通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ナチュラルキス 〈5〉 (エタニティ文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 綺麗です。書き込み等ございません。エコ包装のクリスタルパックもしくはプチプチにて丁寧に梱包し封筒にて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

ナチュラルキス+〈5〉 (エタニティ文庫) 文庫 – 2014/6/10

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 691
¥ 691 ¥ 166

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ナチュラルキス+〈5〉 (エタニティ文庫)
  • +
  • ナチュラルキス+〈4〉 (エタニティ文庫)
  • +
  • ナチュラルキス+〈6〉side Keishi (エタニティ文庫)
総額: ¥2,073
ポイントの合計: 33pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ずっと想いを寄せていた沙帆子と結婚することになった啓史。生徒と教師の関係、という問題を抱えながらも、ようやく両家の顔合わせまでこぎ着けることができた。しかし、結婚式が間近にせまりつつあるというのに、肝心の彼女の気持ちがわからない。そこで彼は沙帆子の真意をはかるべく、ある賭けに出ることに。沙帆子の本当の気持ちは?そして二人の未来は?平凡な女子高生とちょっと意地悪な先生の胸キュンラブストーリー、待望の男性視点第五弾!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)


2005年6月、webサイト「やさしい風」にて、恋愛小説の掲載を始める。インターネット上で爆発的な人気を誇り、「PURE」にて出版デビューに至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 333ページ
  • 出版社: アルファポリス (2014/6/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 443419271X
  • ISBN-13: 978-4434192715
  • 発売日: 2014/6/10
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 278,001位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 まっしゅ VINE メンバー 投稿日 2011/1/26
形式: 単行本
<このレビューをお読みいただく前に>

こちらは沙帆子編である「ナチュラルキス」に対するレビューです。
アマゾンさんの手違いで 啓史編である「ナチュラルキス+」のレビューとしても掲載されてしまっています。
この件については 3度(!)もアマゾンさんに訂正をしていただくように申し出ています。
にもかかわらず 「ナチュラルキス + 」が発売になるたびに 間違った移行がされてしまいます。
アマゾンさんとしては 根本的に訂正するおつもりなどないのでしょう。

再度申し上げますが このレビューは沙帆子編の5巻に対してのものとなります。

* * * * * * *

沙帆子編の最終巻。
とうとう 佐原との結婚式・披露宴、そして・・・。

今巻は 「ベタ甘・ゲキ甘」 というより 「切なさ」かな。

愛娘を嫁に出す沙帆子の父母の心情はもとより
沙帆子を想う気持ちは十二分にあれど 
沙帆子は自分をそれほどまでに想っていないのではないかと、
ひょっとしたらこの結婚をやめると言い出すのではないかと恐れ、焦燥感にかられる佐原。
愛されている自信の無さから 
ずっと一緒にいたいという気持ち
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告