¥ 607
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ナポレオン ~覇道進撃~ (7) (ヤングキングコ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ナポレオン ~覇道進撃~ (7) (ヤングキングコミックス) コミックス – 2014/8/30

5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 607
¥ 607 ¥ 69
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ナポレオン ~覇道進撃~ (7) (ヤングキングコミックス)
  • +
  • ナポレオン ~覇道進撃~ 8巻 (ヤングキングコミックス)
  • +
  • ナポレオン~覇道進撃~ 6 (ヤングキングコミックス)
総額: ¥1,824
ポイントの合計: 59pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

フランス革命後の新展開突入! ! ナポレオンの黄金期が始まる! ! 帝王の破天荒な生き方を見習えッ! ! いよいよ遂にナポレオンは皇帝に! ! 学校の世界史の授業でも学んだ有名な戦いが盛りだくさん! !

出版社からのコメント

作品連載は、少年画報社発行の月刊漫画誌「YK・OURS」(通称・アワーズ)です。なんと、あのタカラジェンヌの皆さんも読んでいただいているようですッッ! !


登録情報

  • コミック: 189ページ
  • 出版社: 少年画報社; B6判サイズコミックス版 (2014/8/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4785953713
  • ISBN-13: 978-4785953713
  • 発売日: 2014/8/30
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 CSM-101 投稿日 2014/9/11
形式: コミック Amazonで購入
マルボ男爵が子どもたちに物語る
かみ馬リゼットの思い出話がとてもステキ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
前章1巻から登場し続けるハゲ頭の偉丈夫、タヴーが表紙の第7巻。

本巻の見所はなんと言っても、対プロシア戦、イエナ・アウエルシュタット会戦でのタヴーの活躍でしょう。
旧態依然としたプロシア軍とはいっても、2倍近い敵軍主力を単独軍団で相手取ることとなったタヴー。

「いつもどおり戦え」
「ベルナドットなど当てにならん!援軍はないと思え!」
「貴様は負けるために戦っているのか!?」

と、名言のオンパレード!未だかつて、こんなにかっこよく髪の毛が散っていく漢がいただろうか!
結果、タヴーの活躍はプロシアへの決定的な一撃となりました。
そしてこの戦いで、ビクトルも狙撃という隠れた才能を徐々に発揮しはじめました。

ほかのエピソードでは、ジェノバ篭城にも登場した青年兵・マルボの話や、タレイランの「政治は女です」発言、そのタレイランを師と呼び始めた女性関係に悩むウジェーヌなどなど。
出世コースから外れたマルモンの胸中も明らかに。
あと若干ですが、スルトは雲行きが怪しくなってきました。

ちなみに、裏表紙には男装の麗人のようなプロシア王妃・ルイーゼが描かれていますが、本編では上は胸の谷間を強調した騎兵服に、下はスカートという珍妙な格好で登場していました。かわいい。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
回顧録を書いたマルボの視点で語らせるのはうまい手法だと思った。
年表になる程の事件でなくとも個性的な将兵を掘り下げられるし、本編の幕間に別視点から語られるのもまた一つの歴史。
ビクトルがさりげなく出てくるのも、馬すら長谷川マジックで猛獣と化してるのも実にらしくて良い。
一人前の変態ことウジェーヌの真っ当な成長や、皇帝とマルモンの過激なふれあいも読んでいて感じるものがある。

今回のナポレオンは敵味方で主力部隊を勘違いしつつもプロシア軍をコテンパンに負かすのだけど、獅子奮迅の活躍をしたダヴー師団の描写がややあっさりしてたかな、と。
既に外伝の主役を張ったとはいえ、不滅の三人ともども孤軍奮闘するダヴー師団をもっと濃密に見たかったというのが小さな不満。

裏表紙にも描かれた王妃ルイーゼがヒロインっぽく目につくのは伏線かも。着替えにドレスに軍服、あざといけどかわいい。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告