中古品:
¥ 440
+ ¥ 0 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【送料無料】ケース、ディスク1枚、説明書付きです。状態は汚れ、スレ、使用感等があります。 初期動作のみ確認済みです。そのほか見落としがある場合があります。日本郵便のゆうメールかクリックポストで発送致します。簡易梱包での発送となります。ご注文お待ちしています。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ヴィーナス&ブレイブス~魔女と女神と滅びの予言~

プラットフォーム : PlayStation2
5つ星のうち 4.0 66件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:7¥ 7,980より 中古品の出品:45¥ 100より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。


製品情報


登録情報

  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B00006L42M
  • 商品重量: 200 g
  • 発売日: 2003/2/13
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 66件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 14,006位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonより

   2000年に発売された『7<セブン>~モールモースの騎兵隊~』の戦闘システムを継承した、群像ドラマチックファンタジー『ヴィーナス&ブレイブス~魔女と女神と滅びの予言~』。100年にわたる大災厄の予言を回避するため、仲間たちと戦いに挑んでいくという、壮大なスケールの作品だ。

   本作は、従来のRPGのように経験を積むほどに能力が高まるのではなく、年齢と才能で能力が決定される。主人公であるプレイヤーさえも、年をとると急激に能力が衰えるという、シビアなシステムとなっている。強い騎士団を維持するためには、仲間を若いうちに引き入れ、積極的に世代交代を繰り返そう。

   ユニークなのが、騎士団の人間関係を表す「ゲシュタルトボード」。仲間同士の親密度が位置で示され、距離が一定まで近づくとイベントが発生する。友情イベントが発生して「友情状態」になると、精霊を使った「招喚攻撃」も可能に。また、異性の仲間同士では、恋愛、結婚、出産イベントも出現する。本作は、ネットワークサービス「PlayStation BB」にも対応。(田中あきら)


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

このゲームは、人を選ぶゲームだと思います。
このゲームをプレイすると、人生の中で1番面白いゲームと感じるか、そこら辺にごろごろしているただの駄作と感じるかの、どちらかだと思います。
自分の場合は前者でした。

ゲームの内容に触れると、ストーリーは感動ものですね。不老不死の主人公が、百年後にふりかかる災厄を止めるために、百年間戦い続ける…。中盤以降はグタグタですが、序盤とエンディングは結構良いです。

戦闘は、ローテーションバトルというのを採用していて、最初は戸惑いますが、ハマると病み付きになります。

システムは、時間の概念を取り入れてるので、主人公以外は年をとります。基本的に主人公以外のキャラは、成長期→停滞期→衰退期と言った感じに、パラメータがそれに伴い変動していきます。
ですので、衰退期に入ったキャラは退団させて、新たな人員を確保するのが、必要になります。
このゲームの魅力であり、欠点でもあると思います。

そのほかでは、結婚や親友等の要素があります。
親密度が一定値以上になると、異性だと結婚イベント、同性だと親友イベントが起きます。これは結構重要です。
結婚すると子供を産ませて、入団させることができますし、親友になると精霊を召喚できるよ
...続きを読む ›
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この作品は本当によかったです。結構長く楽しめました。
やり込みや細かい作業が好きな方はハマるんじゃないでしょうか。
好みが分かれるかもしれませんが、私としてはお勧めです。
難易度自体はセブンに比べれば下がっているのかな?
一枚絵が多いですが、描写が細かく、彩色も綺麗だったので気には
なりませんでした。逆に一枚絵だからこその魅力があるかと思います。
そして音楽が素晴らしく、ゲームの独特の雰囲気を盛り上げてます。
音楽と文章をかみしめるような形のイベントシーンが多いですが
読み聞かせのような感覚があるので、それが苦な方にはちょっと
つらいかもしれません。
中盤以降は魔物退治が多くなってきたり、敵が強くなったりしますが
二世を育てて、うまく配置していけば大丈夫かと。
団員同士の人間関係はプレイヤーとしては感慨深いものがあります。
確かにメインキャラもあればもっとよかったのですが…
長い戦いの末にエンディングで明かされる出来事、そしてアリアの
言葉には思わず涙してしまいました。買ったけど未クリア、という
方も、ぜひエンディングは一度見ていただきたいです。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
2001年、その独特の世界観と濃密な2Dグラフィック、さらに神秘的な音楽とナレーションに加え、バトルは前、中、後列に並んだ自軍の編成をローテーションするかしないかを決めるのみという斬新かつ雰囲気の良いファンタジーRPG 7~モールモースの騎兵隊~ が発売されました。
あまりにも個性的すぎるのでセールス的にはそうでもありませんでしたが一度やると病みつきになる面白さです。
今作は完全なる7の続編でストーリーは100年間生き続けて闘い続けなければならないという主人公になりきるもの。その中で様々な苦悩と先に死んでゆく仲間にはさまれ苦悩を味わう主人公と前作同様の非常に完成度の高いBGMにプレイヤーは魅了されることだと思います。
バトルではローテーション(今では招換獣など、一発逆転要素も追加)を行うのみなのでバトルにはいる前の綿密なキャラの配置が生死を決めます。
前作では短いストーリーに添うパートとその後の何年間も闘い続けるけれど明確なストーリーがないパートに別れていましたが今作ではそれが融合。
余りある良質の世界観にプレイヤーを長い時を駆けて引きずり込んでくれます。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
斬新な戦闘も楽しかったのですが、特に私は美しいメロディーとともに語られるもの悲しく切ないストーリーに惹かれました。不老不死の主人公と、時の流れと共に老いて死んでいく仲間達。まるで自分ひとりだけが世界から取り残されていくような虚無感。仲間達のキャラ立ちが上手いので、いつのまにか感情移入してしまい、彼らの成長や別れに一喜一憂したものです。
100年間闘い続けるというストーリーなので、当然主人公は何十人もの仲間達と出会い、別れます。ふと昔の仲間を思い出し、感慨にふけったりもします。個人的に一番好きなのは、主人公がある人物を寝ぼけて100年前の仲間と間違えるところです。これを見て、「主人公の時は止まっているんだな」と涙しました。
まぁ欠点がないわけではありません。細かいところでストーリーには矛盾点が存在しますし、イベント以外の仲間たちとの別れや葬式シーンに対する主人公の態度が一般兵のそれと変わらないなど…。特に最大の欠点はイベントが極端に少なくなる中盤。引き伸ばしの感が否めません。当方のように、主にストーリーに重点を置いてプレイしてきた人間にはかなり辛いものがあると思います。ただ、ここで投げ出すのはあまりにもったいないと思われますので、中盤に入るまでは楽しかった方、どうか最後までプレイしてあげてください。ここを乗り切ればかならず報われます。
FFのような派手さ
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー