通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ナラティヴ・メディエーション: 調停・仲裁・対立解... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ナラティヴ・メディエーション: 調停・仲裁・対立解決への新しいアプローチ 単行本(ソフトカバー) – 2010/10/1


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥ 3,456
¥ 3,456 ¥ 1,948

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「1629」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • ナラティヴ・メディエーション: 調停・仲裁・対立解決への新しいアプローチ
  • +
  • 話がこじれたときの会話術:ナラティヴ・メディエーションのふだん使い
  • +
  • 調停にかかわる人にも役立つメディエーション入門
総額: ¥8,208
ポイントの合計: 118pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ホモ・デウス テクノロジーとサピエンスの未来 (上)(下)巻セット
私たちはどこへ向かうのか。「サピエンス全史」の著者が語る未来。 ⇒ 詳しくはこちら

商品の説明

内容紹介

日常的な対人的葛藤から国際紛争まで,
教育現場から医療領域まで,
人々の内に在る欲求や動機を動かしがたい前提とする従来の調停理論を離れ,
理解・敬意・共同を基盤としたオルタナティヴなストーリーを
柔軟に紡ぎ直す新たな試み。
社会構成主義の認識論に根ざし,
調停者に強力な言語的ツールの数々を体系的に提供する。


◆主なもくじ

日本の読者のみなさまへ
まえがき

第1章 ナラティヴ・メディエーションとは
●物語化する過程
●密接に絡みあった物語に隙間を広げていく
・調停における関係をつくり上げていく
・外在化する会話法
・対立している当事者における対立の歴史の影響を描写する
・解決と結びつく物語を構築していく
・文化的な規定を解体する
・支配的なディスコースに名称をつける
●グレッグとの脱構築する会話
●フィオーナとの脱構築する会話
●子どもたちの声を取り入れる
●家族での面談
●同意に向けて
●好ましい物語を持続していく
●筋書きを膨らませていく
●将来を物語っていく

第2章 ナラティヴ・メディエーションの理論的,哲学的論点
●問題解決アプローチに組み込まれている前提
●問題解決モデルに見られる前提への批評
●社会構成主義の諸原則
・反本質主義
・反現実主義
・思考の前提条件としての言語
・社会的行動のひとつとしての言語
●ナラティヴの視点から見た対立
・ディスコース
・脱構築
・多様な主観性と自己の性質
●調停における政治性
●物語の比喩

第3章 ナラティヴ・モデルによる調停
●ナラティヴ・メディエーションの過程の概要
・支配的なディスコース
・代わりのディスコース
●契約段階
・当事者に会う前に
・最初の面談
・契約段階の儀式
・調停を強制されたクライアント
・正当な参加者に対して調停を行なう
・調停をするべきではない時
・契約を交わす
・物理的な環境
・関係を構築していく実践
・物語を語っていくことへの招待
●対立の染み込んだ物語の脱構築
・位置づけへの要請
・関係を構築していく実践
・対話していく実践
●代わりの物語(オルタナティヴ・ストーリー)を構築する
・まだ語られていない体験を探し出す
・新しい物語を発展させる
・代わりの物語を(オルタナティヴ・ストーリー)発展させるのに使用される質問の種類
・同意を構築する
・変化を文章化する

第4章 利権意識
●利権意識の種類
・性差に基づく利権意識
・人権による利権意識
・その他のアイデンティティによる利権意識
●利権意識とエイジェンシー
●利権意識が暗示するもの
●家父長制に基づく利権意識の調停
●失敗から学ぶ
●ディスコースのパターンを理解する
●関係のモデル
●支配的なディスコースを脱構築する
●時間軸を圧縮する
●代わりの物語の発展によって利権意識に取り組む

第5章 ナラティヴ・メディエーションにおける関係性の文脈
●信頼
●省みること(内省)
●好奇心
●敬意

第6章 対立を和らげる
●ディスコースを聞き取る
●外在化する会話法
●問題を名づける
●問題を歴史化する
●影響相対化質問法
・問題がその人に与える影響を描写する
・人が問題に与える影響を描写する
●対立の染み込んだ物語の望ましさを査定する

第7章 隙間を広げる
●問題を判断していくように当事者を招き入れる
・ユニークな結果
・意味をつくり上げていくことへの誘い
・同意を強調していく
●行為の風景と意味の風景
・行為の風景
・意味の風景
・2つの風景の間に物語を織り込んでいく
●ユニークな結果を探し求める
・歴史的に見ていくユニークな結果
・調停へ参加することをユニークな結果として見なす
・差違のニュースとして使える資源としての他の人間関係
・問題に影響を受けずに存続している人間関係の領域
・意味の風景におけるユニークな結果
・ユニークな結果としての考えや意図
・他者の行動におけるユニークな結果
・内在化された他者への質問

第8章 勢いをつくり出す
●よい物語をつくり上げていく例
・調停
・希望を言葉にしていく
・歴史的文脈に問題を位置づける
・問題からの影響を描写する
・ユニークな結果に反応していく
・当事者間の「文法上の一致」をつくり出す
・変化への基盤を構築していく
・分かち合う意味づけをつくり上げる

第9章 泥沼からいかに抜け出すか
●善意の不在
●調停に参加する動機
●問題の周辺を慎重に進む
●相手の関心事を真剣に受け取らない場合
●暴力の予兆
●宗教原理主義に取り組む

第10章 進展を文書化する
●解説
●物事を文章化する利点
●手紙を書く目的
・承認するために
・問題からの影響を描写するために
・問題を歴史化するために
・ユニークな結果に光を当てるために
・調停過程への同意を強固にするために
・同意を記録するために
・力の行使方法を脱構築するために
●まとめ

おわりに

翻訳者あとがき

内容(「BOOK」データベースより)

日常的な対人的葛藤から国際紛争まで、教育現場から医療領域まで、人々の内に在る欲求や動機を動かしがたい前提とする従来の調停理論を離れて、理解・敬意・共同を基盤としたオルタナティヴなストーリーを柔軟に紡ぎ直す。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 270ページ
  • 出版社: 北大路書房 (2010/10/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4762827290
  • ISBN-13: 978-4762827297
  • 発売日: 2010/10/1
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 543,703位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう