通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ニューモデル速報 第543弾 新型インプレッサのす... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆カバー状態/スレございます◆本文状態/書込みございません◆発送(完全防水、クリーニング)到着後、問題がございましたら誠意をもった対応致します。290412
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ニューモデル速報 第543弾 新型インプレッサのすべて (モーターファン別冊) 雑誌 – 2016/10/14

5つ星のうち 3.5 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
雑誌
"もう一度試してください。"
¥ 540
¥ 540 ¥ 248
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ニューモデル速報 第543弾 新型インプレッサのすべて (モーターファン別冊)
  • +
  • [新車速報ガイド] 新型スバル インプレッサ パーフェクトガイド (別冊ベストカー 新車速報ガイド)
  • +
  • SUBARU インプレッサ (カートップムック)
総額: ¥2,054
ポイントの合計: 65pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「スバルグローバルプラットフォーム」を初採用!
次世代スバルの胎動

国産車初の歩行者保護エアバッグ全車標準装備!

ドライビングインプレッション
ライバル車比較試乗
開発ストーリー
メカニズム徹底解説
デザインインタビュー
使い勝手徹底チェック
バイヤーズガイド


登録情報

  • 雑誌: 59ページ
  • 出版社: 三栄書房 (2016/10/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4779630800
  • ISBN-13: 978-4779630804
  • 発売日: 2016/10/14
  • 商品パッケージの寸法: 28.5 x 21 x 0.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5

トップカスタマーレビュー

形式: 雑誌
初代レガシィ発売以降ほぼスバル系のニューモデル速報を購入していますが・・・・
昔は最速の情報がこの手のニューモデル速報でしたが・・・
最近では、スバル車オーナーの評論家マリオ高野さん等自動車評論家のユーチューブの試乗動画の方が詳しい試乗レビューしています。
試乗は発売前の伊豆サイクルセンターのみで、実際に公道試乗してから販売して欲しい。
理由は公道の方が凸凹、段差など過酷な路面状況です。
これをいなせるか?は購入希望者には大きな問題です。
メカニズムも、もっと突っ込んだ質問等があってもいい筈。

実際、2016年10月14日発売のニューモデル速報 第543弾 新型インプレッサのすべてですが・・・
公道試乗は一般人の方が先になっています。
私も試乗しましたが・・・・
この車以前のスバル車とは明らかに別物の性能です。
高いレガシィやレヴォーグ系よりしなやかで、ギャップを吸収するサスペンション。
18インチでも普通の車の乗り心地です。
走りも別次元ですね。
ディーラーで確かめましょう。
このレビュー時点2016年10月27日でもマスコミの公道試乗記はありません。

2017年1月補足
やっとG4の18
...続きを読む ›
1 コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 雑誌 Amazonで購入
可も無く、不可も無く それが本誌の印象。
だって、いつもと同じだもん。

今回のインプレッサに関しては
SGP以外に、大きなトピックは案外と少なくって
でもよく検討すると、小さくて大きな変化はたくさんあります。
型式は一緒だけど、サスペンションも新規だし
エンジンもCVTも一応刷新されているし
でも、上屋の構造はレヴォーグとはあまり差を見いだしにくかったり
その辺り『どういう経緯でそうなったのか』とか
開発ストーリーにもっとドラマ性が欲しかった。

とはいえ、やっぱりいつもの安定感です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 雑誌
最近のモーターファン別冊ニューモデル速報は、ライバル車の比較や、評論家の文書が多く、技術的な解説が少なく感じます。
評論家の話は主観が多く、数値やメーカーの新型車解説などからに基づいた客観性を持った記事を期待します。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 雑誌
 幅=1775mm。10mm単位が原則の日本表記なら、本来は1780mmと表す所ですよね。つまりはレヴォーグ車格になった2016年グローバル・プラットフォームのインプレッサです。水平対向NAエンジンは、出足があまりよくないので、個人的には燃費向上目的でのダウンサイジング・ターボ導入を望んでいましたが、SUBARUには最初からその気は無かったみたいです。

 約150馬力でパワーは変わらず。燃費は微かに向上した程度。カタチは衝突安全性の縛りから、グリルが垂直に「ならざるを得ない」そうで、レヴォーグそっくり。特にリアはブレーキ・ランプも含めて、まんまレヴォーグで、外見的には、あまりBrand New!って感じがしません。デザインの方向性も、どこか柔らかさがあって綺麗だった先代と比べて、随分ムキムキになり、女性には受けなそう。

 先代のD型に乗っているので、買い換える気は全く無かったですが、あまり勧めるので、一応、ひと周り試乗はしました。車体の剛性が2倍近くなり、きちんとサスペンションでショックを吸収する様になったと、言われますが、悪路や高速を走った訳では無いので、感覚的には分からなかったですね。特に、ホイールが、更に大径になってしまったため、むしろ、より硬く感じたぐらいで。

 今回の新プラットフォームの最大の目的は、実は「
...続きを読む ›
2 コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告