こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,650
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: マルちゃん堂
カートに入れる
¥ 1,650
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: オーエス商店
カートに入れる
¥ 1,650
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: CD PLAZA WAVE
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ニュー・シネマ・パラダイス 完全オリジナル版 [DVD]

5つ星のうち 4.4 327件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:18¥ 1,108より 中古品の出品:7¥ 1,500より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック



登録情報

  • 出演: フィリップ・ノワレ, サルヴァトーレ・カシオ, マリオ・レオナルディ, ジャック・ペラン, アニエーゼ・ナーノ
  • 監督: ジュゼッペ・トルナトーレ
  • 形式: Color, Dolby
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 角川映画
  • 発売日 2009/06/19
  • 時間: 175 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 327件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0021ZMHOO
  • EAN: 4988126206987
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 1,992位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

初公開版に約51分、60カットを追加。感動がさらに深まる完全版
●初公開時より51分・60カットを追加。映画愛あふれる感動作に新たな1ページが刻まれる。 映画をこよなく愛する監督の感性が光る、完全版ロング・バージョン。初公開版に新たに約51分・60カットを追加、主人公トトの少年時代・青年時代のエピソードをより細やかに描き上げ、物語に一層の深みと新たな感動をもたらす仕上がりとなっている。

■ストーリー
シチリア島の小さな村にある映画館・パラダイス座。親の目を盗んではここに通いつめる少年トトは、大の映画好き。やがて映写技師の老人アルフレードと心を通わせるようになり、ますます映画に魅せられていくトト。初恋、兵役を経て成長し、映画監督として活躍するようになった彼のもとにアルフレードの訃報が。映画に夢中だった少年時代を懐古しつつ、30年ぶりにトトはシチリアに帰ってきた・・・。

■キャスト
フィリップ・ノワレ 、サルヴァトーレ・カシオ 、マリオ・レオナルディ、 ジャック・ペラン

■スタッフ
監督・脚本:ジュゼッペ・トルナトーレ
製作:フランコ・クリスタルディ
音楽:エンニオ・モリコーネ

内容(「Oricon」データベースより)

世界中の賞を総なめにした映画ファンなら知らない人はいない感動映画の金字塔。戦後間もないシチリアの小さな村で、唯一の娯楽はパラダイス座という映画館。その映画館を舞台に、少年と映画技師の心の交流を描く。廉価版。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
ありふれた愛情の中で淡々と生きているのがもったいない!と思える映画です。
それぞれの心は、自分が必死になってると見えないもので、少しでも余裕をもって心を開ければ…土地も風も、親も師も、昔の恋人も、自分の人生のかけがえのない財産だと思えるようになりました。

もっと愛情に向き合って素直に生きていこう、と感じられるように、「素直に観ること」をオススメします。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 完全オリジナル版と初公開版の違い。この映画をまだご覧になっていない方が一番気になる点だと思うが、
単純に長い、とか短い、だけの違いだけではない。オリジナル版でカットされた部分は、物語の主題にも大きく関わってくる重大なエピソードが入っており、これがあるかないかで全く主題が変わっているのだ。
 端的にいえば、トトの人生の中で映画と同じくらい大切な存在であったある女性との別れについて、初公開版では
語られなかった事実の存在が明らかになる。その事実とはアルフレッドのある行為だった。
 オリジナル版だけで明らかになるこの行為は、アルフレッドのトトに対する愛情には強烈な厳しさが伴っていたことを表現している。結果、ラストシーンにも、違った余韻を残すのである。
 初公開版を見、男泣きに泣いた何年か後、劇場公開された完全版を見にいった。全く違う印象で驚いた。
冗長だし主題が乱れているな、という印象を当時は受けたのだが、あれから10年。
完全版は完全版で、初公開版とは違った人生讃歌が読み取れるようになった。
 しかし、全く展開の違うどちらを見ても、それなりに色々なものを感じ取らせてくれる主人公のラストシーンの演技には脱帽。
すごすぎる。

 どちらを最初にみるべきかといったら、初公開版を先に見た方がいいと思う。シンプルに泣ける。気になる方はその上でオリジナル版を。
コメント 192人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
本当にひさしぶりの、名作との再会だった。
この作品には3時間近い“完全オリジナル版”もあって、どちらを観るべきか迷われることもあるかと思われるが、個人的にはやはり、まずはこの2時間ちょっとのバージョンから観ることをおすすめする。なんといってもここには“物語を簡潔に語ることの美学”がある。最初に劇場公開されたのはこのバージョンだし、ブルーレイもこちらのバージョンが先に出ている。

それにしても、なんといとおしく、チャーミングな映画だろうか。
登場人物たちの感情の流れ、心の動きが、痛いほどよく「わかる」。
そういったものがていねいに積み重ねられた結果としてあるのが、「もう、どうにでもして…」と(もちろん、いい意味で)言いたくなる、あのラストである。
この作品は映画への、そして映画を愛するすべての人への讃歌だ。
そして、アルフレードのような“人生の師匠”に出逢えたトトは、本当に幸せ者だと思う。

なお「新たにHDテレシネしたマスターに、入念に映像・音声の補修を加えたデジタル・リマスターを使用。映画本篇のみを収録しクオリティを追求。」と書いてあるだけのことはあり、音も画質も十分に美しい(音声はオリジナルのみで、吹替は収録なし)。
この商品が“SUPER HI-BIT EDITION”と呼ばれる所以(ゆえん)である。
コメント 108人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 久々に見て、やっぱり今回もまた、眼球が眼窩からぬるりと抜け落ちるかと思うほど泣いてしまった。 (;_;) (._.) ( _ ). .
 この作品からは、監督のジュゼッペ・トルナトーレ(思わず「どっちやねん!」とツッコミを入れたくなる名前だ^ ^;)の映画に対する愛情がひしひしと感じられる。

 青年となったトトがシチリアを離れようとするときのアルフレードのセリフ。大略次の通り。
「ここには戻るな。我々のことはすべて忘れろ。手紙も書くな。郷愁にくじけて戻って来てもうちには入れてやらん」「自分のすることを愛せ。それが何であっても。子どもの頃、映写室を愛したように」
 このあたりでもうすでに涙がとまらない。

 30年ぶりに故郷のジャンカルドに戻ったトトが、幼少期から青春期にかけて、自分の人生のすべてであった映画館の爆破に立ち会うシーン。すっかり年老いてしまった懐かしい故郷の人々が、唇をかみしめながら、崩れ落ちる映画館を見つめるその目に浮かぶ悲しみの色。
 嗚咽を抑えることができなくなる。

 ラストシーン。アルフレードが自分に遺してくれた形見のフィルム。スクリーンに次々と映し出される○○シーンを見つめながら感慨にふけるトトの表情。
 号泣また号泣。 

...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す


フィードバック