Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,123

¥ 281の割引 (20%)

ポイント : 23pt (2%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[伊藤洋志]のナリワイをつくる 人生を盗まれない働き方
Kindle App Ad

ナリワイをつくる 人生を盗まれない働き方 Kindle版

5つ星のうち 3.7 53件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,123

商品の説明

内容紹介

仕事も、ほしい物も、自分でつくるのは面白い。
 「ビジネス」でも「ワーク」でもなく、「趣味」でもない。DIY・複業・お裾分けを駆使した「ナリワイ」をつくり、現代社会を痛快に生きる方法論。
個人レベルではじめられて、自分の時間と健康をマネーと交換するのでなく、やればやるほど頭と体が鍛えられ、技が身に付く仕事をナリワイ(生業)と定義。具体的なナリワイのタネを生活の中から見つけ、1つ1つを自分の小規模な自営業として機能させ、それらを組み合わせていくことで、「働くこと」と「自分の生活」を近づけることを目指す著者の、人生を使ってつくった渾身の「たたき台」。
 ポストグローバリゼーション時代の滋味溢れる働き方がここに。
 非バトルタイプのためのゆるやかな作戦!

内容紹介

仕事も、ほしい物も、自分でつくるのは面白い。

「ビジネス」でも「ワーク」でもなく、「趣味」でもない。DIY・複業・お裾分けを駆使した「ナリワイ」をつくり、現代社会を痛快に生きる方法論。
個人レベルではじめられて、自分の時間と健康をマネーと交換するのでなく、やればやるほど頭と体が鍛えられ、技が身に付く仕事をナリワイ(生業)と定義。具体的なナリワイのタネを生活の中から見つけ、1つ1つを自分の小規模な自営業として機能させ、それらを組み合わせていくことで、「働くこと」と「自分の生活」を近づけることを目指す著者の、人生を使ってつくった渾身の「たたき台」。
ポストグローバリゼーション時代の滋味溢れる働き方がここに。
非バトルタイプのためのゆるやかな作戦!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 5794 KB
  • 紙の本の長さ: 121 ページ
  • 出版社: 東京書籍 (2012/7/2)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00J7EEM3G
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 53件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 25,476位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
仕事に閉塞感を持っている全ての方々に読んでいただきたい一冊です。著者が30代の男性と言う発信なので、女性だったり、年代が違ったりする場合は、自分も実験台となってナリワイに挑戦すると良いと思います。都会に住む私でもこれからの働き方のヒントになりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
これまでのこと、これからのこと、家族の事、様々なことを考えるきっかけになりそう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
商店街でお店をしています。二十歳代の頃は大きな店舗を構えて、チェーン店にしてと考えていました。生業と家業と企業とどれが一番良いかと商店街の仲間で話し合ったこともありました。そのときは儲けを社会に還元する企業が一番と結論づけましたが、人間らしい生活には、この本にあるように生業が一番かなぁと感じています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
本を購入後、2年以上してからのレビューである。読後に何かモヤっとした感じが当然あるにはあったのが、現在のこの金の稼ぎ辛さと生活していくことの厳しさから完全に魅了・感化され、彼の著作、及びツイッターなどをフォローし、その生き方を自分でもできないか、と探った。

 著者は「ニートの歩き方」で有名なphaさんとも親交があるようだが、phaがやっていることは〝寄る辺〟の模索であろうと思う。例えば、全くの知らない人に欲しいものをリクエストするといった完全な〝物乞い行為〟などを実行しているが自分のプライドが邪魔して、全く真似ができない。
 「おにぎりが食べたい」と書き残し餓死した若者がいたことがニュースで取り上げられたことがあるが、実際、気持ちはわかる。プライドなど捨てて「おにぎりを下さい」と友人知人そして他人に言うことができれば彼は生きることができただろうが、私ももしかしたら餓死を〝仕方なく〟選ぶ可能性を感じた。

 しかし、この著者が提唱する生き方はそんな無駄なプライドを持った私などには非常に魅力的だった。何しろ仕事(と銘打っている)なのだ。物乞いでは無い。だが、やはり、これをしようとするとあるところで気づくのが「ナリワイ」は生業とは全く違うということ。ある意味、地方の有志に場所を無償で借り受けたりと、言い方を変えただけの寄る辺探しでpha
...続きを読む ›
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
仕事というものの本質や社会の構造変化などをとても的確にとらえているのではないかと思います。いちいちうなずきながら読みました。
しかし、著者本人の物欲が低く、ある程度のことは自分でやれば問題ない、というスタンスなので一般的な参考にはなりにくいかもしれません。
これが、本人もいわゆる都会的な生活も楽しみつつ、多様な収入源を持って比較的安定した人生を送っている、というのであればもっと面白かったんだけど。
読んでみて損はない。好き嫌いは分かれるけど、という本だと思いました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
著者は、社会人をバトルタイプと非バトルタイプにわけ、特に非バトルタイプの方に向けて提案をされています。

文字通り、激しい市場競争を勝ち抜いて成功したいという、気力と実力のあるバトルタイプの方には、
あまり参考にならないかもしれません。金銭や名声・権威・権力といった、現代の常識とされている成功とは価値観が異なります。
しかし、よくあるような、所謂、心の幸せがあれば、社会的成功なんて必要ないよね?というだけの内容でもありません。

市場の厳しい競争に参戦する意欲のない人や勝てそうにもない人、つまり非バトルタイプの方への生き方の一つの提案です。

最低限の生活の糧+αを、無理せず楽しみながら、獲得していきましょう。
そのために、ライバルのいない小さな仕事を、複数持ちましょうというのが、提案内容です。

一つの仕事だけで生計をたてようとすると(採算をとろうとすると)、ボリュームを確保するために、歪みが生じるというのは、
サラリーマンや自営業者、経営者の方も、薄々感じていると思います。
このボリューム確保を放棄することを、先ず、提案されています。ここは、潜在的にストレスを感じている方も多いと思いますので、
参考になるかと思います。同時に、所謂レッドオー
...続きを読む ›
1 コメント 151人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
伊藤さんと同い年のサラリーマンです。楽しく読ませて頂きました。長くサラリーマンを、特に大企業で慢性的に長時間労働をやっていると様々な理由で仕事以外のことについて思考停止してしまう。そして本当に自分が何をしたいのか、どんな事を楽しいと思っていたのかよく分からなってくる。

今は駐在員として アメリカに住んでいるが、アメリカ人は本当に人生を楽しんでいる。彼らの多くは床はりくらい自分でやるし、友達の家の改築なんかにも手伝いにいったりしている。細かい仕上げなんか気にせず大雑把だが問題ないレベルであるし、誰も文句は言わない(自分たちでやったのだから)。そしてやはりパーティーをやる。仕事も長時間やることはない。一部のWall Streetなんかで働くエリート人間以外は終業時間になればそそくさとオフィスを去って庭仕事や家の修理、ボートで釣りに行ったり馬の世話をしたり。彼らは他人の仕事に支配されていない。自分の生業を別に持っているケースも稀ではない(アメリカでは会社員も公務員も副業OK)。以前会った消防士はロブスターを獲る漁船のオーナーでもあった。伊藤さんのような考え方はアメリカ人の多くが持っていて、実践可能である。そのような土壌がある。

日本ではそれが難しい。特に有名大学を出て大企業に入ってしまった人間でさらに35歳までそのままサラリーマンをしてしまった
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover