通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ナインティナインのオールナイトニッ本 (vol.1... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ★防水梱包により迅速(即日・翌日)に発送いたします。☆良好・美品:きれいな状態です。【CD(未開封)付】☆「書き込み」もありません。★万が一不良・一不着、不良の場合、迅速に対応いたします。(保障付き)宜しくお願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ナインティナインのオールナイトニッ本 (vol.1) ムック – 2009/9/9

5つ星のうち 4.7 30件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ムック, 2009/9/9
"もう一度試してください。"
¥ 1,028
¥ 1,028 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ナインティナインのオールナイトニッ本 (vol.1)
  • +
  • ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.2 (ワニムックシリーズ 135) (ヨシモトブックス)
  • +
  • ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.3 (ヨシモトブックス) (ワニムックシリーズ 168)
総額: ¥3,084
ポイントの合計: 71pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

ナインティナインのオールナイトニッ本 (vol.1)


登録情報

  • ムック: 96ページ
  • 出版社: ワニブックス (2009/9/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4847041941
  • ISBN-13: 978-4847041945
  • 発売日: 2009/9/9
  • 商品パッケージの寸法: 27 x 20.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 30件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 230,402位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

ナイナイの歴史をたどりながら、自分との歴史や世間との歴史に照らしあわすことができて、なんか感慨ぶかかった。
やっぱり長くラジオが続くのは、ナイナイの努力と周りの支え、そしてはがき職人の素晴らしさを感じる。
とにかく最高の一冊だと思う。
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
今年、放送15周年を迎えたナイナイさんのラジオ番組ANN木曜初の番組本です…。 内容は番組開始の1994年から1999年までのナイナイお二人による後日談を交えた番組年表を中心に、番組ヘビーリスナーの森三中の黒沢さん、オリラジのあっちゃん、はんにゃの金田くんの人気芸人3人による誌上座談会、 リスナーなら知らない人はいない神田元ディレクターや豚汁師匠の特集などリスナーならニヤリとしそうな内容が満載の一冊です…。 僕的には芸人座談会を読んでて、3人の番組に対しての思い入れに共感できることも多く、楽しく読ませてもらいました。 あと尖りまくっていた20代のナイナイさんのトークが満載の付録CDは贅沢ですね。 現在でもラジオではちょこまか毒舌をかますお二人ですが、あの時のお二人は大物にも物怖じせず噛みついてましたな…。鳥山明先生の漫画が読めるのはジャンプだけではありませんが、ほんとのナイナイが聴けるのはANNだけだと思います…。付録CDはその一端を垣間見ることができます…。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
昔、初めてナイナイのANN聴いたとき「え、神田さんって誰?坪倉大臣って誰?」「点取り占いって何?」と、アタマが疑問符だらけになりながらも、ナイナイ二人の面白さとゆるさ、ハガキ職人のレベルの高さに衝撃を受けたのを覚えています。
この本で初めてナイナイのANNに触れる人は、その時の僕と同じような感想を持つんじゃないかな、と思う。特に、写真に釣られてうっかり買ってしまったはんにゃ金田ファンは(笑)、無理してページをめくらず、とりあえずCDを聴いてその独特の雰囲気を先に味わってほしい。本はその後少しずつ楽しめばいいんじゃないかなぁ。

一方ヘビーリスナーは、間違いなく本も楽しめるので、絶対に買うように!文章読んだだけで、岡村さんの喋りと矢部さんの相槌が聴こえてくるような小西さんの筆による年表は必見です。

あと「岡村さん、初恋の人との電話(BGM:カブトムシ)」は、是非今後のCDに収録してほしいなぁ。あれ聴いて何回泣いたことか。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 IWGP武藤 投稿日 2009/9/11
ちょうどこの時期1番聴いていた時期なので、懐かしさと共に楽しく読める内容になってると思います。
これ見たらヘビーリスナーになる事は間違いない。

CDもボリュームあり聴いた事ない人も楽しめますよ!

是非!
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ファンであればあるほどたまらない一冊。
僕自身は十年以上聴き続けていますが、それよりも長く続けているナイナイ。
付録CDの放送初期音源は非常に貴重だと思います(現在よりも声が若く、周囲の人間を敵視していた時代で、まるでチンピラ)。
冊子の方も読み応えがあり、一ページも読み飛ばすことなく、一気に読みました。
主な記事は番組の年表なのですが、番組での出来事は勿論のこと、併せて載っている当時の時事ネタのチョイスがリスナーにだけ分かる文体、ひっかかる感じに書かれているのが堪らない。
まさに聴き続けたリスナーへのプレゼントだと思います。

ただ、完全にリスナー向けの本なので、それ以外の方は疑問符が多く浮かぶかと思います。
マネージャーやスタッフの話、ジャネット、岡村さんの同級生の方々・・・その他多々あります。

実際、リスナーでない友人に勧めましたが、よく理解していないようでした。
ただ、やはり付録のCD、特に抗争編は楽しんで聴いてくれました。

リスナーは絶対に買い。リスナーでない人でもCDは楽しめると思いますし、そこからラジオを聴き始めるのもいいかと。値段も決して高く無いですし。
何年か後、ヘビーリスナーになった時に改めて読み返すと、とんでもなく面白
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ナイナイのオールナイトを聞けなくなって早10年。今では二児の母となり家事育児に追われる日々ですが、ナイナイさんが、今回本を出されると聞いて即予約。もう二枚組のCDは懐かしいやら、馬鹿馬鹿しいやら、「あーあーあったこの話」の連続。運転しながら聞くと集中出来なくなります。岡村さんの無理問答は相変わらずやなーと笑いっぱなし。変な例え方や揶揄の仕方も変わってない。まさに少年ナイフです。毎週録音をして、いまだにマイベストを保管している私にとって、あえてCD化してもらえるのは幸せの極みです。岡村さんと同じ昭和45年生まれの私にとって、これは青春譜といっていいかもしれません。「今日夢見ました」で始まる「悪瓶師匠のこーなー」開始の発端や、「矢部浩之の指す」、「反町っす」、「鏡に映ったー・・・・」と、はがき職人のネタを歌いまくった岡村さん。「おしゃれさんやなあーポロラルフローレン君や」といじられる矢部さん。数々のコーナーもさることながら、スペシャルウィークに呼ぶ、とんでもないゲストとのトークも是非再現していただきたい。もう何冊発刊されても買いまっせ。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック