日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密(字幕版)

 (423)7.92時間10分2019G
NY郊外の館で、巨大な出版社の創設者ハーラン・スロンビーが85歳の誕生日パーティーの翌朝、遺体で発見される。名探偵ブノワ・ブランは、匿名の人物からこの事件の調査依頼を受けることになる。パーティーに参加していた資産家の家族や看護師、家政婦ら屋敷にいた全員が第一容疑者。調査が進むうちに名探偵が家族のもつれた謎を解き明かし、事件の真相に迫っていく―。Knives Out (C) 2019 Lions Gate Films Inc. and MRC II Distribution Company LP. Artwork & Supplementary Materials (C) 2020 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。

プライム会員の方は追加料金なしで視聴できます

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
『ザ・マスクド・シンガー』9月3日20時、独占配信開始!

「WHO IS BEHIND THE MASK 歌っているのは誰だ!?」マスクをかぶり完全に正体を隠したスポーツ界の英雄、J-POPのレジェンド、主演女優、芸人など誰もが知っている12人のスーパーセレブがその歌唱力と奇想天外なパフォーマンスを競い合う。あなたは誰が歌っているのかを当てられるか?
今すぐ観る

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
ジェイミー・リー・カーティスマイケル・シャノンドン・ジョンソントニ・コレットクリストファー・プラマー
レーティング
G(年齢制限なし)
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち4.0

423件のグローバルレーティング

  1. 39%のレビュー結果:星5つ
  2. 31%のレビュー結果:星4つ
  3. 21%のレビュー結果:星3つ
  4. 5%のレビュー結果:星2つ
  5. 4%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

Found7262020/07/16に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
雰囲気だけの奇妙な映画
確認済みの購入
なんだか劇場公開時に評判がよさげだったので、配信を待ちわびていましたが、強烈なコレジャナイ感・・・
これは不真面目なコメディとして観るものなんでしょうか? 他の方のレビューにもあるように、古のオールスターパロディ映画「名探偵登場」と同じジャンルに属するものなんでしょうか? その割には一応の謎解きが含まれていますが、最初に提示された謎がさほど魅力的でなく、アガサ・クリスティ風な群像劇を展開してみるものの深くなく、次に「コロンボ」風の倒叙ミステリかと思わせるくだりが延々続き、最後にその倒叙を否定してみせ、別の真犯人を提示するという……先を考えず脚本を書きながら辻褄合わせしたんだろうなという味わいが残ります。
富豪である作家が殺されたのに、捜査チームも作られず、刑事2人しか来ないのは、これも昔の探偵ドラマへのオマージュということですか? スマホなどで舞台が現代としながら、科学捜査はほとんど行われず、警備室の防犯カメラの記録映像もVHSテープだなんて、物語をなんとか成立させる為のご都合主義でしかありません。
自分の死を悟った人物が、あんな指示を出すものでしょうか。看護婦を庇いたいのなら「私が自分でクスリを間違えて打ってしまった、彼女には責任がない」と署名入りの文書を遺すか、テープに吹きこむぐらいの時間も元気も優にあったのですが、なんであんな危険で不確かな指示を出す必要があったのでしょう。
ライアン・ジョンソンはスターウォーズでも表面をなぞることしかできませんでしたが、これもミステリでないミステリ風の何かでしかありません。豪華出演者と綺麗な映像で最後までは観られますが、何も残らないし、胃の内容物を吐き出す描写のせいで、二度観たいとも思いません。感想はきわめて「普通」です。
59人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazon カスタマー2021/04/10に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
続編希望
確認済みの購入
エセ評論家のダメ出しレビューを見る前に一度映画を観てみましょう。こういうストーリーもあるのかと感心しました。面白かった。ダニエルクレイグの探偵も面白い。ぜひ続編を期待したい。
33人のお客様がこれが役に立ったと考えています
真田ポックル2021/09/15に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
上位レビューを鵜呑みにせずに、まずは観てほしいです
確認済みの購入
とてもいい映画でした。
単なるコメディ+サスペンスではなく、
いろんなところでアメリカ社会への風刺でもありました。

上位レビューに以下のようなコメントがあるのですが、
「自分の死を悟った人物が、あんな指示を出すものでしょうか。看護婦を庇いたいのなら(中略)なんであんな危険で不確かな指示を出す必要があったのでしょう。」
と書いてありますが、
これはまさに映画を理解していない故に生まれる疑問です
きちんと映画を観て、人物の設定を理解していればこんな疑問が生まれてこないはずです。

<以下、ネタバレを含みます>
<以下、ネタバレを含みます>
<以下、ネタバレを含みます>

まず、亡くなったおじいちゃんは世界的に有名な推理作家です。
もし自分が薬のミスで死亡することを悟ったら、
主人公を庇うためににあのような指示を出さないのです。
なぜなら、死亡後の検視で薬のミスがばれてしまいます。

では、なぜあのような指示を出したのか。
それは、5分ぐらい経っても自身の体に異変がないから、
薬のミスなんか実はなかった、ということにおじいちゃんがすでに気づい家たのです。
(卓越した推理作家である彼なら、ここで家族の誰かが薬を入れ替えたと悟れても不思議じゃないはず)
主人公にあのような指示を出したのは、薬のミスという疑惑から脱出させるためというよりも、
喉を刃物で切ったという疑惑から脱出させるためだと思われます。

そして、薬のミスないのにそれでも自殺を選んだのは、
おじいちゃんが最初から自殺するつもりだったからです。
(家族の誰かが薬を入れ替えたことを見抜いたら、なおさら自殺の意が固まることでしょう。)
おじいちゃんに自殺の意図があることは、映画の序盤の、
おじいちゃんの達観したような、そして含みのあるような言動からも推察できることです。
もう一度、序盤のおじいちゃんの言葉や動作を注意深く観察すれば容易に理解できるはずです。

では、なぜおじいちゃんが最初から自殺するつもりだったのか。
これは、この映画をきちんと見て、この大家族のいろんな問題を観てきた人ならある程度察せるかと思います。
おじいちゃんは自分の子供を愛するも、自身の育て方の問題や子供ら自身の問題で、
どこか家族らしくない家族になってしまったのです。
そんな子供を愛しつつ、失望しつつ、そしてどこかで彼らが自身の力で生きていけるようになることを期待しています。
全財産を看護師の主人公に託したのもそのためです。

補足のヒント:序盤ではおじいちゃんの肖像画が悲しい顔をしていたが、
終盤ではパラサイトみたいな子供たちが家を離れた後に、肖像画が笑顔になりました。
これがおじいちゃんが自殺するまで望んでいたことなのです。
子供たちが永遠に自分のパラサイトだとこの大家族は滅びていく運命です。
そうならないように、おじいちゃんはこのこの苦肉の策(極端に苦肉ですよね…)を使い、
彼らに財産を一銭たりとも残さず、
自分で生きていくことを選ばせたのです。

とにかく、上位レビューとかを簡単に鵜呑みにせずに、
一度自分自身の考えを持ってこの映画を観てほしいです。
そうすれば、私の理解とはどこかの細部で違うとしても、
この映画は実に良作であることに共感していただけるでしょう。
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
市民レビュアーZ2020/07/15に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
ゲームに勝つ方法
確認済みの購入
自分には、ちょっとドン・ジョンソン似のギャンブルの師匠がいて、さまざまな必勝テクニックをいろいろ教えてくれた。
彼の教えの中でもっとも人生に役立ったのが、まさにこの映画のラスト付近で明かされるある手法だった。

実は、この映画の主題は、ダニエル・クレイグが語るその「ゲームに勝つ方法」を語るためだけにあって、その他のトリックやキャラなどはすべてマクガフィン(実はどうでもいいもの)ではないだろうか? と思えた。

ダニエル・クレイグはもちろん、ジェイミー・リー・カーティス、ドン・ジョンソン、トニ・コレット、クリストファー・プラマーと、大好きな俳優たちが和気あいあいと演じているのを見ているだけも楽しい。
29人のお客様がこれが役に立ったと考えています
チューイ2020/07/18に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
善人が、得をする社会
確認済みの購入
善人が徳を得ても、得はえない社会

これを主題のど真ん中に持ってきて
ここまできっぱりと言い切る映画は

ちょっと清々しかったです!

世の中、悪人でも利益を得ることが出来るのが神様の作った難しいところでw

善人が利益を得れる社会ならみんな善行するのになぁ
そんな小学生の道徳の時間に思うようなことを
うまく題材にしてます

あと、今流行りのホワイトパワーと移民にも一石を投じてます

映画としては
ダニエルクレイグの重さには
クリスエバンスの重さが合ってたと思う
あと、看護師役の役者さんの善人感が良い!
クリスエバンスは良い役者だと思う

ドラマ性と演技、主題と推理性をちぐはぐにならずにうまーく混ぜ切った、出来の良い映画だと思います

でも面白いから観て!と勧める映画ともちょっと違うかな

自分は十分楽しめました
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazon カスタマー2020/07/16に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
ミステリー好きにはお薦めですよ
確認済みの購入
見どころは007じゃないダニエルクレイグ氏でしょうか...www。ミステリードラマがお好きなら間違いない作品です。まずはアガサクリスティ式の容疑者への質問に始まり、途中でおや?コロンボ式に変えるの?となり...、最後はまた王道に戻るといった展開がなかなか楽しめました。王道を踏まえつつ捻りを利かせた、よく出来たプロットに、拍手。小説家のセリフ「愚か者は本物と偽物のナイフの違いすらわからない」がこのストーリーの核。残念なのは、オモシロ探偵役のD氏が中途半端で滑っちゃってるところかな。
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
ちょっとしたこと2021/09/09に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
サスペンス色は薄い
確認済みの購入
遺産相続に関わる殺人において金を巡るごたごたは見所である
それにもかかわらずメインヒロインは善良とし、血縁もないのに相続
しかもヒロインをかばうために被害者は自殺までしている
とても不自然な部分が物語の核心にある
更にラストではひっこみナイフで刺される物語特有の守られ方で
まさに因果応報で善人に都合の良い世界での作品として作られているはず

それなのに曾ばあちゃんなど遺産をうけとっても罰は当たらないであろう人間も
館から追い出されてしまう終わり方は納得がいかない
ラストシーンのカップのMY HOUSEの文字と位置関係がなければ
事件後メインヒロインが持ち前の善良さで助けたと解釈もできたはずなのに
あえてそこを潰した作品の主張は私には理解できなかった
人間の欲求への弱さくらいしかわからない陳腐なシナリオだったと思う
一方で展開は独特で面白味はあるし、娯楽映画としては充分素晴らしい出来だったと思う
メインヒロインを不自然なまでに善良で報われる話にしようとした結果
メインヒロインは善良に見えなくなってしまったのが個人的に気に食わない映画でした
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
となりのタマ2020/07/20に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
多くの名優が出演されているのに残念!
確認済みの購入
好きな俳優さんが出ていたので、500円で見ましたが、ストーリーは一般的で、お金だけに執着している人物ばかりの集団がかしましい。謎解きの楽しみもありませんでした。先が想像できてしまうんです。個人的にはガッカリです。お勧めできません。

現在、Netflixで(2020/08/01)配信しています。とのコメントをいただきました。
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示