Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 756
ポイント : 59pt (7%)
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[三栄書房]のニューモデル速報 インポート Vol.59 最新アウディA4/S4のすべて
Kindle App Ad

ニューモデル速報 インポート Vol.59 最新アウディA4/S4のすべて Kindle版

5つ星のうち 2.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 756
雑誌
"もう一度試してください。"
¥ 780 ¥ 500

紙の本の長さ: 96ページ
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

タブレット端末での読書には無料アプリ Kindle for iPadKindle for Android をご利用ください。


商品の説明

内容紹介

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

■見どころ:
ミドルセダンの新機軸、1.4TFSIとS4、オールロードも登場

■目次:
アウディA4のある風景
AUDI A4 魅力、さらに深まる
A4オールロードクワトロ もはや、メインストリーム
盤石のラインナップ、完成
Engineer Interview イエンス・ディートリッヒ・コトニック
1.4TFSI × 2.0TFSI 200㎞燃費テスト
ライバル比較試乗
AUDI S4 圧倒的な軽快感
使い勝手徹底チェック
未来のドライビングに導く安全・運転支援システム
メカニズム詳密解説
近江八幡へ
常に時代をリードするミディアムサルーン
Interview 斎藤 徹
アウディ正規ディーラー探訪記
アウディ全国正規ディーラー・ネットワーク
バイヤーズガイド
Accessories and Dress-up Parts Guide
プレゼントコーナー
縮刷カタログ

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 48250 KB
  • 出版社: 三栄書房 (2016/11/16)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01N417KHX
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 37,666位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 雑誌 Amazonで購入
内容に関しては先に記された方のレビューが順当な内容です
「A4/S4のすべて」としてフルラインナップ的に謳ってますが、実際はRS4が揃ってこそフルラインかもしれません
例によって評論(家)はアウディ故に、「デザインと先進性をほめる」というワンパターンではある
確かに内装は写真からも各世代魅力的な造形と素材とは思えます(使い易いかは?)、エクステリアは全世界各メーカーに影響を与えたシングルフレームがシャープになり下品さが和らいで収まりのきれいさが増しているような記述には納得
メカニズムはあまり魅力的(エポックな新鮮な内容など)なことが記されてはいない、細かい進歩的な機能はいろいろあるが「スゴイ」という印象のものではなかった
同車前著の「新型A4のすべて」がなかなか見事な読みごたえある編集内容だったので、本誌が総じて薄っぺらいカタログ本でしかない内容に思えてしまうが残念だった
結論は購入検討者以外、興味がなければ買うほどでないと感じましたが、個人的にはアウディのシンプルで大人しめなスタイルに魅かれ、過去モデルの80時代のB3型(またはB2)からA4シリーズ(否、アウディセダン全般)に連綿と続くスタイリングモチーフが好きなため、見て楽しむグラフ誌として購入しました

かつて私もA4クワトロに乗っていましたが、
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 雑誌 Amazonで購入
A4のモデルチェンジ時に「A4のすべて」で一度出ており、今回1.4LエンジンとS4の追加を受けて出たものだが車そのものの紹介は前書とほとんど変わらないし技術解説も今二つ物足らない。1.4LエンジンよりもS4にフォーカスを当てて徹底してほしかったのが読後の感想。A4に限らずアウディやボルボはカタログを開いてもその車の詳細がイマイチ分からないことが多い(特にメカニカル的な機能の紹介や各種装備の紹介)。知りたければセールスに聞いてくれなのかもしれないがこういった本で情報が欲しい方もいることだろう。ライバル車との比較インプレッションだって基本は持ち上げる記事にしかならないことは明白だからもう少しユーザーが知りたいであろう記事のウエイトを増やしてもらいたいと思う
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover