通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上 (1) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
5点すべてのイメージを見る

ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上 (1) 単行本 – 2012/9/29

5つ星のうち 4.5 57件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 390 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


この商品には新版があります:


この商品はセット買いができます
『ニンジャスレイヤー 第1部 ネオサイタマ炎上 全4巻セット』 こちらチェック
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上 (1)
  • +
  • ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上 (2)
  • +
  • ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上 (3)
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 117pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

ニンジャ殺すべし! アニメ化も決定した中毒者続出のニンジャ活劇!

ニンジャ抗争で妻子を殺されたサラリマン、フジキド・ケンジ。
彼自身も死の淵にあったそのとき、謎のニンジャソウルが憑依。
一命をとりとめたフジキドは「ニンジャスレイヤー」――ニンジャを殺す者となり、復讐の戦いに身を投じる。

近未来都市ネオサイタマを舞台に、ニンジャスレイヤーvsニンジャの死闘が始まった。
マッポーの世に救いは無いのか? 走れ、ニンジャスレイヤー、走れ!

<収録作>
「ゼロ・トレラント・サンスイ」
「べイン・オブ・サーペント」
「ネオヤクザ・フォー・セール」
「メナス・オブ・ダークニンジャ」
「キルゾーン・スモトリ」
「キックアウト・ザ・ニンジャ・マザーファッカー」
「アポカリプス・インサイド・テインティッド・ソイル」
「レイジ・アゲンスト・トーフ」
「サプライズド・ドージョー」
「ラスト・ガール・スタンディング」
「フィスト・フィルド・ウィズ・リグレット・アンド・オハギ」
「ボーン・イン・レッド・ブラック」(初翻訳)

内容(「BOOK」データベースより)

ツイッターで中毒者続出のサイバーパンクニンジャ小説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 458ページ
  • 出版社: KADOKAWA/エンターブレイン (2012/9/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4047283312
  • ISBN-13: 978-4047283312
  • 発売日: 2012/9/29
  • 梱包サイズ: 18 x 13 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 57件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 111,245位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?



関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
読み始めてあまりの奇天烈さになんじゃこりゃぁ~?となった。「注意は一秒、後遺症が死ぬまで」平安時代の鉄人戦士ミヤモト・マサシの格言だ…これって「注意一秒、怪我一生」のことだよな、ただの標語だろ、格言て。ミヤモト・マサシ?宮本武蔵のパクリだと思うが、マサシてなんだよ普通の名前じゃん。平安時代て何だよ。…てな感じで。そしてそれは終始続く。「バカ」「スゴイ」など、悪罵を極めた言葉をペイントされたシャッター…「スゴイ」は悪罵じゃねえし。「アタマ・ストリート」「センベイ駅」ネーミングの適当さ。「ドーモ、ミニットマン=サン。ニンジャスレイヤーです」…ミニットマンは怒りに震える手を合わせ、アイサツを返した。「ドーモ。ニンジャスレイヤー=サン。ミニットマンです」ドーモて…敬語じゃねえし。それにしても何だこのやり取り…営業の挨拶かよ。名刺交換はしねえのかよ。怒りに震える手を合わせ、挨拶は一応返すのかよ。一応じゃなくて必ずみたいだけど。どんなシリアスな場面でもこのアイサツは欠かさないという。完全に頓珍漢な日本のイメージだよな、ここまで礼儀に拘らねえよ日本人だって。あと雑魚キャラが簡単に失禁する。呼吸をするように失禁する。尿道弛過ぎ。
掛け声は「イヤーッ」がほとんど。 あと「Wasshoi」ね。「Wasshoi」て。確かに掛け声だけど。悲鳴や絶叫は「アイエエエエ」 「グワーッ」女は「ンアーッ」
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
私はこの本を広告か何かで知った覚えがあります。知った時私の体に、電流が流れ、「これは、実際ヤバイ!面白そうだ。買おう!」となりました。
また、いきなりあらすじから入るのでとっつきにくいと思うでしょう。しかし、これが忍殺の魅力なのです。時系列はバラバラに掲載されており、頭の中で時系列順に並び替えるという作業をするのが魅力なのです。また、日本語のようで日本語でない言葉、「忍殺語」が出てきます。たとえば、エジャナイザ踊り(ええじゃないか踊り)や奥ゆかしい(※本来の意味は、深みと品位があって、心がひかれる。)など間違った意味で使われるのも魅力の一つです。もし、このレビューなど読み、買おう!と思ったニュービー=サン、オタッシャデー!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Poeto 投稿日 2012/10/15
形式: 単行本 Amazonで購入
勿論ニンジャスレイヤーは面白い!
それは当然のことだ。

今回の書籍化にあたって何よりも嬉しかったのは挿絵の存在。
「昔懐かしのサイバーパンク近未来!」とでも言うべきネオサイタマや
キャラクターたちが、サイバーパンクブーム当時もかくやと言わんばかりの
生き生きとした力強い筆致で描かれている。

挿画家は実力派わらいなく先生。徳間書店の「KEYMAN」で人気の漫画家にして、
ニンジャスレイヤーにおいては書籍化以前からキアイの入ったファンアートの数々で
多くのヘッズに知られていた人物だ。

もう既にネットで読んだしな…というヘッズにも
是非手に取って貰いたい一冊になっているものと思う。

唯一の難点は、キャラクター名鑑におけるイラストの印刷が粗いことか…
紙質の問題なのだと思うが、ちょっとセツナイ。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 フォボス トップ1000レビュアー 投稿日 2012/9/29
形式: 単行本
昔から間違った日本感を説明するために「サムラーイ!ニンジャ!スシー!ハラキーリ!」などといったスラングが使われることがあります。
この「ニンジャスレイヤー」はそんな殺伐とした最早空想上の世界を大真面目に構築して作り上げられた今までにない小説です。

正直この独特の世界観に馴染むまでは苦労するかもしれません。

しかし一度入り込んでしまえばもう虜です。笑いあり、涙あり、シリアスありと、実はあらゆる要素が詰まった奥ゆかしい小説であることが理解できると思います。
独特の言葉遣いは日常生活を侵食します。テレビにニンジャが出てくれば思わず振り向きます。カラテの真似事をするようになります。全てはニンジャだと思うようになります。
つまりこれは非常に危険な書物です。

そしてこの書籍に含まれているエピソードは、ツイッターのニンジャスレイヤー公式アカウント他にほぼ全てがアップロードされており、正直書籍を買わずともニンジャスレイヤーという小説はいつでも誰でも読むことが出来るのです。
しかし書籍版が欲しくなる。書籍版追加エピソードを読まずにはいられなくなる。そんな恐るべき中毒性を持った全く新しい小説・・・それがニンジャスレイヤー。Wasshoi!
コメント 167人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー