ニウロマンティック ロマン神経症 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,100MP3アルバムを購入

ニウロマンティック ロマン神経症 Limited Edition

5つ星のうち 4.9 43件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,376
価格: ¥ 1,958 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 418 (18%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ニウロマンティック ロマン神経症
  • +
  • What,Me Worry?
  • +
  • 音楽殺人
総額: ¥5,943
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2005/3/24)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Limited Edition
  • レーベル: Sony Music Direct
  • 収録時間: 40 分
  • ASIN: B000793EB6
  • JAN: 4571191050939
  • 他のエディション: CD  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 43件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 25,406位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
6:03
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
2
30
4:38
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
3
30
5:05
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
4
30
3:48
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
5
30
4:26
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
6
30
5:31
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
7
30
3:42
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
8
30
2:34
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
9
30
4:51
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 

商品の説明

内容紹介

1981年発売のサード・ソロ・アルバム。先鋭的でポップな幸宏ワールド。坂本龍一、トニー・マンスフールド、アンディ・マッケイ、フイル・マンザネラ等が参加、ロキシー・ミユージックを想わせる、叙情的、かつ先鋭的な作品。リマスタリング、本人新インタビユー掲載。 ※その他のYMO関連商品は→こちら
※YMO第四のメンバー松武秀樹インタビューは→こちら
※初回盤(紙ジャケット仕様)は、なくなり次第、通常盤(ジュエルケース)に変更となります

メディア掲載レビューほか

1981年に発表した、高橋幸宏のサード・アルバム。坂本龍一、トニー・マンスフールド、アンディ・マッケイ、フイル・マンザネラ他参加による、全9曲を収録。 (C)RS


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
BGMの後とあって、「まるで処女の様な期待と不安が入り混じった様な」(笑)気持ちで針を落とした事を覚えてる。
TR-808とシンセがからむ音ではじまる「glass」。。
おおっ、やっぱり幸宏さんしてるー、ポップミュージックしてるーと安堵しつつ、曲が進んで行き、B面にしたり。。
ロキシーみたいな感じの「Drip Dry Eyes」が、Sandiiのよりも、深くて好きになった。
そして「Charge」に度肝をぬかれた。大村憲司さんのギターが鳴る鳴る〜^ - ^
ココでも三拍目のスネアドラムが。。
そうこうしているうちに、「Something in the Air」で「予感」と。
add9thの「甘い?」コード感がいやおうにもトニックに戻ろうとするのが腹の中で「Growing Stronger now〜」と畳み掛けてくる。あー、このLP買って良かった、幸宏さんありがとうございますってターンテーブルにお辞儀しました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
昔、中学生の時に購入したレコードとミュージックテープで
このアルバムをずっと聴いてきました。
私は中年おやじになりましたが、いまだ大好きなアルバムです。
最近CDも廃盤などが多くなってきていますので、
心配になりCDも購入しました。名盤ですよね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
BGMより良いって言ったら怒られるかもしれないけど、良い。
サウンドプロダクションはBGMのそれをそのままで(特にドラム)、思いっ切りあの時代のテクノの雰囲気に浸れる。
音数が多いぶん音フェチ度では、こっちの方が上かもしれない。
JAPANの「錻力の太鼓」をニュー・オーダーがぐちゃぐちゃにしたようなカオスな音空間が素晴らしい。

YMO3人の当時のソロ作を聴いて分かるのは、YMOの電子音の使い方で最も貢献していたのは高橋幸宏だという点。
坂本と細野は、ソロでは、こういう、ど真ん中のテクノアルバムを作ってないし、扱うシンセの音色も違う。
たしか、スケッチ・ショウでエレクトロニカを推し出したのも高橋だったはず。
シンセプーレーヤーとしての側面はあまり取り上げられないが、その時代の旬の音色に、敏感な人だ。

「Glass」なんて最近のレディオヘッドの「Staircase」という曲のサウンドに近く、JAPANを通じて隔世遺伝した影響が垣間見える。
当時のUKロックと比べても見劣りしない、時代を超えた本物の名盤だと思う。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
高橋さんのメロディラインは、私の脳裏の、好きなラインに妙にマッチングして、たまらなく好きなのです。
リアルタイムで聞いていたので、CDで久しぶりに聴いて文字通り感涙しました
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
一曲目から、故大村憲司氏のすごいギターが聴けます。
色々な意味でこのアルバムは特別な一枚です。
何と言うか、軽い気持ちで聴きたくないので
聴く前には、ついつい姿勢を正してしまうような。
「その日は、みんなでネ。」というコピーが示唆するように
幸宏さんの才能のみならず、細野氏や教授の絶妙な味付けや、
良き音楽仲間に恵まれて生まれた一枚なんだと
今ふたたび実感しています。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 gflow VINE メンバー 投稿日 2003/3/27
形式: CD
音的にはYMOの「BGM」に近い内容を持つ、81年の名作。フィル・マンザネラ、アンディー・マッケイなどのロキシー人脈の参加もなんだか豪勢だし、のちにa~haなどで当てるニュー・ミュージックのトニー・マンスフィールドも参加している。そんな豪華なミュージシャンを相手にも、幸宏はあくまでパーソナルで、マイペースな印象を受ける。ニウロマンテックなアンニョイや鬱をファッションというよりは音や思考で極めた儚げな世界。これ以降の数枚のアルバムの起源的な内容をもつだけに重要なアルバムである。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
3曲目のConnectionなんか狂ったように聴いていました。
ユキヒロさんの曲ってわかりやすいから好きです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
最近売れている幸宏のアルバムの中で、どうもこの作品がそれほど反響あるよ
うに感じないんだけれど(ビートニクスやYMOの作品に比べ)、個人的には
ある意味彼のベストの一つに数えられて良いアルバムだと思う。テクノチック
さたっぷりの音作りではあるけれど、ある種ヨーロピアンな感じを漂わせるポ
ップでアンニュイな曲が集められているこのアルバムは、「スタイリッシュな
テクノ」とでも言える彼独特のエッセンスが随所に散りばめられている。
特に1曲目の「Glass」や終曲の「予感」などはその代表作とでも言える
のではないか。彼独特のボーカルの弱さ(笑)を差し引いても彼ならではの
センスが全編に散りばめられた名アルバム。けだるい春(もしくは秋)の夕方
のひと時!など、BGMに流すにはもってこいのアルバム(誉めてます)。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す