ニューポート・フォーク・フェスティバル 1963~... がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ニューポート・フォーク・フェスティバル 1963~1965 [DVD]

5つ星のうち 4.4 12件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 2,825より 中古品の出品:2¥ 2,590より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ニューポート・フォーク・フェスティバル 1963~1965 [DVD]
  • +
  • MTVアンプラグド [DVD]
総額: ¥6,350
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: ボブ・ディラン
  • 形式: Black & White, Color
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
  • 発売日 2007/12/05
  • 時間: 83 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 12件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000WPD35W
  • EAN: 4547366034707
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 34,222位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


1. イントロ/オール・アイ・リアリー・ウォント
2. ノース・カントリー・ブルース
3. 神が味方
4. 第3次世界大戦を語るブルース
5. デイビー・ムーアを殺したのは誰?
6. しがない歩兵
7. 風に吹かれて
8. ミスター・タンブリン・マン
9. ジョニー・キャッシュ
10. 悲しきベイブ
11. ジョーン・バエズ、インタビュー
12. 神が味方
13. 自由の鐘
14. 出ていくのなら
15. ラヴ・マイナス・ゼロ/ノー・リミット
16. アイドル扱い~体制側?
17. リハーサル
18. マギーズ・ファーム
19. ライク・ア・ローリング・ストーン
20. ミスター・タンブリン・マン
全23曲を見る

商品の説明

Amazonレビュー

ビートルズやエルヴィス・プレスリー以外に匹敵する者がいないボブ・ディラン。彼は新旧のレコーディング、本、ドキュメンタリー、特集映画などを、絶え間ないほど出し続け、音楽とポップ・カルチャーのファンを魅了し続けている。「ニューポート・フォーク・フェスティバル 1963-1965」は、この作品群に加わる価値ある1枚だ。この83分間の寄せ集めがディランの神話をますます輝かせるか、それとも単にその永続性を保つだけになるかは議論の余地があるが、魅力的な演奏がたくさん収録されていることは疑いようがない。ここには20曲近くが収録され、ロード・アイランドでのフェスティバルにディランが3年連続で出演した時の様子がカバーされている。すでに公開されたものもある(ほとんどがマーティン・スコセッシが監督した2005年のドキュメンタリー「ノー・ディレクション・ホーム」とフェスティバルのもう1人の責任者マレー・ラーナーが監督し、同じ年にリリースされたニューポートの記録DVD「フェスティバル」)。ディランの昼間の「仕事場」での演奏もあれば、夜のメインのステージでのパフォーマンスもある。完全なものもあれば、ぎこちなく中断されたものもある。素晴らしいものもあれば(「自由の鐘」1964年など)、そうでもないものもある(ジョーン・バエズがかん高いハーモニーを加えた仰々しい「神が味方」1963年など)。どちらにしても、ディランが本人の希望とは関係なく「世代の代弁者」の肩書きを背負っていた時代だ。63年には若くまじめなプロテスト・シンガーだった彼が、翌年には非現実的なアーティストに進化し、驚くばかりのリズムと頭韻、シンボルをほとばしらせ、「自由の鐘」や「ミスター・タンブリンマン」の素晴らしい言葉の流れが、作詞の概念をすっかり変えてしまったのが分かる。そしてもちろん、1965年にポール・バターフィールド・ブルース・バンド(バターフィールド本人はいなかったが)のメンバーがステージに合流し、ディランがアコースティック・ギターからエレキ・ギターへ転向したのも目撃できる。この伝説の(そして当時は不評だった)ギグからは2曲だけ収録されている。そして40年経った今、「マギーズ・ファーム」も「ライク・ア・ローリング・ストーン」も、ギタリストのマイク・ブルームフィールドの焼けつくようなソロにもかかわらず、さして特別な感じはしない。DVDのパッケージには、特典としてラーナーのインタビューとトム・ピアッツァによるライナーノートを収録したブックレットが含まれ、ディランを愛する老若男女にとっては必携のDVDにさらなる魅力を与えている。(Sam Graham, Amazon.com)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

アメリカを代表するアーティスト、ボブ・ディランが63年から65年にかけて出演した「ニューポート・フォーク・フェスティバル」の模様を収録。彼がアコースティックからエレクトリックへと演奏形態を変えた時期を捉えた貴重な映像が甦る。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ともぱぱ 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2007/12/7
Amazonで購入
以前、同じ監督の「ニューポート・フォーク・フェスティバル」のDVDを購入した時、PP&M等もよいがやはりディランの演奏に心惹かれ、折角の演奏場面が断片的に映画の要素として使われていたことを惜しく思ったものだが、ここに同フェスでのディランの演奏だけ(全演奏ではないが)を集めたDVDを入手できて夢のようだ。イントロのオール・アイ・リアリー・ウォントを除くとどれもフル・レングス・パフォーマンス。63年からは第3次世界大戦を語るブルース、しがない歩兵等のプロテスト・ソングを主に6曲。ステージにジョーン・バエズ、PP&M等をあげて風に吹かれてを歌う場面はディランのフォーク時代の頂点といえよう。64年からは悲しきベイブ、ミスター・タンブリンマン等移行期の4曲。自由の鐘がこの年のベストだろう。他に少しだがジョニー・キャッシュがくよくよするなよを歌う場面やバエズによるディランの物真似瞬間芸も含まれている。65年の6曲が本作のハイライト。昼間のソロ・アコースティックではラヴ・マイナス・ゼロに感激。そして歴史に刻まれた夜の部へ。ディランがエレキ・ギターを手にバンドで演奏するマギーズ・ファームとライク・ア・ローリング・ストーン、ステージに呼び返されたディランがアコギとハーモニカだけで演奏するイッツ・オール・オーバー・ナウ、ベイビー・ブルー等2曲は圧巻。伝説のブーイングはどの程度だったのか、最後の曲でディ...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Bob Dylanが1963年、64年、65年の「ニューポート・フォーク・フェスティバル」で歌った奇跡のDVDです。63年、64年のボブも最高ですが、65年のロック転向の聴衆のブーイングや、PPMのピーター・ヤロウの説得で再度一人で2曲歌う姿を見れるこの凄さ、彼の目から流れるのは涙なのか、汗なのか、正に鳥肌ものの映像です。音は以前ブートで聞いてはいましたが、映像でその状況を見れることの感激。出来たらノーカットのフルバージョンを見たい。ブートレグシリーズでいずれ発売されるのでしょうか?
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 モジョ 投稿日 2007/12/10
Amazonで購入
私たちが生きている時代にディランがまだ生きて活躍しているということ。
それは、シェイクスピアや、モーツァルトやなんかと同時代に生きていることと同じかもしれない。

63,64,65年のパフォーマンス。
デビュー2年目、まだまだフォークの新人だった63年は、終始なごやかなムードです。いかにもフォークのイベント。
64年、ファンたちの熱狂ぶりは凄まじいです。アンコールの嵐。司会者が「次の出演者が詰まっているからもう無理」との言葉にもファンは聞く耳持たず、ディラン本人が出てきてその場を収めることに。
65年、「ディランはもう社会に受容されて体制になったじゃないか」という若いファンの批評。でも、このときのディランはその体制=フォークという縛りから抜け出そうとした。
フォークフェスでバンドをしたがえ、大音量でエレキを使ったんだ。

エレキを使ったことに関してさまざまな逸話があるというこの時のパフォーマンス。
フォークという体制にエレキを持ち込んだんだから、リハの時の司会者も面白くない様子。
あまりのうるささにピート・シーガーがPAケーブルを斧で叩き切ったという話も。
「やらかした」ディランの結末は是非見てほしい。
それは涙なのか。
63年当時、22歳。6
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
サイ&バーバラ・リバコフが書いたディラン・ストーリーを高校時代に読んだ時、ニューポートの伝説のイメージが私の頭の中に生まれた。そして、その文章は長い間ディランのニューポート伝説の主な語り部としてそこに存続し続けていた。
 ディランはバターフィールド・ブルース・バンドを引き連れステージに登場数曲のロックを演奏、しかし無理解な聴衆はブーイングをし、彼はステージから降りていく。やがてピーター・ヤーローに説得されて彼は「すべてはおしまい」をアコースティック・ギターを持って歌いだすが、その目には涙が光っていたそうである。
 この話から、私はディランが自分の新しい音楽がニューポートの聴衆に拒絶された事に失望し打ちひしがれた様になって再びステージに上がったものと理解していた。しかし、このドキュメントから読み取れる彼の表情はザ・バンドとのイギリス公演での反応と近く、かなり落ち着いた表情をしており、むしろふてぶてしさも見て取れる。ようするに、彼は冷めた気持ちでニューポートに決別の歌を歌ったと言う方が正しい状況判断のように思えた。彼はあの時点で十分なプロフェッショナル・シンガーであったと言う事なのだろう。
こんな事が見て取れる事自体が当時からすれば驚きに値する事であるし、そんなフィルムが今まで眠っていた事にも口惜しい気持ちがする。
 最近ではアルバートホールでの
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック