通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ドーナツを穴だけ残して食べる方法 越境する学問―穴... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ドーナツを穴だけ残して食べる方法 越境する学問―穴からのぞく大学講義 単行本(ソフトカバー) – 2014/2/14

5つ星のうち 4.1 14件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 515

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ドーナツを穴だけ残して食べる方法 越境する学問―穴からのぞく大学講義
  • +
  • 女子高生アイドルは、なぜ東大生に知力で勝てたのか? (講談社現代新書)
総額: ¥2,527
ポイントの合計: 77pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「あなたは、ドーナツをアカデミックな眼差しで見つめたことはありますか?」

web上で話題になった「トンチ問題」に、阪大教員が本気で挑みます。 人文科学・自然科学・社会科学。学問領域を問わず、各学問の専門家である阪大教員が、専門知識を駆使して、ドーナツを穴だけ残して食べてしまいます。その他、ドーナツにちなんだコラムを収録し、世界各国のドーナツも紹介します。

第0章ドーナツの穴談義のインターネット生態学的考察(松村真宏)
第1章ドーナツを削る―工学としての切削の限界(高田 孝)
第2章ドーナツとは家である―美学の視点から「ドーナツの穴」を覗く試み(田中 均)
第3章とにかくドーナツを食べる方法(宮地秀樹)
第4章ドーナツの穴の周りを巡る永遠の旅人―精神医学的人間(井上洋一)
第5章「ドーナツを穴だけ残して食べる方法」と聞いて、あなたはこの命題から何を考えますか?―ミクロとマクロから本質に迫る(杉田米行)
【コラム】最初のドーナツには、穴は・・・なかった?/アメリカには「ドーナツの日」がある?
第6章パラドクスに潜む人類の秘密―なぜ人類はこのようなことを考えてしまうのか? (大村敬一)
第7章ドーナツ型オリゴ糖の穴を用いて分子を捕まえる(木田敏之)
第8章法律家は黒を白と言いくるめる?(大久保邦彦)
第9章ドーナツ化現象と経済学(松行輝昌)
第10章ドーナツという「近代」(宮原 曉)
第11章法の穴と法規制のパラドックス~自由を損なう自由をどれだけ法で規制するべきなのか?(瀬戸山晃一)
第12章アメリカの「トンデモ訴訟」とその背景(松本充郎) 【世界のドーナツ】モンゴル、インド、スペイン、アラブ、イタリア、ドイツ、アフリカ、ハンガリーなど


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 274ページ
  • 出版社: 大阪大学出版会 (2014/2/14)
  • ISBN-10: 4872594703
  • ISBN-13: 978-4872594706
  • 発売日: 2014/2/14
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 19,229位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
この本のタイトルを見て、「これこそが私の求めていた本!解決策ここに示されし!!」というドーナツの穴だけ残して食べることに昼夜問わず真剣に悩んでいる学生諸君、悪いことは言わない。
買わないで立ち読みしよう。
しかし、
しかし、である。

教授というへそ曲がりで屁理屈をこねくりまわす愛すべきヘンテコな生き物の生態が知りたいという学生諸君。
社会に出て揉まれてみたがもう一度、先生という生き物に出会いたいという類稀なる好奇心旺盛な大人の方々。
今すぐこの本を持ってレジへ向かおう。

あなたにも身に覚えがないだろうか
学生時代、「あのちょっと変なおっさん(教授)ともっと話をしてみたかった」「あの人(教授)はそうとうヤバイ…」

そうなのである。
この本は、大阪大学(通称・阪大)の教授たちがドーナツを穴だけ残して食べるにはどうしたらいいのかという、この上なくどーでもいい、日常生活においてなんら有益でない学問に、真剣に(ここが大事)取り組む奮闘記なのである。

有り余る知識欲をこれでもかとぶつけ、その情報量と尽きることのない発想の泉から行き場の見えない迷路に迷い込み、
迷い込んで出てこられるのか、ハラハラして読者は見守るが、それでも、なん
...続きを読む ›
コメント 110人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2014/5/25
形式: 単行本(ソフトカバー)
大きくは2部構成になっている。様々な分野の専門家に「ドーナツを穴だけ残して食べる方法」というテーマについて考えてもらった結果と、多少強引ながらドーナツあるいはその言葉と関係しそうな専門分野の紹介ネタを集めた本。最初の方に、「では穴だけ残しますからまずは穴の存在を証明してください」(一休派)のような、ネットで集めたというこのテーマに関する秀逸な答えがいくつか掲載されている。

工学、哲学、数学、精神医学、化学、法学、経済学、社会学、他。例えば、4次元で考えてみるとか、「ドーナツ」という語が出てくる判例が約200件あってそれらの裁判によればドーナツの定義はそもそもこうなっているからこういう解釈が可能だとか、それぞれの専門分野の話と学者向けの頭の体操を兼ねて、いろいろ智恵を絞った跡がうかがえるものや、面白いものが散見される。ドーナツ型オリゴ糖や、ドーナツ化現象の話もある。「世界のドーナツ・コラム」というコラムも時々入っている。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
とにかく驚いた。

くだらない、と言われてしまえばそれまでだが、そこにこそ学問の神髄がある。
阪大の様々な分野のスペシャリストが、それぞれの領域における考え方と解答を示している、
まさに、学問がつまった一冊となっている。

ああ、こういう考え方があったのか~、と読みながら、なぜだか悔しさをも覚える。
大学生のプロジェクトとしてスタートし、企画、刊行したそうだが、すばらしい本に仕上がっている。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Corybant VINE メンバー 投稿日 2014/6/30
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 根を詰めて読むと頭が痛くなるので、トイレに置いておいて座るたびに読むようにしました。半分くらい読みました。各人様々な立場で論じておられて非常に面白いとは感じます。脳のトレーニングにはこういう薀蓄いいですよね。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
パン焼きというのは結構難しいのです。
自宅でパンを焼くのは、難しく、今はやりの機械を使ってもなかなかうまくいきません。
でも、自分で作った感動は何物にも代えがたい。
バカみたいなテーマを大真面目に学生や先生たちが取り組むことは、いわば視点のクロスオーバーの面白さだけではなくて、やはり手作りの感動があるからではないか、読みながらそう思いました。しかも、知の最先端に触れた気になる。
とてもいい本です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 instmint 殿堂入りレビュアートップ500レビュアー 投稿日 2014/3/9
形式: 単行本(ソフトカバー)
ドーナツを穴だけ残して食べる方法、
という一見すると、愚にもつかない命題に
真剣に取り組む大人たちの物語。

ドーナツを普通に食べれば、穴は崩れ、穴がなくなり、
ただの曲がった棒きれのような食べ物になります。
そこで、どのように食べれば、ドーナツの穴だけを残して食べられるのか。
いや、そもそも穴だけを残して、食べられるのか。
どうにかして、穴だけを最後の最後に残して食べたい。
それにトライしたい。そんな物語です。

世の中には、生きていく上で、生活していく上で、
知ろうが、解決しようが、何の益にもならないことが多いです。

その、いわばバカバカしい事を、大の大人が、
人智の限りを尽くし、脳みそを絞りきり、全身全霊を注ぎ込んで、
己の全てを注ぎ込む。

そうやって「どうすればドーナツの穴だけを残して食べられるか」を
考え抜きます。

こんな馬鹿げた本はありません。こんな馬鹿げた大人はいません。

しかし、だからこそ美しい!!だからこそ格好いい!!

そんな一冊です。

大人になって童心を失ってしまうことへの警鐘にも思え
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック