通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ドリィ キルキル(9) (講談社コミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 古本屋の中村
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 店頭にて同時販売を行っておりますので、入違い売り切れの際はご容赦ねがいます。D0829え
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ドリィ キルキル(9) (講談社コミックス) コミックス – 2017/4/7

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 463 ¥ 200
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ドリィ キルキル(9) (講談社コミックス)
  • +
  • 進撃の巨人(22) (講談社コミックス)
総額: ¥926
ポイントの合計: 18pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

平和で穏やかだった日常が、えげつないほどの地獄に変わる━━。突如襲来してきた、未知の兵器を持った巨大な「人形(ドリィ)」たちに、人々は容赦なく淘汰されていく。諦めることを知らない勝ち気な少年・射馬(イルマ)も親友を救うため、想いを寄せる先輩を守るため、希望を捨てずに生きる望みを繋いでいた。しかし待ち受けていたのは.‥‥。ドリィたちの目的は? そしてイルマの運命は? 想像を絶する「絶望」の中で繰り広げられる、サバイバル・バトル“人形劇”!!

“最強人形”ヌイグルミvs.“最凶人間”イルマ、大激突ッ!!! 許された時間は、わずか1分!! 解き放った“災いの力”で戦うイルマだが、暴走を抑えるバニラの体は、着々と蝕まれてゆく……。一方、グルヴェイグの深淵に辿り着いた救仁たちは、ついに、神羅木雪佳との戦闘を開始する──! 誰かが、誰かを……支えたい。絶望の中、秘めた想いが煌めく“サバイバル・バトル”人形劇第9巻!!


登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 講談社 (2017/4/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063959120
  • ISBN-13: 978-4063959123
  • 発売日: 2017/4/7
  • 商品パッケージの寸法: 17.7 x 11.6 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 愚駄猫 トップ500レビュアー 投稿日 2017/4/9
形式: コミック Amazonで購入
 敵の要塞、グルヴェイグに乗り込んだ救仁たち幻気功使いチーム、そしてイルマたちT&E。
分断されながらもたどりついた最深部に、待ち構える最強の敵・神羅木雪佳。
その力は救仁や十(つなし)を育てた「先生」の予想と希望を軽々と打ち砕き…!!
 「ドリィの親玉」といっても間違いではないという存在らしいのでラスボスと言っていいのか
微妙に疑問は残る(彼の後にまだ何かありそう)し、その目的は「この世界の支配」という
あまり捻りのないものですけど、とにかく強い雪佳。本気を出してもいないのに救仁たちを
一方的に打ちのめす、絶望的な戦いの9巻。最強のイルマがまだ到着していないけれど、
彼も力に溺れると暴走するリスクを背負っているのではたしてどうなるか。
 イルマが来るまで何とか時間を稼ごうと、仲間が次々倒れる中で直接攻撃型でないにも
かかわらず立ち向かう熊野センパイこと蓮。秘策が通じるか、結果は次巻。
ドリィあまり関係なくなっちゃってるけど、バトル物としてはオーソドックスながらなかなか
面白いといったところ。
 
 冒頭のヌイグルミ戦でイルマの暴走を身を挺して抑えきったバニラ、戦いを通じてイルマに
近づく気持ち。死亡フラグでないことを祈る。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告