通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ニッポンの(薬物)依存 がカートに入りました
+ ¥330 配送料
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 中古商品の性質上、折れや破れ、書込み、日焼け、水濡れ跡や若干の汚れなど、一部瑕疵のある商品であっても、お読みいただくのに支障がない状態であれば、販売をしております。また帯や商品内のクーポン券などをお付けできる保証はございません。なお、絵本などの一部書籍は表紙カバーがない状態でも販売している場合があります。シリアルコード、プロダクトコードの使用有無は保証しておりません。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


ニッポンの(薬物)依存 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2011/4/27


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥1,760
¥1,760 ¥198
この商品の特別キャンペーン SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大370円OFF。 1 件
  • SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大370円OFF。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

著者について

デーブ・スペクター
1983年米国ABC放送の番組プロデューサーとして来日する。母国アメリカにおいて日本語弁論大会で2年連続優勝の経験を持ち、現在も1日3~5語の新しい日本語を覚えることを日課とし、その卓越した日本語にますます磨きをかけている。ポイントを押さえた的確なコメント、鋭い批評は多方面から好評を博し、テレビ出演のほか、全国各地の公演や執筆活動等で多忙な毎日を送っている。2009年度オリコン「好きなコメンテーター」ランキング1位となる。

近藤 恒夫
日本ダルク本部代表 特定非営利活動法人アジア太平洋地域アディクション研究所理事長 医療法人社団 アパリクリニック上野 常務理事。日本カトリック依存症者のための委員会(JCCA)委員 85年、東京都荒川区に薬物依存症者の社会復帰を支援する「ダルク」を設立する。現在、58箇所の関連施設が全国各地で運営されており、「薬物依存症者の回復の権利」を求めて歩き続けている。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

スペクター,デーブ
アメリカ・シカゴ出身。日米交流の橋渡し役として、アメリカのテレビ番組や情報等を日本に紹介している。またアメリカのテレビ局ABC、CBS、FOX、及びイギリスBBCにて、日本国内の取材・調査やレポーターもこなし、数多くの日本テレビ番組、芸能、人物、ドキュメント、情報、ニュース等を紹介、国内外を問わず広く活動している。小さい頃から、アメリカで子役として舞台、テレビ、CMで活躍。その後、アメリカのメディア業界でテレビプロデューサー、放送作家として活躍

近藤/恒夫
1941年、秋田県生まれ。日本ダルク代表。特定非営利活動法人アジア太平洋地域アディクション研究所(アパリ)理事長。72年に覚せい剤を使用して80年に覚せい剤取締法違反で逮捕され、札幌地裁で有罪判決を受ける。再起を誓い、85年に薬物依存者の回復をめざした日本初の民間リハビリセンター「ダルク」を設立。薬物依存症者の社会復帰を支援する一方、厚労省の分担研究や法務省などの薬物関係の委員を務め、薬物依存症者の権利・地位向上を図っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません