヒロインでは一番相棒格のナンシー=サンに思い入れがあるだけにドキドキしてしまいました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告