通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ドロねこ9 (1) (バーズコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ドロねこ9 (1) (バーズコミックス) コミックス – 2009/3/24

5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ドロねこ9 (1) (バーズコミックス)
  • +
  • ドロねこ9 2 (バーズコミックス)
  • +
  • 低俗霊狩り 【完全版】 4巻 (ガムコミックスプラス)
総額: ¥2,052
ポイントの合計: 65pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「マンガ大賞2017」大賞は柳本光晴 『響~小説家になる方法~』に決定!
2位『金の国 水の国』、3位『ダンジョン飯』、4位『アオアシ』ほか >> 特集ページはこちら

登録情報

  • コミック: 165ページ
  • 出版社: 幻冬舎コミックス (2009/3/24)
  • ISBN-10: 4344815882
  • ISBN-13: 978-4344815889
  • 発売日: 2009/3/24
  • 商品パッケージの寸法: 18.4 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
「低俗霊狩り」「コックリさんが通る」の奥瀬サキさんの最新刊です。
 中身を見ると、、、、まじりものと呼ばれる人間と動物の精霊が融合した存在が人間界で普通に生活しているが、それぞれがそれぞれを認識しつつ裏稼業をしているというお話で、、、「コックリさんが通る」と世界観は同じですがこれはリメイクになるのかな? それともいずれ「コックリさんが通る」のメンバーも出て来たりするのでしょうか。
 昔と違ってクセのあるタッチなので、ちょっと好き嫌いが別れるかも知れませんが、往年のファンとしては頑張って欲しいです。そして、いつか低俗霊狩りの続きを!!
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 司書つかさ 投稿日 2009/3/31
形式: コミック
久々の奥瀬サキ。やっぱ好きだなぁ。この人の描く女子高生は、タフで、ナイーヴで、自分勝手で、残酷で、でもキュート。これは、『コックリさん』のリメイクという位置づけでいいのかな?それとも、彼らも再登場したりして。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
支配者の黄昏以降の奥瀬作品の暗さはなかなか苦手なものがありますが、今作はダークさをはらみつつも主人公がライトなノリで牽引してくれるせいか、うげえとならずに読めました。
まやあも柴多もかわいい!
奥瀬作品は人の欲や性の醜さが過剰なほどダイレクトに伝わりますが、今作は際どいネタを盛り込みつつもそういう部分は極力気づかせないストーリーワークが秀逸です。

絵も、低俗霊狩りの後半以降では一番いいと思います!
主人公のまやあ達白波兄弟たちの猫っぷりが猫好きにはたまりません。
可愛かったり孤高だったり。
謎もたくさんあるし、今後の展開が楽しみです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告