通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ドリルを売るには穴を売れ がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: コンディションは良好です。 ※コンディションはAmazonガイドラインに準じます。検品は注意してしておりますが、あくまで中古品の販売ですので、コメント欄に記載のない汚れ、キズ、書込み、折り目、経年焼け等がある場合があります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ドリルを売るには穴を売れ 単行本(ソフトカバー) – 2006/12/23

5つ星のうち 4.5 58件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,543
¥ 1,543 ¥ 1,167

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ドリルを売るには穴を売れ
  • +
  • 白いネコは何をくれた?
  • +
  • 図解 実戦マーケティング戦略
総額: ¥4,891
ポイントの合計: 146pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

モノを売るすべての人に向けたマーケティングの入門書です。
タイトルの「ドリルを売るには穴を売れ」とは、マーケティング業界でよく言わ
れる言葉で、「商品を売るには、顧客にとっての『価値』から考えよ」という意
味です。
本書では「価値」を切り口にして、売り方の基本を「あなたは何を売っているの
か(ベネフィット)」、「誰に売っているのか(ターゲティング)」、「あなた
の商品でなければならない理由はなにか(差別化)」「その価値をどうやって届
けるのか(4P)」という流れに沿って解説していきます。
また解説と平行して、新人マーケッターが閉店寸前のレストランを復活させるサ
ブストーリーも展開されているので、物語として楽しんで読んでいくうちに、解
説の内容がしっかり実感できるようになっています。

著者からのコメント

「何か良いマーケティングの基本書、教科書はありませんか?」
マーケティングコンサルタントという職業柄、このような質問を非常によく受け
るものの、いつも答えに困ってしまいます。理論を網羅的に説明する教科書は、
コトラー氏の本など数多くあり、実戦例を多くとりあげているわかりやすい本も
あります。しかし、基本的な理論を、体系的かつ実戦的にわかりやすく説明した
本は見あたりません。それならばと自分で書いてしまったのがこの本です。マー
ケティングを本質的かつ体系的に理解できる、「とっても読みやすい教科書」に
なっています。
どのマーケティング本も、セグメンテーションや4Pなどを別々の理論として説明
していますが、そうすると「わかったようでわからない」ということになりかね
ません。そうではなく、標題の「ドリルを売るなら穴を売れ」(モノではなく
価値を売れ)という考え方のもとで体系的に説明されれば、「なあんだ、そんな
ことか」と思うくらいにわかりやすくなります。基本はそれだけで十分。
しかも、イタリアンレストランの再生という身近なテーマの小説編が各章を補強
しているので、さらにわかりやすく楽しく理解が促進されます。この小説編を
読むだけでも、自然にマーケティングの基本的な考え方が身体に染みこむでしょ
う。
本書で「マーケティング・エンターテインメント」を楽しんでください!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 256ページ
  • 出版社: 青春出版社 (2006/12/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4413036239
  • ISBN-13: 978-4413036238
  • 発売日: 2006/12/23
  • 商品パッケージの寸法: 19.1 x 13.1 x 2.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 58件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,408位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
「赤字タレ流しの店を、60日で、黒字化するプランを提出せよ」

と、社長命令が下ったら、あなたはどうするだろうか?
本書には、その回答が、マーケティングを用いた小説形式で例示されている。

小説とはいえ、読みやすさにかけては、まるで「読むマンガ本」
実際、わずか、2時間で読み終えてしまったマーケティング入門書。とはいえ、中身が薄いわけではなく、むしろ濃い実学書。

著者が「入門書」と位置づけている通り、マーケティング初心者や新入社員へ向けて、やさしく書かれてあるが、じつのところ、マーケティングに従事してきた実務家に読んでもらいたい。現場の雰囲気を想起できて、とても楽しく読めると思う。

あなたが本書を読了するまでに費やす時間に対し、筆者が脱稿までに費やした時間は、おそらく反比例することに、読み終えた人だけが気づくはず。

それに気づいた人はマーケティングの実務家であるだろうし、これからマーケティングの実務家たらんとする初心者には、読み終わったあとに、マーケティングの戦場へ向かう勇気が沸々と湧いてくる…そんな一冊である。

ただし、行動せずに弁だけは達者な、マーケティング書籍評論家には向いていない。「誰それのマーケティングがドーのコーの」と論評で
...続きを読む ›
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
事業を始める上での基礎中の基礎としてオススメされていたので買ってみました。
当たり前のことだけれど、まったくわかっていなかったと実感。店を出す前に、この本に出会えてよかった。
特に職人気質の強い方・知識がまったくない方には、この本ぜひ読んでみてほしいと思います。
技術や発想力だけでは、物は売れない!
「物が良ければ」「腕がよければ」ではやっていけないのだと書いてあります!
売れるために何が必要なのか、書かれてあります。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
この本を読む前に何冊かマーケティングの本は読んだが、どうもイメージが掴みかねる部分があった。

本書を読むと今までに読んだ本に書かれていたことが「そういうことか!」と腑に落ちた。

マーケティングとは何をどうする事かということはこれ一冊で分かる上、すぐに読めるし、続きを読みたくなる内容なのも良い。

マーケティングについて勉強するならまず最初に読むべき本。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ここ1年くらい、仕事でマーケティングという言葉を聞く回数が増えました。

無学な私からすると、この「マーケティング」という言葉の響きがかっこよく…まず何か勉強してみよう!ということでタイトルに「マーケティング」とある本をいくつか買ってみましたが、アルファベットの並んだ単語が頭に入らず…で、基礎知識が必要かなと思ってたときに、「まずはこのくらいからかな〜いつか読もう」くらいの気持ちで購入しました。

顧客にとってのベネフィット

という意味合いのことばはマーケティングの本を買うと必ずといって良いほど記載されていますが、マーケティングはそれに尽きるんだ!ということを理解させてくれた1冊です。

星4つの理由は上記に加え

頭が良くないと自負する私にとって、

プラスは

・いちいち考えることなく読めること

・読むのにそれほど時間がかからなかったこと

マイナスは

・主人公のうれたまこ氏の発言や行動にイライラさせられた

(私は小説のこういうところが苦手で・・・)
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
マーケティングの本質をここまで分かりやすく、面白く書いた本はいままでなかったのではないでしょうか。私も、ビジネス・スクールで勉強しましたが、マーケティングだけは、いくら本を読んでも「納得!」という感じがなかったのですが、本書を読んだ後は「納得!」という感じです。「お客様がすべて」「問題と答えは現場にある」「いかに他とは異なった価値を提案するかが鍵」など、マーケティングのエッセンスを伝えるフレーズが綺羅星のようにちりばめられています。また、マーケティングというと「洋物」という感じを持たれる方も多いと思いますが、本書は、テーマこそイタリアン・レストランですが、この分野を見事に日本流に「料理」されたのではないでしょうか。日本発の世界に発信できるマーケターの誕生を心より喜びたいと思います。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック