ナカバヤシ キャパティ ドライボックス 11L グ... がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,836
+ ¥ 540 関東への配送料
発売元: ビックカメラ
カートに入れる
¥ 1,854
+ ¥ 540 関東への配送料
発売元: 株式会社コジマ
カートに入れる
¥ 2,225
+ ¥ 460 関東への配送料
発売元: オフィス・ジャパン

ナカバヤシ キャパティ ドライボックス 11L グレー DB-11L-N

5つ星のうち 4.2 584件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,669 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 1,669より
11リットル
グレー
  • メーカー型番: DB-11L-N
  • 本体寸法・重量: W306×D486×H138mm、1.12kg
  • 本体内寸: W251×D403×H100mm
  • 材質: 本体/ポリプロピレン、フタ・止具/ハイインパクトスチロール樹脂、パッキン/シリコンゴム
  • 容量: 約11リットル
  • 湿度計本体材質: スチロール樹脂
  • 乾燥剤付(再使用可能)、湿度計付


【最大50%OFF】ホーム&キッチン サマーセール
夏のセール開催。キッチン用品・食器、インテリア・雑貨、家具、寝具、収納用品などお買い得商品が多数。7/31(日)まで。 今すぐチェック
マーケットプレイスからの新品/中古品購入は簡単&安全!

キャンペーンおよび追加情報

サイズ名: 11リットル | 色名: グレー
  • ナカバヤシのAmazon.co.jp公式ストア:  フエルアルバム・ロジカルノートや各種ファイル・バインダーなど、情報整理アイテムに定評のあるナカバヤシ。ナカバヤシストアはこちら

  • BtoB(法人向け・業務用)商材特集 : オフィス用品、産業・研究開発用品から、DIY・工具、パソコン周辺機器、家電、食品、日用品まで、Amazonが取り扱う法人向け・業務用アイテムをまとめました。

  • 【セール】:  文房具・オフィス用品が最大70%OFF、各種セール情報はバーゲンコーナーへ|在庫限りのお買い得品、在庫一掃セールも。


よく一緒に購入されている商品

  • ナカバヤシ キャパティ ドライボックス 11L グレー DB-11L-N
  • +
  • HAKUBA 強力乾燥剤 キングドライ 3パック KMC-33S
  • +
  • HAKUBA レンズ専用防カビ剤フレンズ 2個セット AMZ-KMC-0402
総額: ¥3,119
選択された商品をまとめて購入

製品概要・仕様

サイズ名: 11リットル | 色名: グレー
  • メーカー型番:DB-11L-N

商品の情報

サイズ名: 11リットル | 色名: グレー
登録情報
ASINB000UJ8W42
おすすめ度 5つ星のうち 4.2 584件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング ホーム&キッチン - 2,166位 (ベストセラーを見る)
発送重量1.1 Kg
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2007/4/30
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

サイズ:11リットル  |  カラー:グレー

湿気シャットアウト。カメラや食料品の収納に! ◆フタの周囲は発砲ポリエチレンやシリコンゴムを使った密閉方式。乾燥状態が一目で分かる温度計と乾燥剤付き。◆中身がみえるクリアボックスでスタッキングもOK! ◆乾燥剤で除湿効果抜群バツグン! ◆温度計で保存状態が一目瞭然◆シリコンゴムでしっかり密閉 / ■ 仕様 ■本体サイズ:幅306×奥行486×高さ138mm内寸:幅251×奥行403×高さ100mm 材質:・本体:ポリプロピレン・フタ・止具:ハイインパクトスチロール樹脂・パッキン:シリコンゴム・湿度計本体:スチロール樹脂容量:約11リットル付属品:乾燥剤(再使用可能)、湿度計 /


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

色名: グレーサイズ名: 8リットル
大きいサイズの商品と迷いましたが、こちらにして正解でした。

ストラップを付けたKISS X2本体 + EFS18-55IS + EFS55-250IS + EF50F1.8IIがちょうど収まります。

さらに、開口部にトレーが付属しているので、そこにレンズフィルター2枚くらいは余裕で収納できます。簡易なものですが見やすい湿度計が付属しています。

付属の吸湿材(シリカゲル)は、このサイズで湿度40%前後を維持するにはちょうどよい容量だと思います。それほど吸湿量があるわけではないので、ふたを開けて機材を出し入れする作業を2、3回繰り返すと、外気や機材の湿気を吸湿材が容量一杯まで吸って、湿度計の針が50%近くまであがってしまいます。

かといって、吸湿材の吸湿量が大きすぎると、こんどは30%前後の過乾燥気味になり、レンズ等にあまりよくないそうですから、このくらいがちょうど良いのでしょう。

吸湿材はレンジで温めれば、繰り返し再使用できて経済的です。
レンジで温めた直後は湿気が放出されているようなので、しばらく放置して、さましてからドライボックスに入れるといいでしょう。

今後、機材が増えてきても、大きいサイズのドライボックスにたくさん詰め込むよりも、使用頻度に応じて小さいサイズ複数個で小分けした方が吸湿材の無駄がなくて良さそうです。
コメント 257人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
色名: グレーサイズ名: 8リットル
カメラ買ったので保管用に防湿箱を検討。(防湿庫は場所とるし重いし高いので)
結果、これを購入しました。さっそく使ってみると。

付属の湿度計で部屋の湿度を計測すると58位の数値。(うちの湿度はこんなにあるのか。。。)
続いて蓋をして30分。45まで下がりました。
蓋をしてから1時間経過で40まで下がりました。

すばらしい。。。

吸湿剤も紫に変色したらレンジで復活させて下さいとのことなので、わかりやすいです。

正直あまり期待していませんでしたが、約2000円でここまで頑張ってくれるなら十分です。
ちなみにハクバの同様の物は、パッキンにどうしても隙間ができるようなので検討対象から
外しました。

嫁がポテチ用に欲しがり、もう少し大きい物を検討中。。
1 コメント 153人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
色名: グレーサイズ名: 11リットル Amazonで購入
Nikon200-500mmを発注したのでいままで使ってたドライボックス「HAKUBA ドライボックスNEO 9.5L」には入らないためDB-11L-Nを購入しました。
とりえず手持ちの機材を収納してみたところの写真をUPしておきます。参考になれば幸いです。

カメラはD7200に標準レンズ18-140mmをセットした状態です。バッテリーグリップは着けていませんので平置きで収納可能です。
蓋との隙間も少し余裕あり端に寄せてもきっちりと閉められます。これなら長さ的にも200-500mmを入れても余裕でしょう。

外寸感はA4インクジェットプリンターの設置面積ほどあります。ちょっと置き場所に困るくらいなサイズです。
簡易的ながら湿度計も付属しているので「HAKUBA ドライボックスNEO」シリーズよりお買い得感があります。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
色名: ホワイトサイズ名: 8リットル Amazonで購入
⭐️SONY α58 とレンズ2本で丁度ギリギリのサイズです
⭐️その他オプション用のトレイがあるのが助かります。
⭐️付属の乾燥剤をセットするとしばらくして、湿度が下がりました。
⭐️目安程度の湿度計でもあると無いとでは大違いです。
⭐️コスパ高いですね。★ミドル、フルサイズ一眼にはワンサイズ大きいのをお勧めします。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
色名: グレーサイズ名: 8リットル
 カメラやレンズ、光測定器などの光学製品を保管するために購入しました。このくらいのサイズの密閉ボックスは、下手すると100均にも売っていたりしますが、本製品はフタにゴムパッキンが付いていて密閉度が高い事や、温湿度計やシリカゲルが付属していることを考えると、非常にリーズナブルな価格だと思います。海苔などの保管にも良いのではないでしょうか。

 肝心の湿度は、念のため市販の袋入りシリカゲル(20g)を1つ入れてフタを閉めたところ、みるみる湿度が下がり最終的に20%に落ち着きました。逆に低すぎる感じもしますが、冬場の関東地方はこんくらいになるので問題ないでしょう。そしてフタを開けるたびに数パーセントずつ湿度が上がっていき、開ける頻度によりますが2週間〜1ヶ月ごとにシリカゲルを再生しています。ちなみに密閉状態でだんだん湿度が上がってきてしまうことはありませんでした。

 ところでシリカゲルは100度程度になると吸湿力を失い、ため込んだ水分を放出します。そして常温に戻ると再び吸湿力が復活するという特性を持っています。そのまま加熱するとビニールや化学繊維の不織布が溶けてしまうため、中身を耐熱皿等に開けて、電子レンジ(500W程度)で5分ほど加熱するのがお勧めです。この際、極めて高温になっているため30分は放置してあら熱を取ってから触ったり、袋に戻したりし
...続きを読む ›
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー