Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 225
Kindle Unlimitedのロゴ
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Kindle App Ad
[藤沢秀一]のドローンフォーシーズ: チャイナドローンの脅威 鎌藤シリーズ

ドローンフォーシーズ: チャイナドローンの脅威 鎌藤シリーズ Kindle版


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版, 2018/10/25
¥ 225

紙の本の長さ: 768ページ

商品の説明

内容紹介

中国は、ドローン軍団による、日本への侵攻を開始した。爆買いに沸きかえり、観光客の拡大に走る、日本のスキを突く形で、解放軍は日本国内への密入国を重ね、潜伏勢力を各地に拡大させていた。彼らは密かに一斉蜂起の機会を窺っていたのだった。
世界各国は、ドローンの軍事利用を拡大させており、その先には、ロボット兵の投入をも視野に入れた戦略が練られ始めている。最早、軍事戦略そのものが転換期を迎えているのだ。
そこでは、火砲を念頭においた従来の作戦は鳴りを潜め、点では無く面で攻め込む、人的損失、すなわちは兵力の損失を最小化する戦略がとらて来る事は間違い無い。
前代未聞のこの戦いに、我が国も最先端洗脳技術を駆使する戦略を取らざるを得なかったのだ。
鎌藤シリーズ4では、国内にある全ての基地が一斉攻撃を受け、兵力を喪失したところから始まる。米軍基地も同様の状況にあり、日米の陰の研究所が手を結ぶ事で、反撃作戦を開始する。主人公鎌藤が、RP社の精鋭達と共に、同盟を結ぶアメリカの最先端技術とノウハウを共有する事で戦いに挑むのだ。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 18163 KB
  • 紙の本の長さ: 768 ページ
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B07JQ6PCC2
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 53,294位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

click to open popover

注文した商品はどこ?

配送と返品について

ヘルプデスク