Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,944

¥ 216の割引 (10%)

ポイント : 19pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[クリストファー・マクドゥーガル]のナチュラル・ボーン・ヒーローズ 人類が失った"野生"のスキルをめぐる冒険
Kindle App Ad

ナチュラル・ボーン・ヒーローズ 人類が失った"野生"のスキルをめぐる冒険 Kindle版

5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,944

商品の説明

内容紹介

300万部の世界的ベストセラー『BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の“走る民族”』に続く最新作!

1941年5月、地中海の要衝クレタ島に侵攻したヒトラーは、24時間以内の制圧を命じた。しかしそれは、歴史に残るレジスタンス戦の幕開けとなった。のちのニュルンベルク裁判で死刑を宣告されたナチスの最高司令部総長は、クレタの抵抗がなければ「戦争の勝者はちがっていた」と嘆くことになる―。安穏に暮らすクレタの羊飼いたちは、なぜ一夜にしてウルトラランナーとなり、30kgの荷物を背負って雪に覆われた崖をよじ登り、ゆでた干し草だけのわずかな食料しか摂らずに夜を徹して80km以上を走り、ゲシュタポの暗殺部隊に追いつめられながら伝令として山々を駆け抜けられたのか?歴史を変えた“クレタ走り”、都市を野生のジムに変える“パルクール”、強さと耐久力の源泉となる“筋膜”と“脂質”、現代に蘇る“スーパーフード”、人類が知る唯一の動き“ナチュラルムーブメント”―失われた“英雄”のスキルを探しに新たなる冒険へ!

内容(「BOOK」データベースより)

1941年5月、地中海の要衝クレタ島に侵攻したヒトラーは、24時間以内の制圧を命じた。しかしそれは、歴史に残るレジスタンス戦の幕開けとなった。のちのニュルンベルク裁判で死刑を宣告されたナチスの最高司令部総長は、クレタの抵抗がなければ「戦争の勝者はちがっていた」と嘆くことになる―。安穏に暮らすクレタの羊飼いたちは、なぜ一夜にしてウルトラランナーとなり、30kgの荷物を背負って雪に覆われた崖をよじ登り、ゆでた干し草だけのわずかな食料しか摂らずに夜を徹して80km以上を走り、ゲシュタポの暗殺部隊に追いつめられながら伝令として山々を駆け抜けられたのか?歴史を変えた“クレタ走り”、都市を野生のジムに変える“パルクール”、強さと耐久力の源泉となる“筋膜”と“脂質”、現代に蘇る“スーパーフード”、人類が知る唯一の動き“ナチュラルムーブメント”―失われた“英雄”のスキルを探しに新たなる冒険へ!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 3244 KB
  • 紙の本の長さ: 352 ページ
  • 出版社: NHK出版 (2015/8/28)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B012LAH9SW
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 45,768位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
この本にはいくつも入口がある。
身体論、スポーツ、古武術、生物学、ヒトの進化、解剖学、栄養学、戦史、冒険小説、興味分野がそれぞれに異なる持つ人たちを惹きつける入口が。
いったん入り込むと中は迷宮だ。
自分が選んだ入口からの道は交錯し、途中で広くなったり狭くなったりするが、ある瞬間、読者は広間にいる自分に気づく。
人間の本質とは何か?という古来からの疑問の回答がもしかしたら積み上げられているかもしれない広間に。
本書は迷宮のように、例えばクレタ島のクノッソス宮殿のように構成されている。

前作[BORN TO RUN]も、この[NATURAL BORN HEROES]でも、マクドゥーガルの執筆の根底にあるのは次のような疑問だろう。

運動に関して世間一般で正しいとされていること、それは本当に正しいのだろうか?
出鱈目で無茶苦茶で無謀な身体的な試み、そこには重要な鉱脈が未だに気付かれることなくひっそりと発見を待っているのではないだろうか?
チンパンジーと共通の祖先から分かれて500万年ほど独自に進化してきたわたしたちヒトという動物にとって[自然]な状態とは、この身体を最も有効に活かす環境や技能とは、それはいったいどのようなものだろうか?

[なぜ私の足は痛む
...続きを読む ›
1 コメント 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
第2次世界大戦時におけるギリシャのクレタ島の羊飼いと英国特殊部隊のエージェントたちの驚異的なレジスタンス活動の秘密を解き明かすことが本書のメインテーマだ。羊飼いたちは食料も殆どもたずに驚異的なスピードで縦横無尽にクレタ島の山中を駆け回りドイツ軍を混乱と恐怖に陥れる。果たしてそれは如何に可能になったのか。
途中、ブルースリーの流派である永春拳や都市をフィールドとして自由自在に駆け回るヤマカシのエピソードを織り込みながら、本来人間が潜在的にもっている運動能力を解き明かしていく。それはジムのマシンによる反復的なワークアウトによる筋肥大を目指す現代の流行へのアンチテーゼとなっている。そもそも人間は野山を駆け回って狩猟生活を送っていたのではないか、ナチュラルムーブメントに基づく運動能力こそが危機にある仲間や家族をを助けることのできる英雄(英雄のみならず我々)が必要としている運動能力であるというメッセージでもある。
読み進めていくにつれ、クレタの羊飼いたちの驚異的な行動時間と走行能力は炭水化物ではなく、自らの脂肪をエネルギーにかえていた、という秘密が明かされていく。その理論的根拠となるのがマフェトン理論だ。糖質を制限することで体内にある脂肪を優先的に使用するように体を順応させる。
そして物語のクライマックスへと繋がっていく。クレタ島のレジスタンスの活動物語と
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
物語として読むか、指導書として読むかどちらの面も持つ本。
食事や体の動かし方の描写は魅力的で小学生の時のように一見無駄で危ないと思われる体の動かし方をしたくなる。
食事に関しては科学的な裏付けはないので妄信してはいけないと思うものの、試してみたいと思った。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover