中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ナニワ・モンスター 単行本 – 2011/4/21

5つ星のうち 3.2 25件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 780 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

関西最大の都市・浪速で新型インフルエンザ「キャメル」が 発生した。経済封鎖による壊滅的打撃、やがて仄見える巨大な 陰謀。ナニワの風雲児・村雨府知事は、危機を打開できるのか? 村雨が目論む、この国を破滅から救うための秘策とは――。  近未来を透視するメディカル・サスペンス!

内容(「BOOK」データベースより)

新型インフルエンザ「キャメル」患者が発生した浪速府。経済封鎖による壊滅的打撃、やがて仄見える巨大な陰謀。ナニワの風雲児・村雨府知事は、危機を打開できるのか?村雨が目論む、この国を破滅から救うための秘策とは―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 377ページ
  • 出版社: 新潮社 (2011/4/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103065737
  • ISBN-13: 978-4103065739
  • 発売日: 2011/4/21
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 13.8 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 25件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 510,196位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
ナニワの医療関係者としては、読まないと・・・・・
最初は面白いと思った海堂氏の小説は、いつもAiです。
彼が、Ai(autopsy imaging)を社会で認識させるために小説家になられたことは理解できますが、ここ何年か読もうとも思わなかった。今回は、「ナニワ」「インフルエンザ」の謳い文句に誘われ読み始めました。どなたか退屈な出だしと論評されてましたが、下町開業医の日常とは退屈なものです(笑)。私は、楽しく読ませていただきました。逆に、途中で雲行きが怪しくなり、どんどん斜め読み状態でサラッと・・・結局はAiを司法の元に置くのか医療として独立させるのかという難しい問題定義で終わり。
そして、浪速経済封鎖や厚生官僚逮捕といった巨大なテーマをAiにくっつけるのは、東日本大震災によって中止になった関西の社員花見くらいには関係あるのかな。
小説なんだから拘りを捨てて・・・・楽しくなくっちゃいけません(それじゃ海堂小説じゃないのかもね)。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2012/3/22
形式: 単行本
出だしは良かったと思います。

ロビンクックの医学ミステリーを読んでいるような気持になりました。

しかし、読み進む内、いつもの”AIが必要””政府/行政はけしからん”という論調になり、
独りよがりの主張に固執していき、嫌悪感をもちました。

「その理由でこれをするのはおかしいでしょ」と思う点が多く、共感できませんでした。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
バチスタシリーズと比べるとひどく退屈極まりなく、
「新型インフルエンザ」騒動をなぞっているだけのように
思われました。魅力ある強力な主人公が不在のため、
薄い群像劇のようになってしまい残念。
海堂先生は好きですが、この作品は人には薦められません。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
スカラムーシュ彦根の活躍ぶりが際立った作品でした。
大阪地検特捜部が出てきたので、「実際の事件もヒントになさったのか?」と思って読んだのですが、後書きで、「雑誌掲載作のため、実際の事件よりも先に書いていた」と知り、ビックリしました。
ただ、新型インフルエンザ「キャメル」患者を最初に発見してしまった、病院がその後どうなったかが大変気がかりというか、もう少し、病院のことも書き込んで欲しかったという点で☆一個引き。村雨知事は彦根先生をどう使うか…自作に期待します。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
中盤は面白いのだが序盤の退屈な感じがなんとも・・・しかも最後は得意の尻切れトンボなかんじなのでイマイチな感じですね
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
新型インフルエンザ、地方独立、医療問題と色々な題材を取り入れた秀作

作者の海道さんは、チームバチスタでクリーンヒットを出し
最近ではジーンワルツなど、医療関係の作品が多い人です。

この作品のあら筋は、まず、新型インフルエンザが浪速のとある小さい
診療所で発生することから始まっています。まず、そのインフルエンザ
に関わる話が進行していきます。
 そして、何故か優秀な検察官が浪速に行くことになり、浪速の知事に
諭され、何故か厚生労働省にガサ入れすることになります。
 最後にそれらの謎解きが、地方の問題を紐解くことにより縺れた
糸がほぐれ、関連性がわかるような構成になっています。

 もともとが、雑誌の連載の単行本化であるためか、すこし
切れ切れ感があります。が、この作者が持つキャラクターの
面白さ、スピード感は健在です。が主人公が3人いるような
構成なので、主人公ベースで読もうとする私にはつらい構成です。
また、最終の謎解きの部分が、極北クレーマーのように行政に
対する、幼稚とも感じる結論なので残念感は覚悟しながら
読むことになります。

 とはいえ、この作者にはめずらしく、
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
他のレビューにもありましたが、途中は結構おもしろいのに、
最後が「ええっ!?」というくらい尻切れトンボ。
いつも残念です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 KosH 投稿日 2011/5/1
形式: 単行本
医療の問題に、世界の笑いものになったインフルエンザ防疫対策、大阪地検不法逮捕など現実の事件が絡まり、虚々実々の世界がくり広げられる。鎌方検事が登場する中盤から物語にフィクション性が付くと共に迫力を増すので、一気に読みました。映画になれば、かなり面白いのではと思いました(橋下知事が本人役は無理としても出てくれるのでは?)道州制の現実の動きとも関連しているが、著者が最も言いたいのは検死制度を悪用すればさらに医療崩壊が進むというメッセージと受け取りました。久山町研究は医療者以外にはわかりにくいでしょうが、大河内という名前も「白い巨塔」の硬骨漢の病理教授と同じ名前であるのはオマージュでしょう。現実の諸問題と照らし合わせて読むことが出来る一方で、エンタテーメント性も十分と思います。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー