通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ドレの神曲 がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯なし】◆簡易クリーニング済み。アマゾン倉庫から迅速発送◆中古品としての使用感はありますが、概ね良好な状態です。★ここに特に記載の無い特典・付録は付きません。★十分な検品をして出品しておりますが、もし商品の状態がアマゾンのコンディションガイドラインと異なる場合は、評価前にご連絡いただければ返金保証しております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ドレの神曲 単行本 – 2009/12/14

5つ星のうち 4.8 12件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,543
¥ 1,543 ¥ 1,043

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ドレの神曲
  • +
  • ドレの旧約聖書
  • +
  • ドレの新約聖書
総額: ¥4,937
ポイントの合計: 150pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『君の名は。』、星野源『いのちの車窓から』、『ダンジョン飯』ほか、
KADOKAWA全品10%ポイント還元中。この機会をお見逃しなく! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

ダンテが14世紀に『神曲』(地獄編・煉獄編・天国編)でイメージした「世界」を、19世紀にドレが140点近い版画(木版)でビジュアライズしました。その版画作品をすべて刊行当時のオリジナル版より収録し、詩人・谷口江里也が絵に沿って作品を訳・構成したのが本書です。1989年にA4変型の豪華本として刊行し、20刷も版を重ねました。今回、A5判の「普及版」として、刊行いたします。

内容(「BOOK」データベースより)

14世紀、ルネサンスを喚起したダンテの『神曲』は19世紀、ドレが挿画本にすることで視覚芸術に革命を起こした。スーパースターの共演が、現代のルネサンスマン・谷口江里也の言葉を得て21世紀のいま、時空を超えて蘇る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 317ページ
  • 出版社: 宝島社 (2009/12/14)
  • ISBN-10: 4796675493
  • ISBN-13: 978-4796675499
  • 発売日: 2009/12/14
  • 商品パッケージの寸法: 21.4 x 15.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 20,279位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
1989年にJICC出版から出版されたものを持っているが、書店で思わず本書に出会ってあまりの値段に驚いて二冊目として購入した。なにしろ初版本は大きいし重いうえに絶版となって久しい。1996年に愛蔵版が発売されたものの装丁の豪華さゆえさらに重くなって、ちょっとやそっとでは持ち運べない。値段も高い。どちらにしても気軽にページをめくるというわけにはいかない本だった。

それが内容をそのままにしてこのコンパクトさでよみがえり、しかもちょっとした単行本の価格で発売された。これなら寝転んで読むこともできるし外に持ち歩くこともできる。この値段で売っていいのかというほど良本なので初めての神曲だったら絶対に本書をお勧めする。もし私がこの本に出会わずに、挿絵なしの全訳本を選んだとしたら、たぶん挫折していたと思う。

本書は抄訳でありながら、物語に入り込みやすい平易な文章で訳されており、集中力をそぎかねない脚注も控えめでわかりやすい。そしてなによりも注目に値するのはドレの挿絵。その豪華さに目がくらんでしまいそうだ。文章を読みつつ丹念にドレの挿絵を眺めるだけでダンテと一緒に地獄から天国への旅を味わうことができる。挿絵なしだったらどれだけ味気ないことだろう。

不思議なもので宗教や時代は全く違っているのだが、神曲を読むと源信の往生要集を思い出す。往生要集で展開される地獄から極楽への道と、神曲が重なって面白い。東西の地獄の違いを読み比べるのも一興かと思う。
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
古典の名作が読みやすく息を吹き込まれ、多くの人が手に取りやすい廉価版に。
ドレがもたらすイメージの力もありますが、構成や訳文のアレンジで優れた劇画調の漫画に引き込まれてゆくのに似た感覚で読みました。

キリスト教的世界やギリシャ・ローマ古典のモチーフが用いられ、他の宗教や同性愛への偏見など原作が置かれた時代的制約も見られますが、1ページ繰る毎に人の煩悩と業を見た上でこれからの人生のあり方を見つめる『神曲』という作品のもつ普遍的な魅力が伝わってきます。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
古典文学というと敷居が高く、中々手に取る事が難しい印象があります。

ですが、こちらは、挿絵も素晴らしく、文章自体も普通の小説といった印象で、
大変読み易い作品となっています。

文学作品の最高峰というだけあって、所々に人生万般に渡る深い哲学が散りばめられています。

内容を楽しみながら、少しずつ、過去の偉人の思想を学んでみては? 非常にお勧めです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ギュスターヴ・ドレの緻密なイラストが怒涛のごとく大量に収録され、
文章よりも雄弁に神曲を謳っています。
対する抄訳も、念入りに選ばれた、わかりやすく且つ原詩のリズムを尊重した
簡素ながら流麗な訳文であり、けっしてドレの画に負けていません。

原作を読んだ方なら、あの注釈だらけの複雑で難解な叙事詩を読み解く苦労がわかるでしょう。
この抄訳は実によくできており、オリジナルの根幹をそのままに読みやすく工夫されてます。
翻訳者は谷口江里也・・エリヤ?「エリヤが彼を降ろすのか見てみよう」<マルコによる福音書より

さながら、大人のための豪華な絵本というべきでしょうか。

今は「完全版」が出てますので、そちらを買われたほうがいいかも。
ただ、超高額本なので、廉価版のこちらで妥協する手も・・
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
原作は「La Divina Commedia」(神聖なる喜劇)で100歌からなる長編叙事詩。この本はその抄訳らしい。

1989年と199?年頃に金箔付の大判で出版されていたものが、今回はA5判の「普及版」、いわゆるソフトカバーで再販されました。中身の文章やイラストはほとんど同じなのですが、当然のことながらイラストのサイズは小さくなり ます。

書名にもなっているギュスターヴ・ドレによる挿絵は驚異的なリアリティーとファンタジックな雰囲気が特徴で見所満載です。

ページによっては文章の下地の色が変わっていたり、文章も、話し言葉のカギ括弧の入れ方、列の並びなどが微妙に変わっているようです。また大判ではイラストの縦横の向きやサイズが色々あったのですが、小さくなったためもあってかほとんどが同じサイズで掲載されており、文章とイラストの両方が同時に味わえる上にページが手軽にめくれて大変読みやすくなりました。

この作品は「地獄編」「煉獄編」「天国編」の3部からなり、作者ダンテ・アリギエリが、若くして亡くなった愛する少女「ベアトリーチェ」への思いを元に作り上げた感動的な「愛と信仰の物語」といった雰囲気のもの。一見キリスト教徒への教訓を表 した作品と感じるのですが、読了すると何ともロマンチックな、そして気高い物語とも思
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー