ファミリースタジアム がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ファミリースタジアム

プラットフォーム : FAMILY COMPUTER
5つ星のうち 4.8 13件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 9,330 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、スマイルサポートが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
  • FAMILY COMPUTER
  • ファミリーコンピュータ用カセット
  • ナムコ
  • 野球
  • 4907892000223
新品の出品:3¥ 8,980より 中古品の出品:357¥ 1より

Amazonランキング 売れ筋ゲーム
Amazon.co.jpの売れ筋ランキングでゲームのベストセラーをチェック。ランキングは1時間ごとに更新されます。 今すぐチェック

キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


製品情報


よく一緒に購入されている商品

  • ファミリースタジアム
  • +
  • スーパーマリオブラザーズ
総額: ¥22,310
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • ASIN: B000068H2Q
  • 発売日: 1986/12/10
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 4,824位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

基本的には前作のマイナーチェンジ版となっている。主な改良点・相違点としては、打者のバッターボックス内での移動範囲が狭くなり、前作よりも投高打低になっている点が挙げられる。また、画面中の表示では打率・本塁打・防御率の表示が「AV→.(小数点)」「HR→本」「AV→防」にそれぞれ変更されている。 球場は前作と同じピッカリ球場のみであるが、ナムコットスポーツ掲載の収容人数が3万→4万に増加している。 球団数が前作の10から12に増加している。但し、当時の日本野球機構(NPB)加盟12球団が出揃った訳ではない。 ナムコスターズは前作に引き続いての登場であるが、本作が初登場となるアメリカ大リーグの選抜チーム・メジャーリーガーズは160km/h台の剛速球を投げるエースのらいあん、全選手中最多の61本塁打を誇る5番のまくが(4番はかあたあが務めている)を筆頭に、投打のいずれも飛び抜けた能力を誇る選手が揃っている。


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

ファミコン初の、プロ野球をモチーフにした野球ゲーム。
といっても、これ以前には任天堂ベースボールしかなく、それには選手個人のパラメータも無ければ継投も代打も無く、左右はランダムというものでした。
普通の野球としても、スピード感があって、いくつもの攻略法があり、やりこめばそれだけ面白くなるゲームでした。
慣れてコンピュータには100%負けなくなっても、対戦で人間同士の駆け引きを楽しめました。
この面白さは、他社の野球ゲームにも長期間無かったのです。
後に出たファミコンの野球ゲームで、ファミスタと同等の面白さを持っていたのは「ベースボールスター」だけでしょう。
さすがに今では古さを感じますが、これだけ長く遊べたゲームは今でもそれほど存在していません。
個人的には、今でもパワプロよりは面白いと思います。
ところでこのゲーム、プロ野球をモチーフにしながら、容量の関係で10球団しかありません(しかも1チームはオリジナルの「ナムコスターズ」)。
当然、どこかで端折らなければ収まりません。
そこで用いられたのは、一部の球団を合併させるという手段。
鉄道会社が母体の「レイルウェイズ」と、食品会社が母体の「フーズフーズ」。
これは、今思えば「大予言」ですね。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
パワプロが今までの野球を変えたように、ファミスタも野球ゲームを変えた。
実名で無いにせよ、その遊び心のあるネーミングは、ファンの心をくすぐりました。
全球団登場しないので、パ・リーグに連合軍が登場。
今の巨人のようなとんでもない面子が揃っています。
アウトになってベンチに帰るスピードが速いなど、ツッコミ所満載でまさにゲームとして確立していました。
リアルさだけが、ゲームの面白さでは無い。
このゲームは、それを物語っています。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
野球ゲームと言えば、これ。これしかない。トータルバランスでこれを超え
るものは見たことない。

 このゲームを作った人は天才ではないかと思いましたね。友人との対戦で特
に熱くなりましたね。
青春時代の懐かしい思い出です。ゲームのテンポが非常によく、一試合測った
ように15分前後で終了するのが、いまだに不思議です。選手キャラもうまくデ
ィフォルメしており、リアルさとはまた違った可愛らしさがあります。
 
 このゲームが他の野球ゲームに与えた影響は大きく、選手の能力パラメータ
ーが固定されており、欠点はあっても個性的な選手、個性的なチームを上手く
使って勝利を目指すスタイルが確立されました。

 「ばあす」とか、「おちあい」など信じられないくらいピンポン球のように
飛ばすやつもおれば、足が異常に速いスーパーカートリオとか、とても打ちに
くいアンダースローの「やまだ」とか、ボールがグニャグニャまがる「きたべ
っぷ」とか、代打に「おう」がいるとか、個性的ですよね。
 ダブルプレーだの、盗塁だの、ランダウンプレー、トリックプレーだのいろ
いろできる自由度に本当に驚いたものです。大画面から小画面の画面も切り替
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
当時の私は小学生。プロ野球は何となくは知ってたけど、あまり細かいルールとか選手などは分かってませんでした。

そして、何となく親に買ってもらったこのソフト。

あまりに打ちすぎる「ばあす」「おちあい」「ぶうま」。
何故か現役復帰している「おう」。
異常にカーブが曲がる「えがわ」。
ものすごいインパクトでした。
当時は「おおいし」と「ぶうま」が同じチームにいても何も分かりませんでした。

そして少しずつ興味を持って観るようになったプロ野球中継。
父親から「これが槙原だよ、たつのりは原のことだよ」などと教えてもらって、更に興味が増しました。
このゲームに出会わなければ、プロ野球に興味を持つ事はなかったと思います。
30年くらい経ってますが、まだ箱もソフトも綺麗なままです。思い出がたくさんあるゲームですから、ずっと保存するつもりです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー