通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ナンバー7 (1) (秋田文庫―The best ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品になりますので、多少のヤケ、傷み、キズ等はございます。掲載されている画像に関しては当店が登録しておりませんので、装丁等が異なる場合がございます。また、店舗でも販売しておりますので売り切れの際は返金いたします。 87972
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ナンバー7 (1) (秋田文庫―The best story by Osamu Tezuka) 文庫 – 2006/1

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 679
¥ 679 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ナンバー7 (1) (秋田文庫―The best story by Osamu Tezuka)
  • +
  • ナンバー7(2) (手塚治虫文庫全集)
総額: ¥1,543
ポイントの合計: 47pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazonランキング大賞 2016上半期】入賞発表!
和書総合は『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』 が堂々の1位。 和書総合ランキングへ

商品の説明

内容紹介

核戦争によって荒廃した地球に、人工冬眠によって百年後目覚めた七郎少年!! 彼は地球防衛隊となるが…!! SF大河ロマン!!

著者について

手塚 治虫
1928年、大阪府豊中市に生まれ、兵庫県宝塚市で育つ。大阪大学付属医学専門部を卒業後、医学博士号を取得。1946年、「マアチャンの日記帳」で漫画家デビュー。1962年には『ある街角の物語』でアニメーション作家としてもデビューする。おもな作品に、漫画では 『ジャングル大帝』『鉄腕アトム』その他多数、アニメーションでは『展覧会の絵』『ジャンピング』その他多数あり、全400巻の『手塚治虫漫画全集』(講談社)も刊行された。宝塚市には手塚治虫記念館がある。1989年に死去。 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。


登録情報

  • 文庫: 376ページ
  • 出版社: 秋田書店 (2006/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 425317888X
  • ISBN-13: 978-4253178884
  • 発売日: 2006/01
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,722,001位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
良くも悪くも、典型的手塚ヒーローSFものである。
インスパイアされているのは、ハインライン「夏への扉」か?

良い点は、とにかく脳天気というか、荒唐無稽というか、著者が作中で遊んでいる。
つまり、それだけ著者が、乗って、楽しんで書いていた、ということだ。
だからストーリーも、山あり谷あり、一難去ってまた一難という、まさに息つく暇もない、という充実ぶりである。
そして、スペースオペラだから、主人公の行動範囲が広く、雄大なスケールのイマジネーションだ。
しかも、グループものである。

悪い点は、まずSFとしては、科学的な嘘や矛盾が多すぎる、ということだ。
もちろん、フィクションなんだから、嘘がいけないわけではない。
多すぎる、というのがひっかかるのだ。
作品の質、レベルが、すごく低く見えてしまう。
それと、グループものなのに、個々の退院の個性がそれほど際だっていない、ということである。
顔と名前が違う以外、誰が誰でも同じである。

せっかくの設定、そしてカッコ良いコスチュームなのだから、もっと各隊員の個性を強調して、特技を持たせたら良かったと思う。
それと、あのイメージ実体化装置の活躍場が、もっとあっても良かった。
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック