この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ドロヘドロ 16 “悪魔の教典”付き限定特装版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ) コミック – 2011/10/28

5つ星のうち 3.9 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 990

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

描き下ろしマンガ収録の“悪魔の教典”!!

林田球による描き下ろしマンガを収録した“悪魔の教典”をセットにした、『ドロヘドロ』初のプラス・アンコミックスがついに登場!! 毎回単行本の巻末を賑わせている「魔のおまけ」をさらにフリーダムに、もっと贅沢にしてみました。付録小冊子のデザインは、公式グッズでおなじみのMHz。連載100回を突破した記念の単行本を、豪華にド派手に飾ります!!

【編集担当からのおすすめ情報】
これまでにもIKKI本誌でカレンダーやクリアファイルなど、豪華グッズの全員サービスを展開し、大反響をうけてきた本作。ついに、単行本にも特装版が登場です。作家とデザイナーの遊び心と超絶技巧が融合した夢のアイテム。ぜひ手にとってご確認ください。


登録情報

  • コミック: 210ページ
  • 出版社: 小学館; “悪魔の教典”付版 (2011/10/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091591043
  • ISBN-13: 978-4091591043
  • 発売日: 2011/10/28
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 beravo 投稿日 2011/10/31
形式: コミック Amazonで購入
最近本編は謎解きに終始していて昔のユルイ雰囲気が損なわれてる気がします。
オマケのブックレットは絵も生き生きしていて、こっちのほうが球ワールドなんですけどね。
まあ、もちろん本編も面白いんですけどね。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
よく聞かれる評判ではありますが、ここ数年(数巻)は終劇に向けた?謎回収に入っており、
初期や中期と比べると、純粋な面白さという意味では少々下降気味。
本誌のほうではちょっと休載がちなのも気になる。
新規の方がいきなり読み始めるには適さない時期ですかね(十数巻から読み始めるような変な人はまず居ないと思いますが)。

とはいえ、この手の雰囲気の漫画にありがちな、「伏線等々を全部放棄して終わり!」にしないというのは好印象。
展開から言って、多分もう長くは続かないのでしょうが、ぜひ頑張って盛り上げて行ってもらいたい限りです。

さて特装版の目玉である「悪魔の教典」についてですが、
ちょっとしたイラスト集+魔のおまけ3本立て…といった感じでしょうか。
ガワや紙質はかなり高級感がありますが、中身は割といつも通りと言えましょう。
内容に関しては…クリーナーコンビが好きな方はぜひ、と。

個人的に今回最も素晴らしかったのは
表紙と本編のニカイドウがすっごいかわいいこと
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
本筋から度々脱線しては、その熱い描写が笑いを誘う。
この巻でも悪魔の餃子、透明時の食事方法など全く無関係な方向にも力が入っており、
本筋を食ってしまうほど印象に残る。巻末の描き下ろし:魔のおまけも相変わらず面白い。

それで本筋の方はというと、登場人物各々の目標は明確になり読みやすいが、パワーダウン感は否めない。
やはり本筋、脱線ストーリー両方で鍵であった煙の死以降その傾向は顕著であり、
彼の扱いがどうなるのかで今後作品自体の出来が変わってくると思う。
今となっては読者も含めカイマンのことを気にしているのは二階堂だけでは?とすら思う。
それほど脇キャラのキャラが濃すぎて誰が主役なのか混沌状態にある。
一方で作品として瓦解していないバランス感もまた秀逸。

ともかく、前巻は面白くなかったが、この巻で軌道修正した。
やはり煙に関わるストーリーだと面白いと感じた。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
いつも本編以上に面白い魔のオマケ
それの拡大版が悪魔の経典なのかと思いましたが違いました。
書かれているのは登場人物たちの日常で少しガッカリしましたが、
本編はいつも通り十分楽しめたので☆4つです。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック