ナイトクローラー [Blu-ray] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,872
通常配送無料 詳細
発売元: カシワギエビス
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ナイトクローラー [Blu-ray]

5つ星のうち 4.4 53件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,184
価格: ¥ 3,872 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,312 (25%)
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 3,872より 中古品の出品:3¥ 3,480より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いは利用できませんのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ナイトクローラー [Blu-ray]
  • +
  • ジョン・ウィック [Blu-ray]
  • +
  • コードネームU.N.C.L.E. ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
総額: ¥15,264
ポイントの合計: 79pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジェイク・ギレンホール, レネ・ルッソ, リズ・アーメッド, ビル・パクストン
  • 監督: ダン・ギルロイ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ギャガ
  • 発売日 2016/02/19
  • 時間: 118 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 53件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B018HX1U2S
  • JAN: 4589921402248
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 12,974位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

第87回アカデミー賞®脚本賞ノミネート! 数々の賞レースを席巻! 全米を震撼させた衝撃作!
主演ジェイク・ギレンホールの恐るべき怪演に絶賛の悲鳴!


【特典映像】
・メイキング(約5分)
・インタビュー:ジェイク・ギレンホール、監督(10分)予定
・コメンタリー(監督:ダン・ギルロイ、製作:トニー・ギルロイ、編集:ジョン・ギルロイ)

【キャスト】
ジェイク・ギレンホール
レネ・ルッソ
リズ・アーメッド
ビル・パクストン

【スタッフ】
監督・脚本:ダン・ギルロイ
編集:ジョン・ギルロイ
製作:トニー・ギルロイ
プロダクション・デザイン:ケヴィン・カヴァナー

【ストーリー】
学歴もコネもなく、仕事にあぶれたルーは、ある日、事故現場を通りかかり、テレビ局に悲惨な映像を売るカメラマンたちの存在を知る。
さっそくビデオカメラを手に入れたルーは、<ナイトクローラー>となり、夜のL.A.を這いまわる。
良心の呵責など1秒たりとも感じないルーの過激な映像は高く売れ、評価されるが、高視聴率を狙うテレビ局の要求はさらにエスカレートしていき、遂にルーは一線を越えるー。

※特典映像、商品仕様、ジャケット写真などは予告無く変更となる場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

視聴率至上主義のテレビ業界を舞台にしたサスペンス。仕事にあぶれたルーは、通り掛かった事故現場で、テレビ局に悲惨な映像を売るカメラマン“ナイトクローラー”の存在を知る。彼は早速ビデオカメラを手に入れ…。主演はジェイク・ギレンホール。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray Amazonで購入
加熱する報道ニュースに対する
いわゆる「超えてはいけないライン」を題材に
風刺も込めて人間を描いた素晴らしい映画でした。
考えるのは、日本のマスコミ事情。
騒がれる日本のマスコミの「越えてはいけないライン」とは
文字通り一線を画しています。
表現したいことがある人間は、
ある意味狂気でアーティストです。
日本の「それ」は、ほとんどただの手抜き。
編集のしやすいように、や 
視聴者レベルの想定(ほとんどが高齢者向け)を勝手に下げて
繰り広げられる表現は、さらにこれからも増していくことでしょう。
日本でも、テレビ、マスコミの裏側を描いた作品があるにはあるが
そのほとんどがテレビ局制作の映画、
こういったアプローチは中々生まれないでしょう。
昔でいうと浅野忠信主演の「FOCUS」とかちょっと
ポイ感じがします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
すぐれた脚本。シンプルで且つ目新しくなかなか面白い!バードマンよりも脚本賞はこっちの方が良いと思います
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
ジェイクギレンホールの演技に注目!

鬼気迫る演技は圧巻!

ハマリ役だね
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 羽純 VINE メンバー 投稿日 2016/3/5
形式: DVD Amazonで購入
戦場カメラマンは目の前の真実だけを見つめて、我が身の危険を顧みない。
本作品ではカメラの向こうの事故や事件 , 人の死に、
自らの欲望を見い出した男の危険なカメラワークを描く。

ジャーナリストとは別物、深夜のハンターのようなフリーカメラマンを、
ジェイク・ギレンホールが怪演。
話術、特に交渉術に長け、情報は耳に入れても人の意見は聞こえない。
そしてチャンスは逃さない ...
常軌を逸する姿はただただ恐ろしい。
民衆の関心事と提供する側のテレビ局が生み出した怪物なのかも知れない。

毎日見聞きしていること、時に疑ってみる必要があるのかも。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
事故や犯罪現場のスクープ映像を収めることに
どんどん憑りつかれていく男の話。

より過激でより間近に迫ったネタを求めるマスコミと
自分の撮った映像が評価される気持ちよさによって
どんどんエスカーレートしていく様子が非常に面白い。
我々が見ている報道の映像も
このように撮られたものでは、という臨場感が素晴らしく、
番組の裏側の慌ただしい様子も迫力。

ジャーナリストやYouTuberが過激になっていく心理が描かれており、
倫理的には明らかに問題なのに
主人公の言動が実際に成果につながっているところも見所。
のし上がるためにさまざまな努力もしており、
ある種、起業家として模範となる行動力を持っている皮肉ぶり。

スクープ撮影に憑りつかれた主人公の異常性が非常にうまく表現されていて
ギョロギョロとした目で周囲を圧倒していく様子に
サイコスリラーとしての怖さも感じる。オススメ。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
 最も尊敬できない職業はワイドショーのレポーターというふうに考えていました。土足でプライベートに踏込み、「なにがあったんですか?」「いまのお気持ちは?」と問題を起こした芸能人や、災害の被災者に無神経に質問をぶつける。サイテーです。
しかし、この映画がはじまり、いざレポーター側(この映画では、どちらかというとカメラマン)となってみると・・・。いつの間にか「イケー!、もっとイケー!」「カメラ回せ!早く回せ-!」「いいぞ、いいぞ、イイー!」となっています。視点が変わると人間も変わります(私だけですかね?)。
 犯罪映画で一般的な見方なら、当然、勧善懲悪の気持ちで観ていますが、いざ、犯罪者(犯罪者の心理側)から描かれた映画となると、「誰かに見られてないか?」「警察がくるぞ!」「急げ、逃げろ!」となるのに似ています。
 この男、最初は本当にクズなヤツにしか見えませんが、なぜか車の運転はうまい。何年まえの車だ!といいたくなるおんぼろトヨタターセルで現場に駆けつけますが、売込みに放送局に行くとなかなか交渉もうまい。そして、あれよあれよという間にボロ車もピカピカで真っ赤なダッジチャレンジャーになっていて、仕事でも頭角を現す。スランプも経験するが、その後は・・・?と、あとは観てのお楽しみです。
 ほかに、サスペンス調なので気づかない方もいるでしょうが、「おぃ!
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。ヴィジット