この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ナイトヘッド DVD BOXセット

5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 31,999より 中古品の出品:6¥ 13,146より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。



登録情報

  • 出演: 豊川悦司, 武田真治, 山口リエ
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 5
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2001/07/18
  • 時間: 625 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005L86S
  • JAN: 4988632112840
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 71,677位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

フジテレビ系深夜に放映された、豊川悦司・武田真治主演で贈るサイコホラーが待望のDVD化! 全21話に加え“THE OTHER SIDE”を収録した5枚組BOXセット。

レビュー

原作: 飯田譲治 音楽: 蓜島邦明 出演: 豊川悦司/武田真治/深浦加奈子/綾田俊樹/志賀圭二郎/ただのあつ子/大路恵美/山口リエ
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2005/1/19
なんといっても主役2人と監督の代表作!

作品自体も十分見ごたえありですが、後からファンになられたかたも一度ごらんください。
2人それぞれの持つ「陰」な部分の魅力が十分発揮されているのではないでしょうか。

TV放送されていた頃からのファンの私としては必携ものだと思います。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 もうすでに15年前の作品であるが、未だに「傑作」だと思っている。いや「名作」というほうが相応しいかもしれない。すでに4、5回見たほどだ。視聴率も良く、その後スペシャル編が作られ、映画化までされたのは当たり前かもしれない。それほど、この作品は、(私の中で)気に入っている。

 放映当時、(霧原直人役「豊川悦司」)(霧原直也役「武田真治」)の2人とも、それほど人気があったわけではない。この番組を通してみれば、2人の確かな演技力を垣間見る事が出来る。原型となった「世にも奇妙な物語」の「常識酒場」「トラブル・カフェ」2本の作品の(霧原直人役「今井雅之」)(霧原直也役「東根作寿英」)2人の主演でも別に問題はなかっただろう。

 飯田譲治氏の脚本、演出の巧さ、構図、センス、カメラアングル、配役の妙、どれをとっても一級品である。つまらない(=駄作)とだと思う作品はひとつもなかった。最初から最後まで物語は重くて暗く、この作品に「笑い。」は一切必要ないといえる。特筆すべきは飯田氏の「台詞回しの上手さ。」にある。(俳優の「静」(=俳優が、まったく動かない事。)の中に、どれだけ説得力がある台詞を入れられるかで脚本の力量がわかる。

 しかもこの作品「THE OTHER SIDE」は、「オウム真理教」事件を先取りしているのだ。宗教(この場合は、
...続きを読む ›
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
最近アニメ化されたので改めて購入しました。以前ビデオで全話見て、内容は知ってましたが、改めて見たら意外と地味な作りながら作品の奥深さを味わいました。個人的にはこの後の話が作られないかなと思います。変革がどんなものか見たいです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/6/11
ビデオテープ整理のため、ナイトヘッドを見ました。
エスパー能力・古代文明・オーパーツ系・SF・精神世界と、あの頃興味持っていた要素がふんだんに盛り込まれた作品だったんですね。
豊かになりすぎ、個人主義のもと、精神的に希薄になったバブル期以降の、社会問題と警鐘を唱えた作品だったと思いました。
それにしても飯田譲二は超常現象・精神世界をうまく取り入れたもんだ。
なんたって、2万年前のインパクト神話も取り入れてるんだから。
ここからが本題。
物にとらわれすぎている現代の物質文明を乗り越え、物はなかったけど精神的に豊かだったかつての精神世界を取り戻し、ニュータイプの出現をもって、新たな文明へと「変革」にたどり着こうとするのが、この作品の趣旨。
ガンダムでの「ニュータイプ」と同意語で、現人類とは違う能力を持ち合わせた人類のことである。
そこでは「ニュータイプ」による「変革」を否定し、現状維持を望む者との対立が生じる。
明治維新や大学闘争の60年代頃は、気概を持った者たちがいて、現状打破を実行するパワーを持ち合わせていたが、80年代以降の、とくに90年代は「しらけ」社会、すなわち何をやってもどうせ変わらない「あきらめ」が浸透し、「改革」なんてありゃしないと思ってしまった00年代に通じるものがある。
...続きを読む ›
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 わたしがこのドラマを知ったのは、映画化が決って深夜放送された時のことでした。当時武田さんのファンだったわたしは興味をもって観たのですが、オリジナリティのある脚本、丁寧な演出、そして超能力を持ってしまったゆえに、過酷な運命にさらされながらも、強い絆で結ばれている豊川さんと武田さん演じるゆくあてもなくさすらう兄弟という設定。色んなテイストつまっていた個性的なドラマだったと思います。

 映画化そしてこのドラマを機に有名となった豊川さんと武田さん。余談ですが、友達に貸したのですが消息不明となり返ってきませんでした(詠嘆)のちに有名になった役者さんたちもゲスト出演していたりして、当時の思い出とともに懐かしいドラマです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
若い頃の豊川悦司と武田真治が超能力者の兄弟を演じています。
二人はその後ブレイクし今でも活躍していますが、彼らのファンなら見ておいて間違いは無いでしょう。

1993年の深夜にフジテレビで放映されていたドラマで、おそらく予算も時間も潤沢では無かったでしょう。
今見ると全体的にチープで安っぽい部分もあります。
しかし粗々しい部分も逆に魅力になっているし、効果音や音楽や超能力の描写にスピード感があって今見ても結構面白いです。

最初は自分達の能力に戸惑い彷徨っていた主人公達が、物語中で私利私欲にまみれた俗世的な人物や自分達と同じ超能力者に出会い、成長して行く様子が良かったです。
超能力者の神谷司との対決が二回あって、最初は未熟さ故に負けてしまうけれど、二度目の対峙では成長した兄弟が神谷を上回る。神谷自体がわかりやすい悪人では無いのと、単純に超能力で傷つけあうのでは無く、静かに淡々とお互いのアイデンテティを賭けて話し合う描写が良かったです。

最終回が中途半端な所で終わっているのは残念です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す