¥ 670
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ナイツ&マジック 7 (ヒーロー文庫) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ナイツ&マジック 7 (ヒーロー文庫) 文庫 – 2017/3/25

5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2017/3/25
"もう一度試してください。"
¥ 670
¥ 670 ¥ 1,277

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ナイツ&マジック 7 (ヒーロー文庫)
  • +
  • ネクストライフ 11 (ヒーロー文庫)
  • +
  • 月が導く異世界道中〈11〉
総額: ¥2,614
ポイントの合計: 67pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「ユーリ!!! on ICE」 公式ガイドブック 『ユーリ!!! on Life』
描き下ろしイラストによるA2両面ポスター2枚付きで予約開始 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

2017年夏よりアニメ放送開始。コミック2巻も書籍版7巻と同日発売。ますます大注目の異世界ロボットファンタジー!

ボキューズ大森海へと乗り出したフレメヴィーラ王国飛空船団は、
未知なる魔獣との遭遇により撤退を余儀なくされた。
エルとイカルガは皆を護るべく奮戦し、無事に船団を逃がすも森へと墜ちてしまう。
追いかけてきたアディも一緒に、二人は森の迷子となった。
彼らを待ち受けていたのは予想だにしない出会い――『巨人族』との遭遇であった。
巨人氏族同士の争い。
普きものの大敵、穢れの獣。
そして陰で蠢く小鬼族なる者たち――。
巻き起こる戦いがエルとアディを呑み込んでゆく。
孤立無援の二人は、しかしあきらめ止まることなどない。
「ここで幻晶騎士を、作り上げます」
生み出されるは驚天動地の異形の機体。
争いの只中へと向けて飛翔する!

内容(「BOOK」データベースより)

ボキューズ大森海へと乗り出したフレメヴィーラ王国飛空船団は、未知なる魔獣との遭遇により撤退を余儀なくされた。エルとイカルガは皆を護るべく奮戦し、無事に船団を逃がすも森へと墜ちてしまう。追いかけてきたアディも一緒に、二人は森の迷子となった。彼らを待ち受けていたのは予想だにしない出会い―『巨人族』との遭遇であった。巨人氏族同士の争い。普きものの大敵、穢れの獣。そして陰で蠢く小鬼族なる者たち―。巻き起こる戦いがエルとアディを呑み込んでゆく。孤立無援の二人は、しかしあきらめ止まることなどない。「ここで幻晶騎士を、作り上げます」生み出されるは驚天動地の異形の機体。争いの只中へと向けて飛翔する!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 392ページ
  • 出版社: 主婦の友社 (2017/3/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4074241544
  • ISBN-13: 978-4074241545
  • 発売日: 2017/3/25
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 12.1 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,982位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
内容はバトルよりも探索や交渉が多めなので、 ド派手なバトルが好きな方には物足りないかも
細かくはネタバレになりますが、いつもと違った面子の登場が多め

取り敢えず気になったのは、今までもそうでしたが機体のデザイン
もう少しどうにかならないのでしょうかね…
ツェンドルグもイカルガもそうでしたが、原作者さんの表現に即して無いといいますか、これで原作者さん妥協じゃなかて本当に納得したのかなぁ…?となります
まぁ、表紙の機体なんですが内容では魔獣の皮や骨を流用した、となってるのにこのメカメカしさ
せめて外側に皮を被せるくらいはして欲しかった
今時?の絵柄なのかもしれませんが、文を読んでて同じ機体と認識出来ないので、挿絵は無視して拝読しています
個人的に挿絵で☆−1ですね
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
実に1年ぶりの新刊で、さすがに待ちくたびれた
今巻ではボキューズ大森海でのエルとアディの動向が描かれていて、大森海以外のフレメヴィーラ王国などの描写はほとんどない
前巻の引きである巨人との遭遇から、彼らと仲良くなって習俗を学び、巨人族同士の争いにも関わることとなる
肩入れした部族が劣勢となり、敵対する巨人族に穢れの獣と人に似た小鬼族が大きく関わっていることを知り、巨人族と逃避行をしながら小鬼族と接触する
エルは幻晶騎士の修理を目指すが、大森海の中での素材不足の問題もあり、終盤になるまで幻晶騎士の出番は無く、なんとか組み上げられたシロモノも、デザインや性能などいろいろと微妙で、出番もほとんど無い
その分、生身での戦闘が多く、ロボット無しでもエルは十分に強かったということを久々に思い出させてくれた
小鬼族の正体や目的などが明かされつつ謎も増えていて、今巻はとにかく戦争の準備をしたり伏線を張りまくった雌伏の巻といった印象で、その意味では期待外れ
アディとエルの仲が一段と深まり、言質を取った(と思いこんだ)アディが暴走気味なのは見ていて微笑ましかった
次巻は面白くなりそうなので、早く出してくれることを期待したい
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
先のレビューにもありますが今回はロボット戦闘ほとんどなし。エル君が生身でもチートであることを十分に証明してくれます。というか、エル君、君ロボットいらなくね?(笑)
あとアディのエル君ラブラブ妄想モード最高。今後恋のライバル出現した時に鉈持って「嘘だッ!」とか「ちょろい♪」とか叫んだりしないことを切に願います。
しかしまた次巻は来年かなー。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
6巻がロボットや機械の描写が多くて読みにくかったのに比べると、人間戦闘が多い今回はかなり読みやすい。
登場人物を絞ってあるのも話に入りやすくて良い。
夏にはアニメも始まるので楽しみ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告