Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 720

¥ 58の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[ジョシュ・ラニヨン]のドント・ルックバック
Kindle App Ad

ドント・ルックバック Kindle版

5つ星のうち 3.9 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 720
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 778 ¥ 1
【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

甘い夢からさめると病院のベッドの中だった。美術館に勤務するピーターは頭を殴られ意識を失い、そのショックで記憶障害を起こしていた。警察の取り調べが始まり、ピーターは自分に容疑がかかっていることに気付く。自分は犯罪者なのか―そして夢に出てくるあの魅力的な男の正体は―。記憶とともに甦る、甘く切ない思い出。極上のミステリ・ロマンス。

内容(「BOOK」データベースより)

甘い夢からさめると病院のベッドの中だった。美術館に勤務するピーターは頭を殴られ意識を失い、そのショックで記憶障害を起こしていた。警察の取り調べが始まり、ピーターは自分に容疑がかかっていることに気付く。自分は犯罪者なのか―そして夢に出てくるあの魅力的な男の正体は―。記憶とともに甦る、甘く切ない思い出。極上のミステリ・ロマンス。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 4264 KB
  • 紙の本の長さ: 150 ページ
  • 出版社: 新書館 (2014/1/1)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00HD59DYY
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 57,288位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
目が覚めると病院のベッドの中に居る主人公。
記憶が無くなっている上、警察からは窃盗の容疑をかけられて
初っ端から踏んだり蹴ったり。

自分は犯罪なんてしていない、確信はある、が記憶はない。
しかも、どんどん自分にとって不利な状況におちいっていく。
このまま刑務所に入る事になってしまうのか…

前作フェアゲームに比べてページ数は半分もない位ですが
スピード感があり、一気に読めます。

主人公のピーターが記憶を無くした事をきっかけに
今までの自分を見つめ直していく中で
傷つきながらも、大事なものに気付く所が良い!

ピーターはどうも不幸属性らしく、今まで碌な目に合ってないうえ
今回の事件…でも、最後には幸せが待ってるぞ!頑張れピーター!
と、応援したくなる主人公です。
 
恋人はもはや表紙でばればれですが、そこはそれ。
彼もまた良い男です。
すっごい怒ってるのに
『お堅く澄ました感じが可愛らしいかもしれんがな』
とか言っちゃいます。
お堅く澄ました感じが可愛いと思ってたわけですね、わかります。

ラニヨン氏の小説はミステリー部分に
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
展開の面白さに途中でこの本を読み終わるのが辛い、とすら思いました。
でも続きが気になってどんどん読んでしまいます。まさに少女の頃、外国の文学に夢中になった感覚です(笑)
BLは数年間遠ざかっていたのですが、前作『フェア・ゲーム』を草間さかえさんの表紙がステキで、手にとってしまい、話の面白さ展開のスリリングさ、そして愛し合う二人の魅力的な関係に夢中になり引き込まれ、本作を予約しました。今回は前作よりストーリー全体に艶っぽい感じのイメージがどこかあります。描写に前作にあった硬質なFBIモノ的カッコイイ雰囲気が無いからかもです。日本のBLのような展開が好みな人にはちょっと違和感があるかもです。ハリウッド映画大好きな私には完全に、全ての点において、超好みです!
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2013/10/26
形式: 文庫
日本のBL小説とは違った雰囲気がいいです。アメリカの風土や匂いが伝わってきますし、二人の気持ちの流れも自然で上質なロマンス文庫でもあると思いました。ただ、なぜ主人公が自分を嵌めた犯人に、そこまで縛られていたのかがもう少し説明があると更によかったかなと思います。
この作者の作品を読むのは、前作とあわせて二度目ですが、あちらの作品はゲイであることが前提なんですかね。どちらにしても、ミステリー小説としてもロマンス文庫としてもよく成立していると思います。秋の夜にぴったりでした。
結論としては楽しませてもらったので星5で。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
この作者さんの作品は原書と訳本併せてほとんど購入して読んだのですが、
(気に入るとその作家さんの本をすべて読みたくなる性格でして)
この本がなぜか記念すべき第1作でした。
いや、面白いんですけどね。私的には主人公のやたら女々しいところが気になって、
あまり入りこめなかったです。これはもう好みですね。攻めの不器用で、愛情表現がストレートではないけど、実は優しいところは好みなんですけど。
ところで、この作者さんは原作の方が格段に面白いです。訳者さんの問題というより、
この作者さんの表現やユーモアが日本語に訳すのが難しいのかもしれません。
そこまで難解なものではないので、ぜひ原書で読むことをお勧めいたします。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover