中古品:
¥ 905
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ドロップ スタンダード・エディション [DVD]

5つ星のうち 2.7 30件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック



登録情報

  • 出演: 成宮寛貴, 水嶋ヒロ, 宮川大輔, 坂井真紀, 哀川翔
  • 監督: 品川ヒロシ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: よしもとアール・アンド・シー
  • 発売日 2009/08/21
  • 時間: 122 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.7 30件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B002BFBG7I
  • EAN: 4580204755167
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 9,778位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

【商品内容】
「第1回 沖縄国際映画祭 出品作品」
ハミださないと、熱くなれない。
ケンカ、恋、悪友―、「あたりまえ」をハミだす青春エンタテインメントの傑作が誕生!
成宮寛貴×水嶋ヒロ、若手トップ俳優のW主演に話題沸騰!
『ドロップ』ワールドを燃やす、最強コラボレーション!

【STORY】
不良に憧れて、私立の中学校から公立中学校に転校したヒロシ(成宮寛貴)は、さっそく不良たちに目をつけられ、河川敷に呼び出される。
そこに待っていたのは、極悪非道なカリスマ不良の達也(水嶋ヒロ)だった。
いきなり達也とタイマンを張ることになったヒロシ。あっさりと達也にぶちのめされてしまうが、ヒロシは不良グループの仲間入りを果たす―。

【出演者】
成宮寛貴/水嶋ヒロ/本仮屋ユイカ/上地雄輔/中越典子/波岡一喜/若月徹(若月)/綾部祐二(ピース)/増田修一朗/住谷正樹(レイザーラモン)/宮川大輔/坂井真紀/哀川翔/遠藤憲一

【原作・脚本・監督】
品川ヒロシ

【収録内容】
・映画本編
・映像特典:メイキング・オブ・ドロップ
ドロップ撮影の舞台裏にカメラが潜入。
撮影秘話・オフショット満載のメイキングドキュメンタリー!
特報/予告編/TVスポット
・音声特典:オーディオコメンタリー
成宮寛貴×水嶋ヒロ×品川ヒロシ監督が映画の魅力を熱く語る!

【収録時間(予定)】
本編122分+映像特典

(C)2009「ドロップ」製作委員会
発売元:角川映画/よしもとアール・アンド・シー
販売元:よしもとアール・アンド・シー

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

漫才コンビ・品川庄司の品川ヒロシが、派手にドロップアウトした自らの青春時代を綴ったベストセラー小説を映画化した監督デビュー作。不良に憧れ私立中学から公立中学へ転校したヒロシが、不良の世界で友情や恋愛、人の優しさを知り成長していく。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

皆さんの評価が思いのほか高くてビックリしました。演出、脚本、演技、全て非常に稚拙でヤンキーに憧れてる中学生の学芸会をみているようでした。ヤンキー同士の会話にリアリティがまったくありません。面白くしようとしてるようですがまったく笑えません。耐え切れず半分くらい見てドロップアウトしてしまいました。
コメント 87人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
とにかくテレビでよく見かける顔のオンパレードが

まるで監督の芸能界人脈リストあるいは仲良しメンバー

一覧であるかのように感じられてしまう。

「岸和田少年愚連隊」をやりたかったのだと思うが

遥かに及ばない。「お笑い」で成功した芸能人が

趣味で映画を作りましたというレベル。

あと、「人間はそんなに簡単には死なない」という

言葉は自分を勇気づける言葉としては良いかもしれないが

その言葉を胸に鉄パイプで人間を殴ったり、自動車で

轢いたりしてはいけないなんてことを考えてしまった。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 間人がーZ 投稿日 2009/10/14
真剣に映画を見た中で初めて途中で見るのをやめるドロップアウトという経験をしました。冒頭の喧嘩するシーンは面白く期待させられるのですが、その後から何かに気付く。クローズZEROとは違いただただひたすら殴り合うのではなく戦闘のバリエーションがありやられた演技もホントに痛そうでそこはいいと思います。
が、ストーリーが中途半端すぎて感動もないし何もない。ただ時間だけが過ぎていく。青春映画で凶器ありの暴力映画上映するならそれ相応の中身のある映画にして欲しかった。ただ、★が一個評価できる。それはドロップアウトした後なぜか笑いが止まらない。ここがこの映画の狙いだったのか?素晴らしいコメディー映画でした。
ただヤンキーコメディー映画を見るなら時代設定が違いますが中村トオルさん主演のビー・バップ・ハイスクールを見たほうがいいと思います。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
見れば見るほど芸人ばかり。
無名の芸人を使うのであれば、一向に構わないんですが
名の知れた芸人が多すぎて、やる気あるのかなぁという感じです。
途中原作の絵とかも必要無いように感じました。
とりあえず何か全員しょっぱかったです。
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 名指し 投稿日 2011/3/27
役者さん一人一人は豪華だしプロ意識のなか良い演技をしているのに、芸人が色々と安っぽさを出している感じがした。 比べるのもあれだけど、クローズの劣化版かと。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
お笑い芸人が撮ったというだけで、他に観るべきものはない。

金儲けの為だけに映画に関わってほしくないし、

映画を舐めてもらっては困る。

お笑い芸人はお笑いを極め、その世界で生きるべき。

久しぶりにがっかりさせられた作品である。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ツタヤにてドロップを発見。09年10月初旬現在、最新作らしい。同じく最新作で「クローズZERO」も。
どちらを借りようか迷っていたところあることに気づく。
「クローズZERO」が全て借りられているのに対し「ドロップ」はほとんど借りられていない。
それは作品の評価ではないかもしれないが、その時点で「ドロップ」につまらないオーラを感じる。
恐いもの見たさでレンタルするもつまらないを実感。感想なんてありません。
借りられもしないものを買いますか?
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
元々この芸人さんに対し良い印象はなかったので、本作も一生観ることはないと思っていましたが、今更ながら友人の猛プッシュに根負けし観てしまいました。
観て思ったことは、やっぱりこの芸人さんのスタンスというか思想に不快感を持っている私の様な方は観るべきではないということです。
内容云々ではなく、観てもいないのに嫌いと思う映画は観た後も嫌いでしかないということに改めて気付かされた作品でした。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ライバル登場→たたかう→仲間になる→ライバル登場、、、延々とこの繰り返し。

鉄パイプで殴ったりしてんのにすぐ回復。リアルさのかけらも無し。
男同士の友情に比べて男女の恋愛描写はほとんど添え物。
永遠に続くかのように見えるモラトリアム。

最後のほうで上地演じる元不良が死ぬけど、
ぜんぜん主人公達のモラトリアムが脅かされる訳じゃない。
主人公達の責任や成熟は描かれない。
ラストは主人公が自ら街を出たくて出ました。終わり。

これってまさに少年マンガだよね。
少年マンガからの引用で成り立ってる映画はあったけど、(小林サッカーとか)
ここまで少年マンガにどっぷり浸かった映画ってみたことない。
ある意味あたらしい映画。

作中にドラゴンボールの小ネタを挿入してるあたり、
品川はけっこう確信犯的にやってんのかもしれない。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック