ニューイヤー・コンサート2008 がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 当ショップの商品ページをご覧いただき、誠にありがとうございます。★帯なし★ ケースに微擦れがございますが、それ以外のブックレット、盤面2枚にキズ、汚れ等はなく良好な状態を保っております。レンタル落ち商品ではございません。Amazon配送センターから発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ニューイヤー・コンサート2008

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 5,180 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、☆丁寧梱包堂☆ 年中無休-迅速発送店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 2,500より 中古品の出品:6¥ 2,250より
【1,500円OFF】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の プレートル(ジョルジュ) ストア


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ニューイヤー・コンサート2008
  • +
  • New Year's Concert 2010 (Bril)
総額: ¥7,455
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2008/1/30)
  • ディスク枚数: 2
  • レーベル: UNIVERSAL CLASSICS(P)(M)
  • 収録時間: 109 分
  • ASIN: B000YY669Q
  • JAN: 4988005500991
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 292,424位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. ナポレオン行進曲 作品156
  2. ワルツ≪オーストリアの村つばめ≫ 作品164
  3. ラクセンブルク・ポルカ 作品60
  4. ワルツ≪パリ≫ 作品101
  5. ヴェルサイユ・ギャロップ 作品107
  6. オルフェウス・カドリーユ 作品236
  7. ギャロップ≪新聞広告≫ 作品4

ディスク:2

  1. オペレッタ≪インディゴと40人の盗賊≫序曲
  2. ワルツ≪人生を楽しめ≫ 作品340
  3. ポルカ・フランセーズ≪ブルエッテ≫ 作品271
  4. ポルカ・シュネル≪トリッチ・トラッチ・ポルカ≫ 作品214
  5. ワルツ≪宮廷舞踏会≫ 作品161
  6. ポルカ・マズルカ≪とんぼ≫ 作品204
  7. ロシア行進曲 作品426
  8. ポルカ・フランセーズ≪パリの女≫ 作品238
  9. 中国人のギャロップ 作品20
  10. 皇帝円舞曲 作品437
  11. ポルカ・シュネル≪インドの舞姫≫ 作品351
  12. ポルカ・シュネル≪スポーツ・ポルカ≫ 作品170 (アンコール)
  13. 新年の挨拶 (アンコール)
  14. ワルツ≪美しく青きドナウ≫ 作品314 (アンコール)
  15. ラデツキー行進曲 作品228 (アンコール)

商品の説明

内容紹介

ニューイヤー・コンサート 2008 [完全収録盤]

ジョルジュ・プレートル:指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:2008年1月1日 ウェーン、ムジークフェラインザール <ライヴ・レコーディング>


ニューイヤー・コンサート初演奏曲=*
CD 1)
1. ヨハン・シュトラウス2世:ナポレオン行進曲 作品156*
2. ヨーゼフ・シュトラウス:ワルツ《オーストリアの村つばめ》 作品164
3. ヨーゼフ・シュトラウス:ラクセンブルク・ポルカ 作品60*
4. ヨハン・シュトラウス1世:ワルツ《パリ》 作品101*
5. ヨハン・シュトラウス1世:ヴェルサイユ・ギャロップ 作品107*
6. ヨハン・シュトラウス2世:オルフェウス・カドリーユ 作品236*

7. ヨーゼフ・ヘルメスベルガー2世:ギャロップ《新聞広告》 作品4

CD 2)
1. ヨハン・シュトラウス2世:オペレッタ《インディゴと40人の盗賊》序曲
2. ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ《人生を楽しめ》 作品340
3. ヨハン・シュトラウス2世:ポルカ・フランセーズ《ブルエッテ》 作品271

4. ヨハン・シュトラウス2世:ポルカ・シュネル《トリッチ・トラッチ・ポルカ》作品214
5. ヨーゼフ・ランナー:ワルツ《宮廷舞踏会》 作品161
6. ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ・マズルカ《とんぼ》 作品204
7. ヨハン・シュトラウス2世:ロシア行進曲 作品426
8. ヨハン・シュトラウス2世:ポルカ・フランセーズ《パリの女》 作品238*
9. ヨハン・シュトラウス1世:中国人のギャロップ 作品20
10. ヨハン・シュトラウス2世:皇帝円舞曲 作品437
11. ヨハン・シュトラウス2世:ポルカ・シュネル《インドの舞姫》 作品351
アンコール
12. ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ・シュネル《スポーツ・ポルカ》 作品170
13. 新年の挨拶
14. ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ《美しく青きドナウ》作品314
15. ヨハン・シュトラウス1世:ラデツキー行進曲 作品228

メディア掲載レビュー

60年以上にわたる伝統を誇るニューイヤー・コンサート。2008年にウィーン・フィルが選んだ指揮者は、初登場にして史上最高齢のフランス人指揮者ジョルジュ・プレートル! ヨハン・シュトラウス2世の「ナポレオン行進曲 作品156)」や、ヨハン・シュトラウス1世がパリのコンサートのために作曲した「ワルツ≪パリ≫ 作品101」など、`フランス`をテーマにしたプログラムで楽しませてくれます。 (C)RS


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
今年のウィーンフィル・ニューイヤー・コンサートの指揮者はフランス人の大ベテラン、ジョルジュ・プレートル。ウィーン・フィルのニューイヤーでフランス人が指揮をするのは珍しい。第1部では「ナポレオン行進曲」「パリのワルツ」などフランスにちなんだ珍しい曲が並んだのはそのため。その第1部で最もポピュラーな曲はワルツ「オーストリアの村つばめ」だろう。いや驚いた。歌わせるところではぐっとテンポを落としてゆっくりと聴かせる。ふつうテンポをここまで落とすと曲が重く感じられるものなのだけれど、プレートルが振るとそうはならない。とてもチャーミングなのだ。これは第2部の「皇帝円舞曲」でもそう。ここを聴かせたいというのがはっきりとわかる。シュトラウス一家のワルツやポルカはもともと大衆向けのポピュラー・ミュージックなのだから、それでいいのである。小澤やヤンソンスみたいに真面目に音符の音をかっちり鳴らさせるだけではおもしろくない。今年の場合、常連ではないフランス指揮者ということで、ウィーン・フィルの個性と指揮者の個性とがぶつかり合いつつ音楽を楽しむという非常に素敵な演奏になっていた。
 カラヤンが指揮台に上ってからはニューイヤーの指揮台に立つことが名誉みたいになってしまった感があるけれど、今年のプレートルはそんなことを感じさせないチャーミングなコンサートにしていた。さすがは老巨匠。余裕があったということだ。音楽の楽しみ方を知っている指揮者という美質が前面に出たニューイヤー・コンサートなのである。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2008/1/11
形式: CD
今年ウィーン・フィルが選んだ指揮者は、フランス人のジョルジュ・プレートルだ。1924年8月14日生まれの彼はフランス人で初めてニュー・イヤー・コンサートを任されただけでなく、僕が知る限り最高齢である。どこまでやるか楽しみにしてみていたのだが、素晴らしかった。 ただし今年は特に下記のような映像的な特筆点が多くありCDでは全容は掴めない。絶対にDVDを選択した方がイイ。

ウィーン八重奏団の演奏会で観た人たちがあの時と同じように楽しそうに演奏していた。そして何と言ってもアンコール3曲が素晴らしかった。ニュー・イヤー・コンサートのアンコールは3曲と不問律で決まっていて、なおかつ2曲目は『美しく青きドナウ』、3曲目は『ラデツキー行進曲』と決まっている。と言うことで1曲目に何を持ってくるかと思ったら、何と『スポーツ・ポルカ』を持ってきた。これは、サッカー欧州選手権が2008年ウィーンで開催されることにちなんでらしいが、ウィーン・フィル全員がスポーツ・タオルを首に巻いて演奏し、途中でコンサート・マスタがふざけだすとすかさずジョルジュ・プレートルが胸からイエロー・カードを出し警告。負けずに最後にコンサート・マスタがプレートルにレッド・カードで『一時』退場となる。実に楽しい演出だ。

続けて2曲目のアンコール『美しく青きドナウ』ではこのワルツにあわせてウィー
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
なかなか活力のある若々しい演奏だったと思います。 83歳という年齢を感じさせない指揮ぶりで冒頭の、ナポレオン行進曲からエネルギッシュに曲を進めて行きます。 ワルツ自体は少し甘ったるく歌わせ過ぎな気がしましたが、コンサートはゆったりとしたムードでよかったです! 今年は指揮者がフランス人ということと、北京オリンピック、サッカー選手権オーストリア開催にちなんだ選曲、演出がありました。 スポーツ・ポルカで指揮者がサッカーボールを持って登場! 団員全員がサポーターのタオルを首にかけて演奏、途中コンマスのヒンクがタオルを振り回し応援を始めそれに対してプレートルはイエローカードを出すなど! そのほかに、パリのワルツ、中国人のギャロップ、ロシア行進曲など様々な国にちなんだ曲が楽しめます! そのほかに天国と地獄のカドリーユはオッフェンバックの喜歌劇「天国と地獄」のメロディーが次々と出てくる曲でお勧めです! 新年の始めにリラックスした楽しいそして様々な曲があり聞く価値ありです (^o^)
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告