通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ナタリーってこうなってたのか (YOUR BOOK... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 エブリ堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため、使用・経年による劣化(折れ、ヤケ等)付属品なしなどがある場合がございます。カバーのデザインが、商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。アマゾンの基準にて販売させていただいております。書き込み、しみ、やけなどがまれにあるものもございますので、その際はご了承くださいませ。■こちらの商品は、メール便(追跡機能がございません)で発送予定でございます。あらかじめご了承ください。ゆうメールやDM便にて配送させていただいておりますが、局留は配送トラブルをさけるため受け付けておりませんのでご了承ください。配送は土日祝日においては配送されないこともございますので到着が注文確定から商品到着まで最長3から7営業日を要する場合がございます。また値札ラベルがあるものの販売をしている商品もございますので、そちらについてはあらかじめご了承くださいませ。48時間以内に発送をとらせていただいております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ナタリーってこうなってたのか (YOUR BOOKS 02) 単行本(ソフトカバー) – 2014/8/20

5つ星のうち 3.9 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 92

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ナタリーってこうなってたのか (YOUR BOOKS 02)
  • +
  • 新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス)
総額: ¥2,484
ポイントの合計: 75pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が予約開始
新作長編「騎士団長殺し」が2月24日に発売。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

月間3000万強のPVと90万人のTwitterフォロワーをもつ、ポップカルチャーのニュースサイト「ナタリー」。
大ヒット映画『モテキ』の舞台にもなるなど、カルチャーファンからの認知は絶大だが、ただ閲覧者が多いのみならず、
「ナタリー、ありがとう! 」と単なるニュースサイトの枠を超えて「愛され」ている稀有な存在でもある。
星の数ほどあるメディアの中で、なぜナタリーだけがここまでの「共感」を勝ち得たのか?
その秘密を、創業者にして音楽ナタリーの編集長でもある大山卓也氏が初めてちゃんと振り返る、待望の初単著。

津田大介氏(ジャーナリスト、ナタリー共同創業者)×唐木元氏(コミックナタリー編集長)という、
最も近くで著者を見てきた2人による特別対談「大山卓也ってこうなってたのか」も収録。
「インターネットの時代に、誰かになにかを伝えること」にかかわる全ての人が必読の、刺激的なメディア論。

[プロローグ]不思議なサイトになったもんだ
[第1章]ナタリー前夜
ファンだから「もっと知りたい」
とにかく意識は低かった
「批評をしない」音楽サイト
「誰もやっていないなら自分がやるしかない」
「♪ピロリン」で決まった名前
一瞬で生まれた「ナタリー信子」

[第2章]とにかくコツコツやってきた
給料8万円の代表取締役
「ファン目線」が受け入れられた
ポップカルチャーの連峰を目指して
おやつナタリーの顛末
ずっとじわじわ続いている

[第3章]ナタリーがナタリーである理由
ナタリーがナタリーである理由
読者を信じるということ
無色透明でありたい
ナタリーに「載っているべきこと」
みっともないことはしたくない
基礎体力の大切さ
戦争の終わりを告げるニュースキャスター
過剰さを求める理由

[第4章]「やりたいこと」より「やるべきこと」
自分が読みたいインタビュー
「自分」がないのが自分らしい
ぬるいものはダサい
永遠に足りない
ウェブだからこそできること
ドヤ顔だけは見せたくない

[第5章]これからのナタリー
早すぎたチャレンジの数々
「新しさ」の次の価値
自分で見つけることの楽しさ
せっかくだから見てほしい

[特別対談]大山卓也ってこうなってたのか
津田大介×唐木 元

内容(「BOOK」データベースより)

派手なギミックも、耳目を集めるゴシップもない。ただ淡々と毎日更新してきただけのカルチャーニュースサイトが、読者やアーティストの信頼を獲得し、「ナタリーありがとう!」と言われる唯一無二のメディアに成長した理由とは?これまで語られてこなかったその全容と、インターネットメディアを「次」へと進める強い確信が初めて明かされる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 184ページ
  • 出版社: 双葉社 (2014/8/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4575307009
  • ISBN-13: 978-4575307009
  • 発売日: 2014/8/20
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 118,297位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ポップカルチャーのニュースサイト、「ナタリー」創設の経緯や「ナタリー」が持つニュースサイトとしての信念を本書から知ることができます。
好きなアーティストの情報を得るために「ナタリー」を頻繁にチェックするようになり、次第に「ナタリー」というメディアそのものに興味を持ってしまった方にお勧めの一冊です。
また、ポップカルチャーの最前線を追い続けるニュースサイトの創設者である大山卓也の人物像を伺い知ることができ、ナタリーの一読者として非常に興味深かったです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
ニュースサイト「ナタリー」の立ち上げから現在に至るまでを淡々と、
そしてあけっぴろげに(何度か訪れた倒産危機や給料事情まで)書かれている。

雑誌や新聞などのオールドメディアの存在が揺れている中、
ウェブメディアに希望を託す人も多いが、
実際に成功をしているかどうかは、外から判断のつきにくいところだ。
そうした意味でも、本書は必然と注目が集まるものだろう。

本の筆者、そしてナタリーを運営するナターシャの代表である大山さんは
メディアファクトリー(現:KADOKAWA)で雑誌編集者を経て独立した人。
もともとは個人で制作していた「ミュージックマシーン」というサイトを発展させ、
ナタリーをつくりあげた。

それが今や、20名を超える編集スタッフを抱える、
メディアになったのだから夢のある話しだ。

しかし、その内情は決して容易なものではなく、
ビジネスモデルの構築など、相当に苦しんだ部分が滲む。
そして、その過程を見せてくれたからこそ、本に書かれた情報は貴重で価値がある。

中でも印象的なのが、いかに台所事情が厳しい時でも、
ナタリーは情報の裏どり、連絡、取材を強い意志を持って
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ナタリーの成り立ちについて、よくわかります。
文章からだけの判断ですが、非常に率直に語っているように思えました。
本書の中で語られる、ナタリーの哲学は、メディア関係者なら、読んで色々と思うところがあるのではないかと思います。

巷に溢れる、サラリーマンのメディア編集者や代理店出身者がメディアの将来を予測しているような本よりも、よっぽど得るところは大きいと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
実にフラットな視座。
多くの作り手が「自分を表現しなければならない」というまったく不要な呪縛にとらわれていることをあらためて実感。
「書き手の思いはどうでもいい」
「やりたいことではなくファン目線」
という、当たり前のようで、とても大切な忘れかけていたものを思い出させてもらいました。
事を成す人は、やはり本質を見失わないのですね。
淡々と丁寧に積み重ねられた努力の結果は、多数の人たちに希望を与えると思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
自分は最近ナタリーを知り、この本を手にとってみましたが
どのような編集方針でナタリーが運営されているか
どういう成り立ちがあるのかが、
読みやすい文章で書かれており、面白かったです。

記者の意見なども入れず、
ナタリーの記事を読んだ人が感想や論評すればよい
という姿勢を貫いている様子が書かれており、
実直な姿勢なのが好感持てました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック