通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ナマコを歩く―現場から考える生物多様性と文化多様性 がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2011年発行初版3刷。【表紙】ヤケ、スレ、縁に色落ち・ヨレあり。【上・下・側面】シミ、薄い黒シミ、ヤケ、クスミ、スレあり。【本文】角にヨレあり。アマゾンより発送になります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ナマコを歩く―現場から考える生物多様性と文化多様性 単行本 – 2010/5/10

5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,808
¥ 2,808 ¥ 800

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ナマコを歩く―現場から考える生物多様性と文化多様性
  • +
  • ナマコ学―生物・産業・文化
  • +
  • ナマコ漁業とその管理-資源・生産・市場 (水産総合研究センター叢書)
総額: ¥12,852
ポイントの合計: 268pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

鶴見良行著『ナマコの眼』から20年。
水産資源の減少と利用規制が議論されるなか、グローバル化時代のナマコをめぐるエコ・ポリティクスを追う。

村井吉敬氏推薦
“ナマコにとりつかれ、ナマコを歩いた。
海の底からワシントン条約も「食の戦争」も見えてくる。
「グローバル・ナマコ」はガラパゴスも利尻島も巻き込んでいる。”

地球環境問題が重要な国際政治課題となるなか、ナマコも絶滅危惧種としてワシントン条約(CITES)による利用規制が議論されるようになった。
生物多様性の危機が叫ばれ、野生生物保護の枠組みづくりが進められているが、そこにはそれらの生物資源を利用してきた人びとの視点が欠如してはいないだろうか。
ナマコのグローバルな生産・流通・消費の現場を歩きながら、資源利用者が育んできた固有の文化をいかに守り、地域主体の資源管理を展望していけるのかを考える

【キーワード】
ダイナマイト漁/サンゴ礁破壊/コモンズ/オープン・アクセス/資源の自主管理/持続的利用/ガラパゴス/ナマコ戦争/フスクス・ナマコ/ワシントン条約(CITES)/生物多様性条約/ナマコ潜水漁/南沙諸島/利尻島/辺境学/漂海民サマ(バジャウ)/生物多様性/文化多様性/環境主義/地域環境主義

内容(「BOOK」データベースより)

水産資源の減少と利用規制が議論されるなか、ナマコをめぐるエコ・ポリティクスを追う。グローバルな生産・流通・消費の現場を歩き、資源利用者が育んできた固有の文化をいかに守り、地球主体の資源管理を展望できるのかを考えた。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 392ページ
  • 出版社: 新泉社 (2010/5/10)
  • ISBN-10: 4787709151
  • ISBN-13: 978-4787709158
  • 発売日: 2010/5/10
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.4 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 215,743位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
5
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(5)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
著者さんにお目にかかる機会があったので、興味があって購入。食をテーマにアジアの文化を研究されているとのこと。
読むのが楽しみです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
見事な本である。本書は「ナマコ研究」、すなわちナマコをめぐる諸相を読み解いたものである。しかし本書は、狭義の研究内容をまとめた学術書にとどまるものではない。それはナマコというものの「ありかた」をつうじて、私たちの生きる現代社会によこたわる、「生物資源は誰のものか」、「生物多様性保全と文化多様性保護はどのようにあるべきか」などの諸課題が、どのような複雑な関係性や由来のなかで展開されているかを、豊かな視点と事例から解きほぐしている。ナマコはどのように獲られ、どのような経路で流通し、どのような嗜好のなかで、どのようにして食べられれているのか。赤嶺氏は、アジア太平洋を縦横にかけめぐり、見聞と思索を深めてゆく。読みすすめるうちに、私たちもナマコをめぐる世界を共に旅するような冒険と知的興奮に誘われ、また考えさせられる。学術書でありながらも、きわめて読み易い文章である。これは赤嶺氏の研究が、地域研究における確かな蓄積、幅広く柔軟な視座、事象の本質を掴む感度の良さ、そして明確な問題意識、などに裏打ちされた、良質かつ本物の学問であるからこそ可能なものである。本書ではまた、学問のあり方自体を考えさせられる「問い」も、数多く含まれている。ぜひとも、多くの人に読んでいただきたい一冊である。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 よく調べていると感心しました。北海道でナマコ加工をしている業者が言うのですから間違いありません。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
同書は生物多様性について、なまこを通して各地に根付く文化的側面を考察している。
ワシントン条約においても絶滅危惧種になりうる危機にあるなまこ。
その背景にある乱獲、自然破壊・・・
個人的には、食におけるなまこの料理法など興味深く拝読させていただきました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Gori トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/5/12
形式: 単行本
著者は食いしん坊である、本書は食いしん坊でなければ出来ない仕事である。
文化的考察や生物多様性からの考察も大切だろうが、
私は時折顔を出す、著者の食べている姿が想像できるところが、
微笑ましくも楽しい。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告