通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ナポレオン~覇道進撃~ 12巻 (ヤングキングコミ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: [特記]ゆうメールにて配送のため日祝配送不可。配送日及び時間指定はできません。また郵便追跡はできませんのでご了承ください。■中古商品の場合、擦れ・日焼け・多少の汚れ等、経年による劣化ががございます。帯・ハガキ・チラシにつきましては、原則付属致しません。全ての商品はアマゾンコンディションガイドラインに準じて出品を行っているものとなります為、事前の状態・仕様のお問い合わせにはお答え致しておりません。詳しくはAmazonマーケットプレイス コンディション・ガイドラインをご確認下さい。「限定」「初回」などの表記があっても特典や内容物のない場合がございます。■ご注文後、駿河屋からメールが届かない場合はメールアドレスの誤登録、受信拒否設定の可能性がございますのでご確認ください。■弊社サイトと併用販売を行っているため、品切れの場合はキャンセルとさせていただきます。■毎朝7時の受信のため7時を過ぎてからのお問い合わせ、ご注文は全て翌日の扱いとなります。■お客様ご都合のご返品の場合、送料と手数料を差し引いた金額のご返金となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ナポレオン~覇道進撃~ 12巻 (ヤングキングコミックス) コミックス – 2017/2/28

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミックス, 2017/2/28
"もう一度試してください。"
¥ 621
¥ 621 ¥ 530
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ナポレオン~覇道進撃~ 12巻 (ヤングキングコミックス)
  • +
  • ナポレオン~覇道進撃~ 11巻 (ヤングキングコミックス)
総額: ¥1,242
ポイントの合計: 38pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

レーゲンスブルク戦でナポレオンの最も優秀な元帥にして唯一無二の友であるランヌが遂に死亡。
ナポレオンはヴァグラムでランヌの仇討ちを決意!
読むだけで歴史が学べる1冊!


登録情報

  • コミック
  • 出版社: 少年画報社 (2017/2/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4785959703
  • ISBN-13: 978-4785959708
  • 発売日: 2017/2/28
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 むらさめ 殿堂入りレビュアートップ100レビュアー 投稿日 2017/3/4
戦場における、最も罪深い行為は、未だ敵と戦う力を有していながら、眼前の敵に怖気づき、尻尾を巻いて逃げ出すことだ。
一般に「敵前逃亡」と呼ばれる、この行為は、銃殺刑と相場が決まっている。
しかしながら、ナポレオンはオーストリア帝国相手のヴァグラム会戦において、練度の低い敵前逃亡兵たちに、こう命じた。
「お前たちは先の戦闘で、「勇気」を最前線に置き忘れてきた」「明日、その「勇気」を取り戻してこい」
「誰だって死ぬのは怖い」「しかし実戦経験を積んで練度が高まれば、自分や相手の「死」に次第に慣れてゆく」
「だが決して慣れてはならないことがある」
「それは、「臆病者」呼ばわりされることだ」「相手に「臆病者」呼ばわりされたなら、その場で、その相手を殺せ」
「失われた「勇気」は奪い返すしかないのだ」と。
「覇道進撃」第1巻時点の世界観の解説が思い起こされる。
「19世紀初頭におけるフランスは男性原理の時代だった」「命を惜しむ男は馬鹿にされる」「それは死よりもつらかった」。

オーストリア帝国の政治家であるクレメンス・フォン・メッテルニヒは、
ナポレオンの頭を悩ませていた、彼の後継者問題、すなわち「世継ぎ」問題に対し、
あのマリー・アントワネットを大叔母とする、マリー・
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
新しい境地に至ったフーシェ先生と長谷川先生の今後の活躍に期待です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
歴史好きにはたまらない時代
男達が熱く命をかけて生きた時代の漫画です。
とても素晴らしい漫画なのに、電子書籍化だけが遅いのが難点。
何故同時発売してくれないのか。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告