ニュー・ワールド コレクターズ・エディション [D... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,361
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ニュー・ワールド コレクターズ・エディション [DVD]

5つ星のうち 3.6 17件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,536
価格: ¥ 1,300 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,236 (71%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、★河達堂★年中無休、土日、祝日安心対応!誠意をもって販売いたします!が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 1,300より 中古品の出品:11¥ 96より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ニュー・ワールド コレクターズ・エディション [DVD]
  • +
  • 天国の日々 [DVD]
  • +
  • 地獄の逃避行 [DVD]
総額: ¥5,126
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: コリン・ファレル, クリスチャン・ベール, クオリンカ・キルヒャー, クリストファー・プラマー, オーガスト・ジェレンバーグ
  • 監督: テレンス・マリック
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2006/09/28
  • 時間: 136 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 17件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000GCG6H8
  • JAN: 4988013182745
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 10,453位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   『天国の日々』から『シン・レッド・ライン』までが20年。その後、本作までが7年と、寡作である分、一作一作に渾身の思いが見てとれるテレンス・マリック監督。この『ニュー・ワールド』も、映像への生半可ではない野心が伝わる作品だ。17世紀初頭のアメリカ大陸を再現した風景がすばらしい。実際にアメリカ東海岸に残る原風景を探してロケしただけあって、たちまち過去へトリップさせる説得力がある。さらにネイティブ・アメリカン、入植者であるイギリス人、それぞれの言語や外見、生活様式など、この時代を扱った過去の映画とは比べようにならないほど歴史に忠実だ。
   そして、これは正統派のラブストーリーでもある。敵対する関係にある男女が愛を育み、女が相手を失ったかと思ったときに、別の男が現れる。『ロミオとジュリエット』に『ひまわり』を合わせたような古典的な展開は、多くの人の胸を打つはずだ。とくに後から加わった男の献身的な愛情は切なすぎる。コリン・ファレルの野性的な魅力に対し、本作のヒロインに大抜擢されたクオリアンカ・キルヒャーのみずみずしい演技が必見。要所に挟まれた美しい自然の風景が、それぞれの人物の心象を表すのも、マリック監督らしい演出だ。ヒロインの名から分かるように、ディズニーアニメの『ポカホンタス』は同じ伝説が原作である。(斉藤博昭)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『シン・レッド・ライン』のテレンス・マリック監督が、コリン・ファレル、クリスチャン・ベールほか豪華キャストの共演で描くラブロマンス。17世紀初頭を舞台に、英国人の開拓者、ジョン・スミスとネイティブアメリカンの娘、ポカホンタスの純愛を描く。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
この映画が公開された時、誰しも「なぜ今ごろポカホンタス?」と思った事だろう。ディズニーのせいで中途ハンパに日本人に知られるようになってしまったのも不幸の要因だが、しかしテレンス・マリックという監督が、その少ないフィルモグラフィーの中でつねに追求してきたテーマを考えると、この題材にたどり着いた、というのは至極自然、というか必然と言えるのである。

テレンス・マリックは、分かりやすく言うと玄人受けのする監督・・・一般の観客よりも映画製作者や俳優といった同業者たちから深く尊敬されてきた監督だ。その一方で、長い期間、たった2本(「地獄の逃避行」と「天国の日々」)という寡作ゆえに「伝説の映画監督」と呼ばれてきた。
長い沈黙を破って製作された「シン・レッド・ライン」は、伝説の監督の復活というセンセーショナルな面ばかりが注目され、批評家連中までもが作品の本質を見誤って「哲学的な戦争映画」などという抽象的な言葉で片付けてしまった。そのうち「シン・レッド・ラインは戦争映画ではない」というタイトルでレビューを書こうとも考えているが、彼がいかに稀有な監督なのか、をまずは語ろう。

テレンス・マリックが一貫して探求し続けているのは、「人間の営み」と「自然」の対比、である。デビュー作「地獄の逃避行」の時は、まだ若く、初監督作品だったため、その意図がうまく伝わ
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
136分のDVDを見て、それから172分のBDを見た。差分として、どこが違っているかは結構分かったが、そこまで間延びさせる必要性は感じられなかった。いや、マリックの良さは、あのゆったりして、しかし何か緊張感のある自然の情景の映像と音にある。今回も水の美しさ、梢がこすれた音や鳥や虫の鳴き声などの部分は実に良かった。つまり動画像としては、そしてそこに流れる時間の描写はとても良かった。しかし映画として見ると、評価はいまひとつ、いまふたつ。気に入らなかった点は、モノローグが多すぎること、しかもその内容が断片的で自己中心的で、何を言いたいのかが分かりにくいこと。もう一つは、映像の編集がひどいこと。モンタージュもへったくれもない。いやグリフィス的な部分もエイゼンシュタイン的な部分もあるのだが、基本はマリック的モンタージュ。映像の組合せでイメージが飛び飛びになってしまい、自然な流れが感じられない。つまり、音の面でも画像の面でも役者が演じている部分、つまり「映画」の部分は見るにしんどいものになっている。さてシナリオ。これはまあ、アメリカ的には建国神話みたいなものだから、多少の演出が入っていても仕方あるまい。ともかくこの映画は筋を追いかける類のものではなく、雰囲気を味わうようなものだと思う。大まかな筋はいいのだけど、細かい点は説明不足が甚だしいのだから。あと、細かいことでは、あんなじめじめした暗い場...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
ディズニー映画で有名ですが、こちらは全体的に詩的で抽象的な表現が多く、若い割に感情の抑揚のないポカホンタスが気だるい雰囲気を醸してます。
でも好きな映画です。映像美と自然音、音楽との融合、そしてクオリアンカ・キルヒャーの新人ならではの透明感。何処にいても何を着てもポカホンタスでしかない。彼女のイメージにピッタリでした。

でも異種族・異宗教・異文明の上、年齢差や男女という最大の違いが行く手を阻み、ディズニーよりずっと深刻に話が進みます。
そもそもポカホンタスを描く限り、このタイトルは微妙です。彼女が初めて知る愛の世界や異国をニューワールドと表現するのは無理がある。文字のないネイティブ側の資料がないのを幸いに、白人世界で好き勝手に脚色され美化された物語であり、この映画も確実な部分以外は理想と創作、改ざんです。

ですが、ポカホンタスの流浪や心情を細部まで描き、台詞に頼らなかった所が逆に効果的。史実に正確ではなくても他に描きようがないのも確かなので。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 一色町民 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2006/7/15
17世紀初頭のアメリカ大陸を舞台に、イギリスの冒険家ジョン・スミスとネイティブ・アメリカンの娘ポカホンタスとの言葉と文化の壁を超えたピュアな愛(メロドラマでもありますね)の物語が、ストーリーの起伏はとても少ないが、壮大なスケールと美しい映像で綴られてゆきます。

迫力の戦闘シーンとかは、そこにありません。映像中心に鑑賞すべき映画なのかもしれません。お芝居を、あたかもドキュメントのように撮った作品で、ワンシーン、ワンショットをゆっくりと、何度も何度も違う角度から見せます。ほんとに美しい。澄んだ大気まで感じられるよう。モーツァルトピアノ協奏曲が印象的に何度も使われます。さらにそこにノイズが重ねられる。それは「ノイズ=雑音」という意味ではなく、地球上の音という意味なのかな。

タイトルもうまくつけたと思う。新大陸にやって来たのは西欧人たちだった。しかしポカホンタスもまた様々な困難を越えて『New World』へと踏み出していったのだ。まだ見ぬものへの不安と憧れや夢。場所としてではなく、未来もまたその意味では『New World』だ。

コリン・ファレルは、相変わらずの野暮ったさだけど、この役には合ってたと思うし、クリスチャン・ベールが予想以上によかった。というより儲け役でしたね。ポカホンタスを演じた新人は、雰囲気は悪くないんだけど演技はもう一つでした。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。糖質制限 食品

関連商品を探す